ベネトン・B189 (Benetton B189) は、ロリー・バーンを責任者として設計されたF1マシンで、1989年シーズンから1990年シーズンにかけてベネトンチームが使用した。

ベネトン・B189
ベネトン・B189B
Alessandro Nannini 1989 Belgian GP 1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロリー・バーン
先代 ベネトン・B188
後継 ベネトン・B190
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード HBA1, 3,493 cc (213.2 cu in), 75度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製 6速 MT
燃料 モービル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン・フォーミュラ Ltd
ドライバー 19. イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ
20. イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
20. ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1989年フランスグランプリ
出走優勝ポールFラップ
12100
テンプレートを表示

概要編集

B189はB188DFRに替え、コスワースが新規開発を行った自然吸気エンジン、HBを搭載した。HBエンジンはこの年、ベネトンに独占供給された。カラーリングは188と似ているが、サイドポッドの背が高くなり、ラジエーターインテークが縦長になった。また、エンジンカウル両脇のラムエアインテークがB188よりも薄くなった。

B189は、HBエンジンのクランクシャフトのトラブルにより投入が遅れた[3]1989年シーズンの第7戦フランスGPアレッサンドロ・ナニーニのみが初めてB189を使用し、第9戦ドイツGPから2台ともB189となった。

信頼性が低く、B188ほどの活躍は見せられなかったが、日本GPアレッサンドロ・ナニーニが初優勝を記録した。

1990年シーズンは開幕2戦のみ改良型のB189Bが使用され、第3戦サンマリノGPより新車のB190に交代した。

シャーシ履歴編集

1989年、B189はシャーシナンバー1から6までの6台が投入された[4]

成績編集

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1989 B189                                 39 4位
19   アレッサンドロ・ナニーニ Ret 3 Ret Ret 5 Ret 4 Ret 1 2
20   エマニュエル・ピロ Ret 8 10 Ret Ret Ret Ret 5
マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1990 B189B                                 71 3位
19   アレッサンドロ・ナニーニ 11 10
20   ネルソン・ピケ 4 6
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。

脚注編集

  1. ^ STATS F1 - Benetton B189”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Benetton B189B”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  3. ^ 『F1グランプリ年鑑 1989-90』アラン・ヘンリー、バベル・インターナショナル・訳、CBSソニー出版、1990年、p.28。ISBN 4-7897-0502-1
  4. ^ 『F1グランプリ年鑑 1989-90』、p.45。