メインメニューを開く

ベンジャミン・リンカーン・ロビンソン

Benjamin Lincoln Robinson

ベンジャミン・リンカーン・ロビンソン (Benjamin Lincoln Robinson、1864年11月8日 - 1935年7月27日)は、アメリカ合衆国植物学者である。

目次

略歴編集

ロビンソンはイリノイ州ブルーミントンで生まれた。 1887年にハーバード大学を卒業し、同年6月29日にマーガレット・ルイーズ・キャッソンと結婚、夫婦でヨーロッパに渡った。ストラスブール大学のHermann zu Solms-Laubach教授 (英語版)の下で植物解剖学を学び、1889年に博士号を取得した。翌年の秋彼ら夫妻はアメリカに戻った。

経歴のほとんどをハーバード大学のグレイ・ハーバリウムキュレーター (学芸員)として過ごし、1935年、ニューハンプシャー州ジャフリーの別荘で亡くなった[1]

業績編集

 
ハーバード大学ハーバリウム

1891年、ロビンソンはハーバード大学グレイ・ハーバリウムのキュレーター、セレーノ・ワトソン (Sereno Watson、1826-1892)のアシスタントになり、1892年ワトソン死去の際にキュレーターに任命された。

1899年、グレイ・ハーバリウムの名の基となったハーバード大学植物学科創立者、エイサ・グレイ (Asa Gray、1810-1888)の功績を称えて記念教授職 "Asa Gray Professor of Systematic Botany" が創設された際には、その初代教授に任命された[1]

彼は1899年から1928年までの間、the New England Botanical Clubが発行する学術誌である「Rhodora(英語版) の編集者であった[1]

受賞編集

  • 1929—Centennial Gold medal of the Massachusetts Horticultural Society

[2]


脚注編集