ベバントロール(Bevantolol)は、狭心症及び高血圧の治療薬候補で、交感神経β受容体遮断薬カルシウム拮抗剤の両方の作用を持つ[1][2]ワーナー・ランバートにより発見、開発されたが[3]、1989年1月にw:New Drug Applicationから撤回された。会長は、「誰が30番目のβブロッカーを必要とするだろうか」と述べた[4]。2016年時点でイギリス、アメリカ合衆国、ヨーロッパのどこでも市販されておらず、コクランレビューの著者らはベバントロールに関する製品モノグラフを見つけることができなかった[5]

Bevantolol.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
法的規制
  • unapproved, never marketed
投与方法 Oral
識別
CAS番号
59170-23-9 チェック
ATCコード C07AB06 (WHO)
PubChem CID: 2372
DrugBank DB01295 チェック
ChemSpider 2282 チェック
UNII 34ZXW6ZV21 チェック
ChEBI CHEBI:238698 チェック
ChEMBL CHEMBL314010 チェック
化学的データ
化学式C20H27NO4
分子量345.43 g/mol
テンプレートを表示

出典編集

  1. ^ “Bevantolol. A preliminary review of its pharmacodynamic and pharmacokinetic properties, and therapeutic efficacy in hypertension and angina pectoris”. Drugs 35 (1): 1-21. (January 1988). doi:10.2165/00003495-198835010-00001. PMID 2894292. 
  2. ^ “Bevantolol: a beta-1 adrenoceptor antagonist with unique additional actions”. Journal of Clinical Pharmacology 27 (7): 450-60. (July 1987). doi:10.1002/j.1552-4604.1987.tb03049.x. PMID 2888789. 
  3. ^ McPherson, Edwin M. (2007). Pharmaceutical Manufacturing Encyclopedia. (3rd ed.). Burlington: Elsevier. pp. 618-619. ISBN 9780815518563. https://books.google.com/books?id=_J2ti4EkYpkC&pg=PA618 
  4. ^ “Warner-Lambert Pipeline Narrowed to 40 Active Research Compounds”. Pink Sheet. (1989年1月30日). https://pink.pharmamedtechbi.com/PS015015/WARNERLAMBERT-PIPELINE-NARROWED-TO-40-ACTIVE-RESEARCH-COMPOUNDS-ACCUPRIL-QUINAPRIL-NDA-SUBMITTED-JAN-25-80-MIL-BUDGETTED-FOR-CV-WORK-IN-1989 
  5. ^ Wong, Gavin W. K.; Boyda, Heidi N.; Wright, James M. (2016-03-10). “Blood pressure lowering efficacy of beta-1 selective beta blockers for primary hypertension”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 3: CD007451. doi:10.1002/14651858.CD007451.pub2. ISSN 1469-493X. PMC: 6486283. PMID 26961574. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26961574.