ベルギー労働者党

ベルギー労働者党 (オランダ語: Partij van de Arbeid van BelgiëPVDA; フランス語: Parti du Travail de BelgiquePTB、PVDA+/PTB-GO!)は、ベルギーの極左政党である。ベルギーの他の政党がフランドルフランス語圏のいずれかであるのとは対照的に、全国単位で活動している。

ベルギー労働者党
Partij van de Arbeid van België (オランダ語)
Parti du Travail de Belgique (フランス語)
総裁 Peter Mertens
創立者 Ludo Martens
創立 1979年
本部所在地 M.Lemonnierlaan 171,
1000 ブリュッセル
青年部 Comac
政治的思想

共産主義

社会主義
政治的立場 極左
国際連携 共産党・労働者党国際会議
国際共産主義セミナー
欧州議会会派 欧州統一左派・北方緑の左派同盟
代議院
12 / 150
元老院
5 / 60
欧州議会
1 / 21
ワロンの議会
2 / 75
公式サイト
www.pvda.be (オランダ語)
www.ptb.be (フランス語)
ベルギーの政治
ベルギーの政党一覧
ベルギーの選挙

近年国際共産主義セミナーを開催しており、その中で主要な位置を示しつつある。

1960年代の学生運動が源流であり、次第に労働者の政党として生まれ変わった。当時ベルギー共産党があったものの、それを社民主義に行き過ぎていると考え、ベトナム反戦運動や、反植民地主義・市民と労働者の党として認知されるようになった。

2017年の総選挙では2議席を獲得した。

2019年総選挙では10議席上乗せし12議席獲得した。

脚注編集