ベンジャミン・シリマン

ベンジャミン・シリマンBenjamin Silliman, 1779年8月8日 - 1864年11月24日)はアメリカ合衆国化学者地質学者鉱物学者科学教育者[1]イェール大学の科学分野における初期の教授の一人であり、またアメリカ国内において最初に石油蒸留精製を行った人物でもある。また、アメリカで最も古くから続いている科学誌である、American Journal of Science英語版の創設者である[2]

ベンジャミン・シリマン
Benjamin Silliman
Benjamin Silliman2.jpg
ベンジャミン・シリマン(1850年)
生誕 1779年8月8日
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国コネチカット州トランブル
死没 1864年11月24日(1864-11-24)(85歳)
コネチカット州ニューヘイブン
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
研究分野 化学者
研究機関 イェール大学
出身校 イェール大学
博士課程
指導学生
ジェームズ・デーナ
主な業績 石油の蒸留精製
主な受賞歴 米国科学アカデミー
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ナショナルポートレートギャラリー(ワシントンD.C.)にあるベンジャミン・シリマンの肖像画
ベンジャミン・シリマンとその拡大家族
ベンジャミン・シリマンの家族写真。故人であるハリエット・トランブルの肖像が壁に掛けられている
イェール大学にあるベンジャミン・シリマンの銅像

生い立ち編集

アメリカ独立戦争のさなか、シリマンはノースストラトフォード(現在のコネチカット州トランブル)の居酒屋にて生まれた。その数か月前に、母親であるメアリー・シリマン英語版イギリス軍によって襲撃されたフェアフィールドから逃げ出している。また、父親でありコネチカット民兵隊の将軍であるゴールド・セレック・シリマン英語版は1779年5月にイギリス軍に捕らえられている。

教育編集

イェール大学にて学び、1796年には学士、1799年には修士学位を取得した。1798年から1799年にかけて、シミオン・ボールドウィン英語版の下で法律を学び、1799年から1802年にはイェール大学にて助手を務めている。

当時のイェール大学学長であったティモシー・ドワイトはシリマンに化学及び博物学を学ぶように勧め、それらに関する教授の就任を要請した。シリマンは化学に関する実験を見たことも行ったこともなかったため[3]フィラデルフィアにあるペンシルベニア大学で化学を学び、1804年にはイェール大学にてシリマンによる化学の講義が行われた。この講義はイェール大学における初めての科学に関する講義である[4]。また、翌年の1805年にはエディンバラに留学している。

経歴編集

ニューヘイブンに戻ってきてからは地質学を学んだ。ウェストン付近に落下した隕石化学分析を行い、初めてアメリカの隕石に関する科学的な報告をして、あらゆる鉱物の構成元素が判明してきた。

1818年頃、 Ephraim Laneがシリマンの調査のためにトランバルのSaganawampsと呼ばれた場所(現在のオールド・マイン・パークの一部)から岩のサンプルを持ち帰り、その岩には、タングステンテルルトパーズ蛍石の成分が含まれる[5] ことを、彼が創刊したAmerican Journal of Scienceにて報告した。鉱物であるシリマナイト(Sillimanite、珪線石の英語名)は1850年に彼の名にちなんで名付けられた。また、イェール大学医学部創設にも携わり、創設メンバーとして教鞭をとった。

シリマンはアイビーリーグに属する大学が共学化することを早くから支持していた[6]。彼は自らの講義に女性が参加することを認めていたが、イェール大学が共学化するのはその100年後のことである。

シリマンは名誉教授として、1855年まで地質学の講義を続けた。また、シリマンは初めて分留のプロセスを用いた人物であり、1854年には、息子のベンジャミン・シリマン・ジュニア英語版が初めて石油の蒸留による分留を行った[7]

家族編集

シリマンは1809年9月17日にハリエット・トランブルと最初の結婚をする。彼女の父親はコネチカット州議会議員であるジョナサン・トランブル Jr.であり、祖父はアメリカ独立革命の英雄とされていたジョナサン・トランブル Sr.である。シリマンはハリエットとの間に4人の子供を儲けた。その内の一人は、シリマンの助手を務めることになる、ジェームズ・デーナと結婚する。また、息子のベンジャミン・シリマン Jr.は父親と同様に、イェール大学の化学分野の教授を務めた。

また、1851年には化学者であるジョン・マクレラン英語版の娘と2度目の結婚をしている。

その他編集

シリマンはアメリカの奴隷制度を"巨大な悪"とみなしていた。彼はリベリアの自由黒人による植民地化を支持し、1828年から1835年まで、コネチカット州の植民地協会の役員を務めた。

また、1813年にはAmerican Antiquarian Societyのメンバーに[8]、1815年にはアメリカ芸術科学アカデミーアソシエイト・フェローに選出された[9]。シリマンはアメリカの科学誌であるAmerican Journal of Scienceを創刊し、アメリカ合衆国議会により米国科学アカデミーの会員に任命された。また、彼はアメリカ科学振興協会の会員でもある。

シリマンに因んだ名称編集

 
シリマナイト(珪線石)

鉱物の一種であるシリマナイト(Sillimanite、珪線石)はシリマンの名に因んで名付けられたものである。また、イェール大学にはシリマンの名前に因んだ、シリマン・カレッジ英語版が存在する。

セコイア国立公園キングズ・キャニオン国立公園に跨ってそびえる、標高3,412mのシリマン山英語版も同様に彼の名から名付けられたものである。

脚注編集

  1. ^ Benjamin Silliman Biography”. Yale Peabody Archives. 2016年7月29日閲覧。
  2. ^ http://www.ajsonline.org/site/misc/about.xhtml
  3. ^ F.ルドルフ(2003)『アメリカ大学史』玉川大学出版部
  4. ^ Silliman History”. 2012年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月31日閲覧。
  5. ^ History and Minerals of Old Mine Park (Saganawamps), Earle Sullivan, Trumbull Historical Society, 1985, p. 8
  6. ^ The Higher Education of Women; Passages Extracted from the Annual Reports of the President of Columbia College, Presented tot eh Trustees in June, 1879, June, 1880, and June, 1881.
  7. ^ Benjamin Silliman Jr.”. National Academy of Sciences. 2014年4月12日閲覧。
  8. ^ American Antiquarian Society Members Directory
  9. ^ Book of Members, 1780–2010: Chapter S”. American Academy of Arts and Sciences. 2016年9月9日閲覧。

参考文献編集

  • Brown, Chandos Michael (1989). Benjamin Silliman: A Life in the Young Republic. Princeton University Press. ISBN 9781400860227 
  • Fisher, George P. (1866). Life of Benjamin Silliman, M.D., LL.D.. 1. New York: Charles Scribner and Company. OCLC 2621347. https://archive.org/details/lifeofbenjaminsi01fishuoft 
  • Fisher, George P. (1866). Life of Benjamin Silliman, M.D., LL.D.. 2. New York: Charles Scribner and Company. OCLC 2621347. https://archive.org/details/lifeofbenjaminsi02fishuoft 
  • Jackman, S. W. (1979). “The tribulations of an editor: Benjamin Silliman and the early days of the American Journal of Science and the Arts”. The New England Quarterly 52 (1): 99–106. doi:10.2307/364359. 
  • McCullough, David (2011). The Greater Journey: Americans in Paris. New York: Simon & Schuster. ISBN 978-1-4165-7176-6 
  • Prince, Cathryn J. (2010). A Professor, A President, and A Meteor: The Birth of American Science. Prometheus Books. ISBN 9781616142728 

外部リンク編集