メインメニューを開く

ベン・グリオン国際空港(ベン・グリオンこくさいくうこう、ヘブライ語: נמל תעופה בן גוריון‎、英語: Ben Gurion International Airport)は、イスラエル中央地区ロード(ロッド)にある空港である。

ベン・グリオン国際空港
נְמַל הַתְּעוּפָה בֵּן גּוּרְיוֹן
Ben Gurion International Airport
Ben Gurion Airport Train Station sign.jpg
ベン・グリオン国際空港
IATA: TLV - ICAO: LLBG
概要
国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
所在地 中央地区ロッド
種類 共有
運営者 イスラエル空港庁英語版
標高 41 m (135 ft)
座標 北緯32度00分41秒 東経34度53分12秒 / 北緯32.01139度 東経34.88667度 / 32.01139; 34.88667座標: 北緯32度00分41秒 東経34度53分12秒 / 北緯32.01139度 東経34.88667度 / 32.01139; 34.88667
公式サイト www.iaa.gov.il
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
03/21 NO 1,780×45 舗装
08/26 YES 3,669×45 舗装
12/30 YES 3,112×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
ベン・グリオン国際空港の位置
ベン・グリオン国際空港の位置
TLV/LLBG
ベン・グリオン国際空港の位置

概要編集

国内最大の国際線空港である。空港名は初代首相であるダヴィド・ベン=グリオンにちなんでいる。エル・アル航空ハブ空港として使用している。旧名はロッド空港

イスラエルという国家の存立上から警備が厳しく、世界一警備が厳しい空港と言われている。

出入国の注意編集

セキュリティチェック

ベン・グリオン国際空港ではテロリスト流出入防止、もしくは本人が気づかないうちに利用されて危険物を所持していないか確認するため、出入国のセキュリティチェックを非常に厳しく執り行っている。入国時は複数の係官が入れ替わり質問を行う場合がある。出国時は特に厳しく、チェックインカウンター前で係官が質問する。これに要する時間は数分で済むこともあれば1時間以上かかることもある。その内容は目的や旅程、航空券購入先、宿泊先、同行者の関係、イスラエルに友人はいるか、荷造りはどこでしたかなど多岐に渡る。特に、外国人(非イスラエル人)に対しては厳しい。

出国時は3~4時間前に空港に着くように要請されており、質問の他に荷物を開封して確認することもある。

入国証印出国証印

一部のイスラム諸国(特にイスラエルと直接戦争している国)では、パスポートにイスラエルの出入国証印があると入国を拒否されることがあり、どうしても行きたい場合は基本的にパスポートの再発行しか方法がない。イスラエル入国時と同じパスポートでそういった国へ行く場合は、入国審査時に「No Stamp Please.」と申し出てパスポートに入国証印を押印されないようにすること。尚、出国時も申し出ないと出国証印が押印されるので、同様に申し出る必要がある。ただし、申し出ても係官が勝手に出国証印を押してしまうことがある。近年では、出入国印の代わりに、滞在資格(期限)、パスポート情報、パスポートの顔写真が印字された出入国カードが手渡されるため、特に申し出なくても良い。

沿革編集

  • 2014年8月、ハマースの軍事スポークスマンは、ガザ侵攻が深刻化する中で、ベン・グリオン国際空港に向け国際線を運航する航空会社に対し飛行を中止するよう警告し、航空機を攻撃対象として見なしうることを表明した[1]

定期便就航会社編集

空港への交通アクセス編集

鉄道・バス・シェルート(乗合タクシー)・タクシーによる。(2019年現在)いずれも現金のみ取り扱いとなるため、空港内に両替機・ATM・銀行が置かれている。ただし、Rav-Kavカードを自動券売機で購入する場合は、クレジットカードの利用は可能。

鉄道編集

バス編集

  • テルアビブ中心街へは、485番系統を利用すると中心街の「Central Bus Station」へ行くことができる。料金は16NIS(※日本円で約490円)、乗車時に運転手へ料金を支払う前払い方式となる。所要時間は約1時間程度。バスには、車体下にスーツケースなどを搭載できる荷物置き場が設置されているほか、Wi-Fiやスマートフォンを充電することができるUSB端子も装備されている。

シェルート(乗合タクシー)編集

  • テルアビブ中心街行きのシェルート乗り場は、到着ロビーを出ると「SHUTTLE SERVICE」や「01」表記の青い看板があり、ここから発着する。料金は約64NIS(日本円で約1,700円~2,000円程度)、目的地到着後に料金を支払う後払い方式となっている。定員は10名で、テルアビブ中心街の行き先が近い利用者ごとにタクシーを振り分けていることから、定員に達するまで出発しないことに注意。所要時間は行き先によって異なるが、概ね約30分~1時間程度。場所により、中心街のホテルまで直接アクセスできるのが大きな利点である。鉄道・バスとは異なり、安息日とユダヤ教の祝日も運行していて、この場合の料金も固定されている。

タクシー編集

  • タクシー乗り場は、2階と到着ロビーの2か所となっているが、メインは到着ロビーをすぐに出た場所となっている。ここに専用のブースがあり、利用者は係員に行き先を告げ、係員がタクシーの運転手に車両番号などを書き正規料金を渡すシステムとなっている。このほか、ターミナル内には「TAXI FARE」のタッチパネルがあり、行き先や乗車人数・スーツケースの個数を入力すると料金が自動的に算出、「print」を押すとレシートが発行され、これを持って運転手に渡し料金を支払う形となる。なお、高額料金を命じてくる白タク行為の運転手もいるので注意。料金はメーター制で、行き先により異なるがおよそ150~400NIS(日本円で約4,500円~約12,000円)程度の場合が多い[3][4]。安息日とユダヤ教の祝日・深夜時間帯は追加料金が加算されて値段がさらに高くなる。テルアビブ中心街への所要時間は約30分程度だが、繁忙期などは渋滞に巻き込まれることもあるため、1時間程度かそれ以上の時間を要することもある。
なお当空港周辺にはホテルも多いことから、一部のホテルでは当空港とを結ぶ送迎サービスを行なっている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集