メインメニューを開く
ベン・E・キング

ベン・E・キングBenjamin Earl King、本名Benjamin Earl Nelson、1938年9月28日 - 2015年4月30日)はアメリカソウル歌手。「スタンド・バイ・ミー」のヒットで知られる。

略歴編集

ノースカロライナ州生まれ。1958年にリードシンガーとしてドリフターズに加入。「ダンス・ウィズ・ミー」、「ラストダンスは私に」などの数々のヒットを放つ。

1960年にドリフターズを脱退しソロ歌手に転向。1961年に「スタンド・バイ・ミー」の大ヒットを放った。この曲はスタンダードナンバーとしてジョン・レノンをはじめ多くの歌手にカバーされている。1986年には映画「スタンド・バイ・ミー」の主題歌に起用されてリバイバルヒットした。

ベン・E・キング・スタンド・バイ・ミー財団を設立し、慈善活動を行っていた。

2015年4月30日、ニュージャージー州ハッケンサックのハッケンサック大学メディカル・センター(Hackensack University Medical Center)で死去[1][2]。76歳没。「冠動脈に問題があった」とキングの代理人は述べたが詳しい死因には言及していない[3]ローリング・ストーン誌デイリー・メールデイリー・テレグラフは自然死と報じている[4][5][6]

ディスコグラフィ編集

オリジナル・アルバム編集

  • Spanish Harlem(1961年)
  • BEN E KING SINGS FOR SOULFUL LOVERS(1962年)
  • ドント・プレイ・ザット・ソング - Don't Play That Song(1962年)
  • Young Boy Blues(1964年)
  • Seven Letters(1965年)
  • What Is Soul(1967年)
  • Rough Edges(1970年)
  • The Beginning of It All(1972年)
  • Supernatural Thing(1975年)
  • I Had a Love(1976年)
  • Rhapsody(1976年)
  • Benny and Us(1977年)
  • Let Me Live in Your Life(1978年)
  • Music Trance(1980年)
  • Street Tough(1981年)
  • ラスト・ダンスは私に - SAVE THE LAST DANCE FOR ME(1987年)
  • マンハッタン・ブラザーズ - The Manhattan Brothers(1991年)
  • 愛しき人に - What's Important to Me(1992年)
  • Shades of Blue (1993年)
  • I Have Songs In My Pocket (1998年)
  • I've Been Around (2006年)
  • Dear Japan, 上を向いて歩こう(2011年)

ライヴ・アルバム編集

  • The Atlantic Family Live at Montreux(1977年)
  • Person to Person: Live at the Blue Note (2003年)

ベスト盤編集

  • スタンド・バイ・ミー ベスト・オブ・ベン・E・キング - THE ULTIMATTE COLLECTION BEN E. KING・STAND BY ME(1987年)
  • ベン・E.キング・スーパー・ヒット・コレクション(1992年)
  • アンソロジー - Anthology(1993年)
  • スタンド・バイ・ミー ベン・E.キング・ベスト・ヒッツ21(1994年)
  • ベン・E・キング・ベスト(2006年)

映像作品編集

  • Ben E・King IN CONCERT(2003年)

脚注編集

外部リンク編集