ベンダーロックイン

ベンダーロックイン: vendor lock-in)とは、特定ベンダー(メーカー)の独自技術に大きく依存した製品、サービス、システム等を採用した際に、他ベンダーの提供する同種の製品、サービス、システム等への乗り換えが困難になる現象のこと。

ベンダーロックインに陥った場合、製品、サービス、システム等を調達する際の選択肢が狭められる。価格が高騰してもユーザーはそれを買わざるを得ないため、コストが増大するケースが多い。また、市場の競争による恩恵を十分に受けられない可能性もある。

ベンダーロックインの例編集

  • 情報システムの開発・構築を曖昧な仕様でベンダーに発注した場合、出来上がった情報システムの正確な仕様が、システムを開発・構築したベンダーにしか解らなくなる場合がある。結果、システムの保守・拡張・改修等の際、現存システムを開発・構築したベンダーに引き続き発注せざるを得なくなる。
  • ソフトウェアによるベンダーロックインの身近な例としては、オペレーティングシステム並びにオフィススイート市場で圧倒的なシェアを持つマイクロソフト社のMicrosoft WindowsMicrosoft Officeが挙げられる。豊富に流通しているアプリケーションソフトウェアの多くがWindows向けソフトウェアであり、Office製品で作成された文書やスプレッドシートを他者から受け取った際には、自らも同じソフトウェアを所持していなければファイルを開くことができないことからロックインの状態にあった。かつてはLotus 1-2-3や、日本国内においては一太郎がその地位にあった。2000年代に入ると特定のソフトウェアに依存しないオープンフォーマットが提唱されるようになったが、2020年現在においてもこれらオープンフォーマットが幅広く利用されるには至っておらず、ロックインの状態が続いている。
  • カクテルのバカルディに使われるホワイトラムはバカルディ社が製造する物のみしか使ってはならないと判決が出ている。
  • リヒャルト・ワーグナーは楽譜でシンバルはジルジャン社の物を使用する事を指示している[1]
  • NVIDIA社のCUDAPhysX、それらを利用したTensorFlowなどのライブラリ。原則として同社のGPUでしか利用できない。
  • アップル社のMetal API。従来から使われてきたクロスプラットフォームなグラフィックス/コンピュートAPIのOpenGL/OpenGL ES/OpenCLmacOS MojaveおよびiOS 12で非推奨となり、アプリケーション開発者はMetalへ移行することが求められているが、必要となる変更は些細なものではなく[2]、また既存のデバイスドライバーの新規格対応や機能追加、不具合修正が見込めないことなどから、アップルプラットフォームのサポート継続を断念したり[3]ハードウェアアクセラレーション機能を無効化したりするケースも出ている[4]
  • Amazon Web ServicesGoogle Cloud PlatformMicrosoft AzureなどのクラウドプラットフォームのAPIを利用してシステム構築を行うと、他のクラウドプラットフォームやオンプレミス運用に切り替えるにはシステムの大規模改修が必要となるため、プラットフォーム事業者を乗り換えることが困難になる。この状態もまたベンダーロックインの一種であり、クラウドロックインと呼ばれる。

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集