ベロニド家カタルーニャ語:Bel·lònides[1]スペイン語:Bellónidas、フランス語:Bellonides[2])は、西ゴート人のベロ(Belló)を始祖とし、9世紀および10世紀にカルカソンヌウルジェイサルダーニャコンフランバルセロナなどのスペイン辺境の多くの伯爵領を支配した貴族の家系。ベロの孫で最も有名なのは、ギフレ1世多毛伯(en)である。ギフレ1世はバルセロナ家の始祖となり、子孫は878年以降バルセロナ伯を世襲し[3]、1164年から1410年のマルティン1世の死までの250年間、アラゴン王位を世襲した。

10世紀初頭には、スペイン辺境領の東部の全ての伯領、およびゴティア辺境領のコンフラン、カルカソンヌ、ラゼースの伯領がベロの子孫により支配されていた。これは領地を共同統治し、一族内で互いに支援するのに都合が良かったからと考えられるが、一方で族内婚による弊害もあった[4]

「ベロニド家」の語は、カタルーニャ[3]、イングランド[5]、およびフランス[2][6][7]の歴史家により用いられた。

系図編集

 
ベロ1世
カルカソンヌ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギスクラフレド
カルカソンヌ伯
 
オリバ1世
カルカソンヌ伯
ラゼース伯
 
 
 
ギレム家
 
 
 
 
 
 
 
スニェー1世
アンプリアス伯
ルシヨン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(または女婿)
スニフレ1世
バルセロナ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリバ2世
カルカソンヌ伯
 
アクフレド1世
(-906)
カルカソンヌ伯
 
アデリンデ
(アキテーヌ公ギヨーム1世妹)
 
 
 
 
 
 
 
スニェー2世
アンプリアス伯
ルシヨン伯
 
デラ
アンプリアス伯
 
 
 
 
 
ギフレ1世
バルセロナ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベンシオ1世
カルカソンヌ伯
 
アクフレド2世
(-933)
カルカソンヌ伯
 
ギヨーム2世
アキテーヌ公
オーヴェルニュ伯
 
アクフレ
アキテーヌ公
オーヴェルニュ伯
 
ベンシオ
アンプリアス伯
ルシヨン伯
 
ガウスベルト
アンプリアス伯
ルシヨン伯
 
エルメラド
エルヌ司教
 
グアダル
エルヌ司教
 
バルセロナ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルノー
(-957)
コマンジュ伯
カルカソンヌ伯
 
アルシンド
カルカソンヌ女伯
ラゼース女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガウスフレド1世
アンプリアス伯
ルシヨン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コマンジュ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギラベルト1世
ルシヨン伯
 
ウク1世
アンプリアス伯
 
スニェー
エルヌ司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

  1. ^ "bel·lònida". Gran Enciclopèdia Catalana. Enciclopèdia Catalana.
  2. ^ a b Société d'éditions scientifiques (1997). L'Histoire (no.206-211 1997). p. 58. http://books.google.com/?id=iklnAAAAMAAJ&dq=bellonides&q=Bellonides+comtes 
  3. ^ a b Martin Aurell, "Les noces du comte: Mariage et pouvoir en Catalogne (785-1213)" Vol. 73, No. 4 (Oct., 1998), pp. 1102 - 1104 Published by: Medieval Academy of America.
  4. ^ Regarding the problem of consanguineous marriage among the Bellonids, see M. Aurell, Les noces del comte: matrimoni i poder a Catalunya (785-1213), Ediciones Omega, Barcelona, 1998, pp. 28 - 41.
  5. ^ Godfrey Matthew Evans "Classfied catalogue of the library of the Royal geographical society" 1871, Oxford University
  6. ^ Université de Picardie Centre d'études médiévales; Patrick Corbet; Monique Goullet; Dominique Iogna-Prat; Chantal Palluet; Daniel Russo (2002). Comité des travaux historiques et scientifiques (CTHS). ed. Adélaïde de Bourgogne : genèse et représentations d'une sainteté impériale ; actes du colloque international du Centre d'Études Médiévales - UMR 5594, Auxerre 10 et 11 décembre 1999. Paris: CTHS. ISBN 2-7355-0497-2. http://books.google.com/?id=RiJnAAAAMAAJ&q=bellonides&dq=bellonides 
  7. ^ Alexandre Saint-Léger, Université Lille Nord de France (1999). “Revue du Nord”. Revue du Nord 81 (331–332): 859. http://books.google.com/?id=NuBnAAAAMAAJ&q=bellonides&dq=bellonides. 

参考文献編集

  • Historia de Catalunya I, II, Cupsa-Planeta, 1979-c.1982, p.272