メインメニューを開く

ベネトン・B198 (Benetton B198) はベネトン・フォーミュラ1998年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはニック・ワース。

ベネトン・B198
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ニック・ワース
先代 ベネトン・B197
後継 ベネトン・B199
主要諸元
シャシー カーボン コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, ダンパー3基
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, ダンパー2基
エンジン プレイライフルノー) 3リッター V10 (71度) ミッドエンジン
トランスミッション ベネトン製 6速 縦置き セミAT
燃料 アジップ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム マイルドセブンベネトンプレイライフ
ドライバー 5. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
6. オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 1 1
テンプレートを表示

概要編集

1997年一杯でルノーがワークスエンジンの供給活動を終了したため、最終型のRS9をベースにメカクロームが開発したカスタマーエンジンを搭載することになった。ベネトンチームは本社アパレルラインのひとつである「プレイライフ (PLAYLIFE) 」をバッジネームに用いた。

ドライバー陣はベテランから若手コンビに刷新された。ジョーダンから移籍してきたジャンカルロ・フィジケラと前年ゲルハルト・ベルガーの代役として3戦に出走し、引退したベルガーから強く推薦を受けた同郷のアレクサンダー・ヴルツの組み合わせとなった。

フィジケラはモナコGPカナダGPと2戦連続で2位表彰台を獲得し、雨の予選となったオーストリアGPでは自身初のポールポジションを得るなど健闘を見せた。しかし勝利は挙げることができず、コンストラクターズランキングはジョーダンに抜かれて5位に終わった。

シャシー編集

  • シャシー名 B198
  • 材質 カーボンファイバーアルミハニカム・コンポジット
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス 6速セミオートマチック

エンジン編集

  • エンジン名 プレイライフ
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・71度
  • 燃料・潤滑油 Agip

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
1998 5   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 6 7 Ret Ret 2 2 9 5 Ret 7 8 Ret 8 6 8 33 5位
6   アレクサンダー・ヴルツ 7 4 4 Ret 4 Ret 4 5 4 9 11 Ret Ret Ret 7 9
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)