ベルタ・フォン・タルノーツィ

ベルタ・フォン・タルノーツィ(Bertha von Tarnóczy-Sprinzenberg 、ハンガリー語表記: Tarnóczy Berta、1846年4月1日 - 1936年3月6日[1])はオーストリアの画家である。風景画や静物画を描いた。

ベルタ・フォン・タルノーツィ
Bertha von Tarnóczy
Tarnoczy-Rattenberg.jpg
タルノーツィの風景画、「ラッテンベルク の通り」
生誕1846年4月1日
インスブルック
死没1936年3月6日
Pörtschach am Wörthersee

略歴編集

インスブルックでオーストリア貴族で政府の高官の娘に生まれた。叔父にザルツブルク大司教のMaximilian Joseph von Tarnóczyがいる[2][3]。修道院が運営する名門学校、Sacré Coeur Riedenburgで学ぶうちから美術の才能は認められた。

父親の多くの各地への旅に同行し、1875年ころにはザルツブルクで風景画家、アントン・ハンシュの遺した作品を模写して修行した。1877年にミュンヘンに移り、女性のための美術学校でイェンナ・バウクとテオドール・ヘルに学んだ。1882年にミュンヘン女性美術家協会(Münchner Künstlerinnenverein)の創立メンバーとなった[2][3]

家族の事情で1886年にウィーンに移り、ウィーンではエミール・ヤーコプ・シンドラーに学び、女性画家のオルガ・ヴィジンガー=フローリアン(1844-1926)とも知り合った。イタリアやオランダを旅し、ヨーロッパ各地の展覧会に出展した[2][3]

自分と同じ、貴族の女性に絵を教え初め、リンツで美術学校を開いていたMichaela Pfaffingerが1898年に死去した後、美術学校の校長を引き継いだ[3]。教えた学生には Else Martys やVilma Eckl がいる。1901年にマリー・エグナーら8人の女性芸術家と美術家グループ、「Acht Künstlerinnen (8人の女性芸術家)」を結成し、ウィーンのKunstsalon Piskoで、何度か展覧会を開いた。この展覧会には会員以外の芸術家の作品も招待展示された[4]

ヴェルター湖畔のペルトシャッハ・アム・ヴェルターゼーで死去した。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Adelsfamilien von Reisz Ede, abgerufen am 24. Juli 2016.
  2. ^ a b c Bertha von Tarnóczy-Sprinzenberg in Österreichisches Biographisches Lexikon, abgerufen am 24. Juli 2016.
  3. ^ a b c d Marianne Baumgartner (24 July 2015), [von Sprinzenberg, Bertha&f=false books.google.com Der Verein der Schriftstellerinnen und Künstlerinnen in Wien: (1885-1938)] |url=の値が不正です。 (説明) (ドイツ語), Böhlau Verlag Wien, p. 381, ISBN 978-3-205-79702-9
  4. ^ "ARIADNE - Projekt "Frauen in Bewegung" - "Gruppe der Acht Künstlerinnen, Wien"". ac.at. www.onb.ac.at. 2016年7月24日閲覧