メインメニューを開く

ベラクルス』または『ヴェラクルス[2]Vera Cruz)は、1954年アメリカ合衆国で制作された映画テクニカラーによるカラー作品。1866年フランス干渉戦争中のメキシコを舞台とした西部劇である。

ベラクルス
Vera Cruz
Gary Cooper 2.jpg
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ローランド・キビー
ジェームズ・R・ウェブ
原作 ボーデン・チェイス
製作 ジェームズ・ヒル
出演者 ゲーリー・クーパー
バート・ランカスター
音楽 ヒューゴー・フリードホーファー
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 アラン・クロスランド・ジュニア(クレジット無し)
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年12月25日
日本の旗 1955年4月6日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000
配給収入 1億7102万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

元軍人のベンとガンマンのジョーは、反発しあいながらも共同行動。侯爵アンリの仲介により、伯爵夫人マリーの護衛の仕事に就く。マリーは軍隊を雇うためと称して皇帝から300万ドルの金貨を受け取っていたが、実は着服するつもりであり、それを知ったベンとジョーの間で心理的な駆け引きが生じる。

反乱軍の奇襲を受けながらも一行は港町ベラクルスに到着。ジョーはマリーの気を引くことに成功。金貨を積み込んだ時点でフランスへ向かう船を奪う計画だ。ベンは一行に紛れ込んだ反乱軍の女性と恋仲となる。元来がストイックなベンは反乱軍に金貨を渡し、10万ドルの報酬で満足することに方針転換。

反乱軍はベラクルスの砦を猛攻。侯爵は戦死、ジョーと不仲の大尉も殺害され、政府軍はちりぢりとなる。

一度は金貨を載せた馬車の奪取に成功と見えたジョー。しかしベンとの一騎討ちで射殺された。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版1 テレビ版2
ベン・トレーン ゲーリー・クーパー 黒沢良
ジョー・エリン バート・ランカスター 久松保夫
マリー・デュバル伯爵夫人 デニーズ・ダーセル 来宮良子
アンリ・ド・ラボルデール侯爵 シーザー・ロメロ 大木民夫
ニナ サラ・モンティエル
ドネガン アーネスト・ボーグナイン 相模太郎 富田耕生
ピッツバーグ チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
テックス ジャック・イーラム
ダネット大尉 ヘンリー・ブランドン
ラミレス将軍 モリス・アンクラム 河村弘二
マクシミリアン皇帝 ジョージ・マクレディ 勝田久
  • テレビ版1:初回放送1968年4月7日『日曜洋画劇場
  • テレビ版2:初回放送1970年代後半[3]

ノベライズ編集

1955年鱒書房より発売された『西部映画小説集1』に収録。作者は大坪砂男で、東京創元社より発売された『大坪砂男全集3 私刑』(ISBN 978-4-488-42513-5)にも収録された。

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)121頁
  2. ^ 日本初公開の際の日本語表記は『ベラクルス』であったが、後年DVD版が発売された際に『ヴェラクルス』に改められた。
  3. ^ 阿部邦雄編著、近代映画社『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』久松保夫のインタビューより


関連項目編集

外部リンク編集