メインメニューを開く

ベヨネッタ2』(ベヨネッタ・ツー、BAYONETTA 2)は、任天堂より2014年9月20日に発売されたWii Uアクションゲーム2012年9月13日にヨーロッパ・アメリカ・日本で同時配信された「Nintendo Direct Wii U Preview」において、続編が任天堂よりWii U専用ソフトとして発売されることが発表された。前作のプロデューサーであった橋本祐介がディレクター。神谷英樹は監修として参加している。

ベヨネッタ2
BAYONETTA 2
ジャンル ∞クライマックス・アクション
対応機種 Wii U
Nintendo Switch
開発元 プラチナゲームズ
発売元 任天堂
プロデューサー 稲葉敦志
黒田晶子
山上仁志
ディレクター 橋本祐介
神谷英樹[1]
デザイナー 佐藤広野
シナリオ 神谷英樹
音楽 上田雅美
原田尚文
山口裕史
日比野則彦
泉谷隆洋
近藤嶺
美術 島崎麻里
人数 1人
メディア Wii U用光ディスク
Switch用ゲームカード
ダウンロード販売
発売日 Wii U
日本の旗 2014年9月20日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2014年10月24日
Switch
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2018年2月16日
日本の旗台湾の旗香港の旗大韓民国の旗 2018年2月17日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI16
GSRR:15+
コンテンツ
アイコン
CERO:セクシャル・暴力・犯罪
ESRB:Blood and Gore, Intense Violence, Partial Nudity, Strong Language, Suggestive Themes
売上本数

日本の旗 10万3067本[2]

世界 84万4571本[3]
テンプレートを表示

2018年2月17日にNintendo Switch版が発売され、同時に同作と前作のベヨネッタのパッケージ版が同梱された「ベヨネッタ ∞(ノンストップ)クライマックス エディション」が発売された。

目次

概要編集

ベヨネッタ』の続編となる作品で、前作の数か月後の出来事を描いている。Wii Uの操作性にあわせて、Wii U Game Padのタッチペン操作にも対応している。

日本語音声にも対応しており、メインキャストは劇場版に準拠している。

なお、前作の移植版も収録されており、任天堂にちなんだコスチュームも追加されている。

当初の発売元は前作同様セガだったが、セガの諸事情により一度は開発が中止となる。その後任天堂が新たな発売元となったことで本作の発売に結びついた。

前作からの変更点編集

  • 「アンブラン・クライマックス」が8魔力以上溜まっている状態でLボタンを押すといつでも発動できるようになった。これにより、普通のトーチャーアタックが効かないボスなどの敵に対する魔力の使い道が広がった。
  • チャプター終了時の成績集計時の減点が死亡回数のみになった。これによりアイテムの使用が寛容になっているが、代わりに登場したアイテム不使用ボーナスは受け取れなくなる。
  • 難易度が4段階になり、「∞ CLIMAX」の難しさが抑えられている。条件付きでウィッチタイムも使える。
  • 大魔獣召喚を含むトーチャーアタックのゲージが満タンになるとそこで連打終了になるようになっている[4]。代わりに蓄積が速くなり上限がはっきりした。
  • ラスボス戦究極召喚でゲージを満タンにした時に表示される「LIMIT EXCEEDED!」の演出がシンプルになり見やすくなった。
  • ゲームクリア後は、新チャプター「ウィッチトライアル」が登場。
ウィッチトライアルのルール
  • 次々と出現する敵を全て倒すのが目的。
  • コンティニュー不可で、途中で死亡するとチャプターセレクトに戻されVerse1からやり直しになる。一度も死亡せずにすべてのVerseを制覇すればクリア。なおプレイヤーキャラクターや今までに戦ったボスも登場する。

Nintendo Switch版の変更点編集

  • ロード時間の短縮化、フレームレートの安定化。
  • TAG CLIMAXモードがオンライン通信の他、ローカル通信にも対応。
  • amiiboの読み込みに対応。特定のamiiboではコスチュームや武器を入手可能。他のamiiboの場合はヘイロウ(ゲーム内通貨)、アイテム、調合素材がランダムで入手可能。

あらすじ編集

バルドルとの戦いから数か月たったクリスマスのある日、ベヨネッタはエンツォの買い物に付き合っていた(と言ってもベヨネッタがいっぱい買い物をしていて、エンツォはまだ何も買ってない)。その時、ベヨネッタは合流したジャンヌの「妙な感じがしないか?」という予測通り、クリスマスパレードの出し物のアクロバットショーのジェット機がおかしいと感じた。その原因は天使たちだった。ベヨネッタとジャンヌはその場に駆けつけるも、召喚した魔獣ゴモラの暴走により窮地に陥る。ジャンヌはベヨネッタを助けたが、その際身代わりとして受けた傷が致命傷となり、彼女の魂は魔界へ引きずり込まれた。

