メインメニューを開く

ベルリン北部線ドイツ語: Berliner Nordbahn)とは、ドイツ連邦共和国の首都ベルリンベルリン・ボルンホルマー・シュトラーセ駅からブランデンブルク州を経てメクレンブルク=フォアポンメルン州シュトラールズントシュトラールズント中央駅に至る全長222.6kmのドイツ鉄道の路線である。

ベルリン北部線
Karte Berliner Nordbahn.png
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
起点 ベルリン
終点 シュトラールズント
路線番号 200.1、200.85、205、209.12
開業 1877年
運営者 ドイツ鉄道
路線諸元
路線距離 222.6 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線(ノイシュトレリッツ中央駅以南)
単線(ノイシュトレリッツ中央駅 - シュトラールズント中央駅)
電化方式 交流15,000V 16.7Hz(長距離線)
第三軌条方式 直流750V(ベルリンSバーン)
最高速度 160 km/h
テンプレートを表示

概要編集

今日では長距離列車および地域列車はホーエン・ノイエンドルフ駅からベルリン外環状線に入りベルリン=リヒテンベルク駅方面に向かう。ベルリン・ボルンホルマー・シュトラーセ駅 - ホーエン・ノイエンドルフ駅間はSバーンのみが運行されている。ノイシュトレーリッツ中央駅からはロストック方面に向かうノイシュトレーリッツ-ヴァーネミュンデ線が分岐する。

歴史編集

19世紀半ばからベルリンから北に鉄道を敷設する計画は存在し、ベルリン北部鉄道株式会社(ドイツ語: Berliner Nord-Eisenbahn-Gesellschaft)がプロイセンメクレンブルク=シュトレーリッツの双方から鉄道敷設の免許を取得したが、財政的理由により1875年12月15日に解散した。最終的にはプロイセン政府が鉄道を建設することになり、1877年7月10日にはベルリン - オラニエンブルク - ノイシュトレリッツ - ノイブランデンブルク(134 km)、同年12月1日にはノイブランデンブルク - デミン(42 km)、翌1878年1月1日にデミン - シュトラールズント (47 km)が開業した。

ベルリン側のターミナル駅は当初エバースヴァルダー通り、現在のマウアーパルク付近にあったが貨物専用であった。旅客列車はパンコウ地区にあるヴォランクシュトラーセ駅発着であった。19世紀末には旅客列車はインヴァリーデン通り付近のシュテッティナー駅(後の旧ベルリン北駅、現在は廃止)発着に変更された。

1912年までに近郊線と長距離線 ゲズントブルンネン - フローナウ間の線路が近郊線と長距離線に分離され、同時に連続立体交差化された。1926年にはフローナウ - ボルクスドルフ間も同様の工事が完成した。1925年にゲズントブルンネン - オラニエンブルク間が直流電化され、この区間は後にベルリンSバーンの一部になった。

1950年にはシュテッティナー駅は北駅(ドイツ語: Nordbahnhof)に改称された。1961年8月13日ベルリンの壁が建設されてフローナウ駅 - ホーエン・ノイエンドルフ駅間が廃止されるまでは電化設備は存続していた。ベルリン北駅の長距離線は1952年5月18日に既に廃止されていた。

壁建設後はSバーンのオラニエンブルク - ホーエン・ノイエンドルフ間は孤立した区間になった。1961年11月にホーエン・ノイエンドルフ - ブランケンブルク間にベルリン外環状線に沿ってSバーンの電化路線が建設された。フローナウ駅への路線をはじめ、Sバーンの西ベルリン区間は1984年1月9日東ドイツ国鉄からベルリン市交通局ドイツ語版に移管された。当初は運休していたが、1984年10月1日に運行が再開された。1985年に行われたSバーンの線路の修復工事で長距離線の復活は困難になった。 ドイツ再統一後の1992年にはフローナウ - ホーエン・ノイエンドルフ間が復旧し、オラニエンブルク駅へのSバーンの運行が再開された。

2013年までにビルケンヴェルダー - ノイシュトレーリッツ間の最高速度を160km/hに引き上げることでベルリン - ロストック間の所要時間を短縮することが決定された[1]。同時に、ヨーロッパにおける統一列車制御システムであるETCSが採用が決定された。

工事は段階的に進められ、最初の区間として2007年11月にレーヴェンベルク - グランセ間が完成した[2]。ダネンヴァルデ - フュルステンベルク間は2009年3月から11月、グランセ - ダネンヴァルデ間は2011年7月から翌12年8月にかけて工事が行われた。2012年9月10日から翌13年6月9日にオラニエンブルク - ノイシュトレーリッツ間の工事が行われた。ナッセンハイデ - レーヴェンベルク間の湿原地帯では7200本の杭基礎が下層土深くに打ち込まれた。

次の区間としてオラニエンブルク - ナッセンハイデ間が2017年から高速化される予定である。オラニエンブルク - フュルステンベルク/ハーフェルおよびノイシュトレーリッツ間の工事は2019年から2021年頃に延期される見込みとなった。


脚注編集

関連項目編集