ベルギーの旗 (エルガー)

ベルギーの旗』(Le drapeau belge作品79は、エドワード・エルガー1917年に作曲した管弦楽伴奏付きの朗誦。

テクストはベルギーの詩人エミール・カマルツ英語版による。詩は戦時下においてベルギーの国旗の色彩が意味するところについて思案する内容となっている。

曲の初演は1917年4月14日ロンドンクイーンズ・ホール英語版において開かれたベルギー国王アルベール1世の誕生記念コンサートで行われた。朗誦はカルロ・リテン[注 1]指揮ハミルトン・ハーティであった。1918年8月15日にはブルックリンプロスペクト・パーク英語版で開催されたポピュラー・コンサートにおいて、カルロ・リテンの朗誦で『カリヨン』と共に演奏されて好評を博している[1]

テクスト編集

原詩はフランス語で書かれており、ジョージ・カーゾン伯爵によって英訳されている。

Français

LE DRAPEAU BELGE

1.

Rouge pour le sang des soldats,
- Noir, jaune et rouge -
Noir pour les larmes des mères,
- Noir, jaune et rouge -
Et jaune pour la lumière
Et l'ardeur des prochains combats.
Au drapeau, mes enfants,
La patrie vous appelle,
Au drapeau, serrons les rangs,
Ceux qui meurent, vivent pour elle!

2.

Rouge pour la pourpre héroïque,
- Noir, jaune et rouge -
Noir pour le voile des veuves,
- Noir, jaune et rouge -
Jaune pour l'orgueil épique,
Et le triomphe après l'épreuve.
Au drapeau, au drapeau,
La patrie vous appelle,
Il n'a jamais flotté si haut,
Elle n'a jamais été si belle!

3.

Rouge pour la rage des flammes,
- Noir, jaune et rouge -
Noir pour la cendre des deuils,
- Noir, jaune et rouge -
Et jaune pour le salut de l'âme
Et l'or fauve de notre orgueil.
Au drapeau, mes enfants,
La patrie vous bénit.
Il n'a jamais été si grande
Que depuis qu'il est petit,
Que depuis qu'il brave la mort.

English

THE BELGIAN FLAG

1.

Red for the blood of soldiers,
- Black, yellow and red -
Black for the tears of mothers,
- Black, yellow and red -
And yellow for the light and flame
Of the fields where the blood is shed!
To the glorious flag, my children,
Hark! the call your country gives,
To the flag in serried order!
He who dies for Belgium lives!

2.

Red for the purple of heroes,
- Black, yellow and red -
Black for the veils of widows,
- Black, yellow and red -
Yellow for the shining crown
Of the victors who have bled!
To the flag, the flag, my children,
Hearken to your country's cry!
Never has it shone so splendid,
Never has if flown so high!

3.

Red for the flames in fury,
- Black, yellow and red -
Black for the mourning ashes,
- Black, yellow and red -
And yellow of gold, as we proudly hail
The spirits of the dead!
To the flag, my sons!
Your country with her blessing "Forward" cries!
Has it shrunken? No, when smallest,
Larger, statelier it flies!
Is it tattered? No, 'tis stoutest!

注釈編集

  1. ^ カルロ・リテンは1879年アントウェルペンの生まれ。父はベルギー人、母はイタリア人だった。優れた舞台俳優、朗誦者であった彼は当時ヨーロッパアメリカで広く知られた存在だった。エルガーの『カリヨン』、『ベルギーの旗』、『砂漠での声』で朗誦を務めている。第一次世界大戦後は3つの映画『The Strongest』(1920年)、『L'Affaire du train』(1921年)、『The Mysteries of Paris』(1922年)に出演する。ロンドンの『Saturday Review』紙の副編集者であったジョン・パーマーはリテンが「存命の人物の記憶の中で最高の素晴らしい声を持っている。(中略)響き、訴求力、魅力の点で私がこれまでに知る俳優の中で最も優れている。洗練された知性に裏付けられた身振りと表現力がこれに加わり、我々は類稀なる個性を目にすることになるのである。」

出典編集

  1. ^ Pay Belgium Tribute in Brooklyn concert”. The New York Times (1918年8月16日). 2014年8月9日閲覧。

参考文献編集

  • Kennedy, Michael, Portrait of Elgar (Oxford University Press, 1968) ISBN 0-19-315414-5
  • Moore, Jerrold N. “Edward Elgar: a creative life” (Oxford University Press, 1984) ISBN 0-19-315447-1

外部リンク編集