タイムリミットが迫る中、ベヨネッタはエンツォの情報を基に、魔界への扉"ゲイツ・オブ・ヘル"がある絶界の霊峰へと向かった。

登場人物編集

ベヨネッタ (Bayonetta)
声 - ヘレナ・テイラー[5] / 田中敦子
前作および本作の主人公。ルーメンの賢者とアンブラの魔女の子である魔女。本名「セレッサ」。髪型は前作のボディースーツと髪が一体化していたが、今作はショートヘアになっている。銃は「ラブイズブルー」に変わっている。
ジャンヌ (Jeanne)
声 - グレイ・デリスル / 園崎未恵
ベヨネッタの幼馴染であるアンブラの魔女。ベヨネッタをかばって受けた致命傷により、魂が魔界に引きずり込まれ、消滅の危機にさらされている。
復活後は最終攻撃でゴモラを送り込んでいる。
ロダン (Rodin)
声 - デイブ・フェノーイ / 玄田哲章
スラム街でバー「The Gates of Hell」を営むバーテンダーにして、“魔界のガンスミス”の異名を持つ堕天使の武器職人。ベヨネッタもたびたび世話になっている。最近は和装に凝っているようで、本作の衣装は黒を基調とした紋付きの羽織となっている。ゲーム内ではサンタクロースの格好をする場面もある。自動車を暴走させてベヨネッタを追いかけ、新たな初期武装「ラブイズブルー」を授ける。
前作同様プラチナチケットを買うことで戦えるが、今回は悪魔として私服で戦う。またある程度ダメージを与えると本気を出し異形の姿となってしまう。
マダム バタフライ(Madama Butterfly)
ベヨネッタが契約を結んでいる魔界の淑女。今回はウィケッドウィーブだけでなく大魔獣召喚でも登場する。ちなみに騒動の影響を受けなかった数少ない悪魔。
ロキ (Loki)
声 - マーク・ドハティ / 皆川純子
ノアトゥーンでベヨネッタが出会った少年。銀髪のドレッドヘアと、正四面体のペンダントが特徴。ベヨネッタからは「坊や」と呼ばれている。異次元空間"プルガトリオ"に行くことができ、時空を操る能力を持つ。また、カードを武器にしている。
エーシルの善の半身でロプトとは敵対関係にあり、預言の者を「半人前」呼ばわりしている他、仮面の賢者からも狙われている。
仮面の賢者 (Masked Lumen)
声 - クリスピン・フリーマン / 子安武人
ロキを執拗に狙っている謎のルーメンの賢者の男。預言の者にロキが妻のローサを殺害したと吹き込まれており、作中ベヨネッタとも何度も対峙する。また戦闘では大魔獣召喚の要領で強大な天使を差し向けてくる。
バルドル (Balder)
声 - クリスピン・フリーマン / 子安武人
500年前からエーシル(預言の者)によって連れてこられた若かりし頃のバルドルでルーメンの賢者。ベヨネッタの父親。地獄から生還したベヨネッタの前でロキに襲われたことで正体があらわになり、果たし合いを挑む。その後誤解が解けてからはベヨネッタと共闘し、ロプトを倒す。
設定が前作の黒幕ファーザーバルドルとは異なるため、敵としての名前も「バルドル」に変更されている。
エンディングでは最後に彼のソロシーンの後「BAYONETTA」の文字が浮かび上がる。
ロプト(Loptr)
声 - TJ Ramini / 山崎たくみ
預言の者を名乗る男。自分だけが意思を持つ世界を作るため、バルドルを利用して本来の力を取り戻そうと企んでいる。エーシルのもう一つの半身で、最終盤で「采配の力」を吸収し「世界の目」も奪いかつての混沌の神・エーシルだった頃の姿を取り戻してしまう。しかしベヨネッタとバルドルの奮闘、ロキの妨害、OMNE召喚、復活したジャンヌのゴモラの追撃で肉体を失うが、それでも諦めず「やり直し」として歴史を再構築すると捨て台詞を残し過去へ逃げ出そうとする。しかし最期はバルドルに捕まり、体内に封じ込められた。
エーシル(Aesir)
人間界の統治者で、混沌の神。本来は人間の繁栄を支えた優しい神だったものの、世界のバランスを守るためその身を二つに引き裂いた影響で正義の片割れロキと悪の片割れロプトに分かれてしまった。それゆえにロプトは人間の悪意を糧に世界を再構築しようと企んでいた。
ロプトが長い年月を経て蓄えた邪悪な心の力と采配の力、世界の目によって姿を変え、ラスボスとして立ちはだかる。
エンツォ (Enzo)
声 - Allan Groves / 高木渉
裏社会の情報屋でベヨネッタの知り合い。ベヨネッタ曰く「彼の妻は美人でカワイイ子供たちがいる」。
ルカ・レッドグレイヴ (Luka Redgrave)
声 - ユーリ・ローエンタール / 浪川大輔
イギリス人フリージャーナリスト。常に真実を掴むことを信条とし、今作ではノアトゥーンに足を運ぶ。勢いで危機を切り抜ける行動力と強運さはベヨネッタさえも舌を巻く。作中で持っている眼鏡はロダンに頼んで貰った物であり、かけるとプルガトリオが見えるようになる(ただしルカ自身はプルガトリオに入れないため、当然触れる事はできない)。
ローサ(Rosa)
声 - ヘレナ・テイラー / 田中敦子
ベヨネッタの母親。本作ではプレイヤーキャラクターとして登場。NPCとしても一部のトーチャーアタックの手助けをする。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ シナリオについて Bayonetta 2 Developers Blog、PlatinumGames、神谷英樹 2014年9月21日 [2014-10-09]
  2. ^ VGChartz. “ベヨネッタ2 日本売上本数(Japan)” (英語). 2017年9月12日閲覧。
  3. ^ VGChartz. “ベヨネッタ2 世界売上本数(Global)” (英語). 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 例えば前作での最初のビラブド戦でのゴモラ召喚はゲージが満タンになる500を超えてもプログラム上の上限までは時間の許す限り連打でき、その数だけのヘイロウを手に入れることができたが、本作の最初の大魔獣召喚となるベリーフ戦のゴモラは同じくゲージが満タンになる2400以上まで連打することはできない。
  5. ^ Hellena Taylor Vioce Over

関連項目編集

外部リンク編集