メインメニューを開く

ベネトン・B197 (Benetton B197) はベネトン・フォーミュラ1997年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはパット・シモンズニック・ワース

ベネトン・B197
イギリスグランプリのB197 (ドライバーはアレクサンダー・ヴルツ)
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー パット・シモンズ
ニック・ワース
先代 ベネトン・B196
後継 ベネトン・B198
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, ダンパー3基
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, ダンパー2基
エンジン ルノー RS9, RS9A, RS9B 71度 V10
トランスミッション ベネトン 6速 縦置き セミAT
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム マイルドセブンベネトンルノー
ドライバー 7. フランスの旗 ジャン・アレジ
8. オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
8. オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1997年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 1 2 2
テンプレートを表示

概要編集

ベネトンの前身トールマン時代からチーフデザイナーを務めていたロリー・バーンが引退し、バーンの残したコンセプトを引き継ぐ形で開発が進められた。その後、バーンはロス・ブラウンと共にフェラーリに加入する。

B196の課題だったドライバビリティと重量バランスの見直しが行われ、問題の多い7速ギアボックスは6速に戻されている。ワークス供給最終年となるルノーエンジンは、バンク角を変更して新設計となった。

ドライバーは昨年と同じジャン・アレジゲルハルト・ベルガーのコンビで、第7戦〜第9戦はアレクサンダー・ヴルツが出場した。

ベルガーは慢性蓄膿症の手術の為に3戦を欠場、さらにその期間中に父親を飛行機の墜落事故で亡くす不幸に見舞われ復帰も危ぶまれたが、復帰戦となった第10戦ドイツグランプリでポールポジション、ファステストラップ、優勝をすべて独占するハットトリックを達成した。ベルガーはシーズン終了直前に引退(本人は「休養」と称した)を発表。彼自身にとって最後の勝利となり、結果的にベネトンにとっても最後の勝利となった。

アレジもPP1回、表彰台5回を含む10度の入賞を果たし、ベルガーの代役としてデビューしたヴルツもイギリスGPで3位表彰台を獲得した。

シャーシ編集

エンジン編集

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
1997 7   アレジ Ret 6 7 5 Ret 3 2 5 2 6 11 8 2 Ret 2 5 13 67 3位
8   ベルガー 4 2 6 Ret 9 10 INJ INJ INJ 1 8 6 7 10 4 8 4
8   ヴルツ Ret Ret 3