メインメニューを開く

ベリック・バーンズ

オーストラリアのラグビーユニオン選手

ベリック・バーンズBerrick Barnes 1986年5月28日 - )は 、オーストラリア出身のラグビー選手。ポジションはフライハーフインサイドセンター。2019年よりリコーブラックラムズに所属している。

ベリック・バーンズ Rugby union pictogram.svg
Berrick Barnes.jpg
基本情報
フルネーム ベリック・スティーブンス・バーンズ
生年月日 (1986-05-28) 1986年5月28日(33歳)
出身地 オーストラリアの旗 ブリスベン
身長 1.83 m (6 ft 0 in)
体重 87 kg (13 st 10 lb)
学校 イプスウィッチ・グラマー・スクール
大学 グリフィス大学
愛称 Barnesy、Barnsy、Bez、Staffy
ラグビーユニオン経歴
ポジション スタンドオフセンター
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
イプスウィッチ・グラマー・スクール
グリフィス大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
ブリスベン・ブロンコス
ウェスツ
シドニー・ユニバーシティ
パナソニック
リコー
()
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
レッズ
ワラターズ
()
代表
チーム 出場 (得点)
2007- オーストラリア 51 ()
■テンプレート

ニューサウスウェールズ州のクラブラグビー選手権シュート・シールド(The Shute Shield)に参加するシドニー・ユニバーシティ(Sydney University)を経て、2013年シーズンよりパナソニックワイルドナイツと契約。

人物編集

1986年5月28日、ブリスベンで生まれる。

正式名はBerrick Stevens Barnes

身長183cm、体重87kg。

愛称はBarnesy, Barnsy, Bez, Staffy。

来歴編集

クイーンズランド州のキンガロイで育ち、イプスウィッチ・グラマー・スクール入学。スクール在学時に競泳バタフライで州の高校生チャンピオンになる。他にもゴルフクリケットでも非凡な才能を見せる。卒業時には、ラグビーリーグのブリスベン・ブロンコス、スーパー12(現スーパーラグビー)のレッズ、クリケットのクイーンズランド・ブルズからスカウトされ、ブロンコスと契約、グリフィス大学に進学する。

2004年、ジュニア・カンガルーズ(ラグビーリーグのジュニアグレード・オーストラリア代表)に選出される。

2005年ナショナルラグビーリーグのマンリー・シーイーグルス戦に18歳でデビュー。同年、ラグビーリーグの19歳以下クイーンズランド州に選出される。

2006年ラグビーユニオンに転向、クイーンズランド州のクラブラグビー選手権クイーンズランド・プレミアラグビー(Queensland Premier Rugby )に参加するウェスツ(Wests)に所属し、同年、レッズに入る。

2007年ワラビーズに初選出、ラグビーワールドカップフランス大会の予選プール、日本代表戦で代表デビュー。

2009年のスーパー14レギュラーシーズン前半、ジェームズ・ホーウィルが怪我でチームを離れている間、チームキャプテンを務める。同年、ワラビーズの副キャプテンに就任。

2010年、レッズからワラターズに移籍する。同年、ワラビーズの欧州ツアーではチームキャプテンに就任。イタリア戦では22ポイントを記録するなど活躍。

2011年、スーパーラグビーのシーズン途中、"Footballer's Migraine"と呼ばれる、サッカー選手やボクシング選手に見られる、原因不明の偏頭痛に襲われ、シーズン残りの試合を欠場。一時は引退ともいわれたが、7月にクラブチームの試合に復帰。この年のワールドカップスコッドにも選ばれ、5試合に出場してワラビーズの3位に貢献した。

2012年はワラターズに復帰、14試合で先発出場するもチームはカンファレレンス下位に低迷。かつてのワラビーズ主将マーク・エラからゲームメイクについて苦言を呈される事もあった(外部リンク参照)。

2013年、引き続きワラターズに所属するもシーズン前には膝の故障、またシーズンインしてからも右手親指の脱臼など怪我に悩まされる。かねてからスーパーラグビー終了後の海外移籍が取りざたされていたが、5月8日にパナソニックワイルドナイツへの加入が発表された。ブリティッシュ・ライオンズ遠征を迎え撃つワラビーズスコッドに選ばれ第1テストマッチに出場するも脳しんとうを起こして途中交代(現時点でこの試合がワラビーズ最後のキャップ)。この年はテスト1試合、ワラターズ6試合の出場に終わり、秋より戦いの場を日本に移すこととなった。

2019年リコーブラックラムズに加入[1]

トップリーグ受賞歴編集

  • 2013-14MVP ベストフィフティーン
  • 2014-15MVP 得点王 ベストキッカー ベストフィフティーン
  • 2015-16ベストキッカー ベストフィフティーン
  • 2017-18ベストフィフティーン

出典編集

  1. ^ 2019年度 追加新入団選手のお知らせ . リコーブラックラムズ公式サイト(2019年7月5日). 2019年7月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集