ベンデイプロセス

ベンデイドットから転送)

ベンデイプロセス英語: Ben Day process)は、一般にベンデイドット英語: Ben Day dots)と呼ばれ、イラストレーターベンジャミン・ヘンリー・デイ・ジュニア英語版(19世紀の出版社ベンジャミン・ヘンリー・デイ英語版の息子)[1]にちなんで名付けられた。ベンデイプロセスは、1879年にさかのぼる印刷および写真版画英語版の技法[2]。一般にドット「ベンデイドット」で説明されるが、平行線テクスチャ波線、不規則な効果など、他の形状を使用することもできる[3]

ベンデイドット

必要な効果、色、目の錯覚に応じて、小さな色のドットは間隔が狭く、間隔が広く、または重なり合っている[4]。たとえば、マゼンタのドットは、ピンクを作成するために広い間隔で配置されている。1950年代から1970年代のコミック・ブックは、ベンデイドットを使用していた[5]。4つのプロセスカラー(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)で、印刷された安価な紙にシェーディングとグリーン、パープル、オレンジ、フレッシュトーンなどの二次色を安価に作成する[6][7]

ベンデイドットプロセスは、ベンデイドットが常に同じサイズであり、特定の領域に分布しているという点で、ハーフトーンドットプロセスとは異なる。ドットを図面に適用するには、アーティストは文房具のサプライヤーから透明なオーバーレイシートを購入する。シートはさまざまなドットサイズと分布で利用可能であり、アーティストは作品で使用するためのさまざまなトーンを提供した。オーバーレイマテリアルは、必要な色調領域の形状(つまり、影、背景、または表面処理)にカットされ、バーニッシャーで図面の特定の領域にこすりつけられた。活版印刷用のラインカットとして写真で再現した場合、ベンデイオーバーレイの領域は、印刷版に色調の陰影を付けた[8][9]

エル・キャップ・デ・バルセロナ英語版ロイ・リキテンスタインによる1992年の彫刻、彼の絵画にベンデイドットを採用

ベンデイドットの使用は、彼の絵画や彫刻の多くでそれらを拡大して誇張したアメリカの芸術家ロイ・リキテンスタインの特徴である[2][10]。他のイラストレーターやグラフィックデザイナーは、同様の効果を得るために、印刷媒体で拡大されたベンデイドットを使用している。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ G.H.E. Hawkins (1914) "Ben Day Effects", Newspaper Advertising, pp. 17–21, Advertisers Publishing Company, Chicago
  2. ^ a b Churchwell, Sarah (2013年2月23日). “Roy Lichtenstein: from heresy to visionary”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/artanddesign/2013/feb/23/roy-lichtenstein-heresy-to-visionary 2012年6月27日閲覧。 
  3. ^ Edmund F. Russ (Oct 1919) "The Ben Day Process", Western Advertising, Vol. 1 No. 9, pp. 5-&c, Ramsey Oppenheim Co., San Francisco
  4. ^ W. Livingston Larnard (1921) "How and When to Use Ben Day", The Printing Art Vol. 37, No.4, pp. 305–312 (See also: pp. 30, 216, 218, 347, 463)
  5. ^ In Defense of Dots: The lost art of comic books”. 2012年6月27日閲覧。
  6. ^ "The Use and Abuse of Ben Day" (Jan 6, 1920) Business Digest and Investment Weekly, Vol. 25, No. 1. pp. 10–11, Arrow Publishing Corporation, NY
  7. ^ Success in Commercial Art (1920) Meyer Both College of Commercial Art
  8. ^ Gilbert P. Farrar (Sep 18, 1913) "Strong Displays by Use of 'Ben Day' Process", Printer's Ink, Vol. 34, No. 12, pp. 33–36, New York
  9. ^ Willard C. Brinton (1919) Graphic Methods for Presenting Facts, The Engineering Magazine Company, NY
  10. ^ Monroe, Robert (1997年9月30日). “A Pioneer of Pop Art movement”. Pittsburgh Post-Gazette. The Associated Press. https://news.google.com/newspapers?id=6lQlAAAAIBAJ&sjid=gW8DAAAAIBAJ&pg=6472,11061390&dq=ben-day+dots&hl=en 2012年6月27日閲覧。