メインメニューを開く

ベン・コリンズ (レーサー)

イギリスのレーシングドライバー

ベン・リーヴズリー・コリンズ(Ben Lievesley Collins、1975年2月13日 - )は、イギリスレーシングドライバーイングランドブリストル出身。

レース実績よりも、むしろ後述するテレビ出演歴で有名なドライバーである。

略歴編集

1995年にイギリスのフォーミュラ・ヴォクスホール・ジュニアに参戦してレースデビュー。1996年から1998年にかけてはイギリスF3に参戦したほか、1999年にはインディ・ライツ2000年にはフランスF3に参戦しているが、目だった成績は残していない。2001年以後は主にスポーツカーレースへ散発的に参戦している。

2003年からは、英国放送協会(BBC)の人気自動車番組『トップ・ギア』において、ペリー・マッカーシーの後を継いで覆面ドライバーのザ・スティグ(2代目)役を務めていたが、2010年9月にイギリス国内で出版された自叙伝において、BBCとの契約に反して「自分がスティグの正体である」ことを明かしたため、BBCとの契約を打ち切られた。しかし、2011年7月放送のシリーズ17エピソード6に出演。”元”スティグと紹介され、番組中でも2代目スティグは彼であったことが公表された。

その後2010年10月には、『トップ・ギア』のライバル番組であるチャンネル5の『フィフス・ギア』の司会者陣に加入し、同番組でスティグ時代とよく似たテストドライバー役を務めている。

映画のスタントドライバーを務めることもあり、特に映画『007』シリーズでは『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』『007 スカイフォール』と3作品連続でスタントドライバーに起用されている[1]。奇しくも2012年11月には、前述の『トップ・ギア』が「ジェームス・ボンド50周年スペシャル」を放送することになり、同番組に「元スティグのスタントドライバー」として再び登場した。

著書編集

脚注編集

外部リンク編集