メインメニューを開く

ベルリン国立バレエ団(ドイツ語: Staatsballett Berlin、英語: Berlin State Ballet)は、ベルリンを拠点とするドイツ最大規模のバレエ団である。2004年に3つのバレエ団を統合して誕生した。所属ダンサーは84人[1]

概要編集

2004年、ベルリンにある「ベルリン国立歌劇場」「ベルリン・ドイツ・オペラ」「ベルリン・コーミッシェ・オーパー」の3つの歌劇場のバレエ団を統合して誕生した。西欧で最大規模のバレエ団である。先の3つの歌劇場とともに財団法人オペラ・イン・ベルリンに属している。芸術監督は、世界各国のバレエ団でプリンシパルとして活躍してきたヴラジーミル・マラーホフが就任した。

ドイツ国内はもとより、ポリーナ・セミオノワなど世界各国から実力派ダンサーが多く入団し、ヨーロッパで最も勢いのあるバレエ団である。 日本人では中村祥子2006年8月にソリストとして入団、2007年からはプリンシパルに昇格して活躍中である。他に、デミ・ソリストに寺井七海、菅野茉里奈、コール・ド・バレエに針山愛美、須山あおい、Mari Kawanishiらが在籍[2]する。

ダンサーの階級
  1. 第1ソリスト(プリンシパル)
  2. ソリスト
  3. デミ・ソリスト(準ソリスト)
  4. コール・ド・バレエ

上記の他に、演技力が求められるキャラクター・ソリストが存在する。

主なレパートリー編集

レパートリーはクラシック・バレエからコンテンポラリーまで幅広い。[3]

クラシック・バレエ/ネオクラシカル・バレエ
コミック・バレエ
コンテンポラリー・バレエ

主な所属ダンサー編集

脚注編集

  1. ^ 2011年9月現在。プリンシパル13名、ソリスト13名、デミ・ソリスト16名、キャラクター・ソリスト2名、コール・ド・バレエ40名。
  2. ^ 2011年9月現在。
  3. ^ Season 2011-2012のレパートリーから抜粋。

外部リンク編集