ベーカー島(Baker Island)は、北太平洋にあるアメリカ合衆国領の無人島合衆国領有小離島の1つ。

ベーカー島

概要編集

北緯0度13分 西経176度31分 / 北緯0.217度 西経176.517度 / 0.217; -176.517に位置し、面積は1.64 km2。海岸総延長は4.8 km。港湾設備無し。島内には第二次世界大戦中に建設された滑走路があるが、植生に覆われており既に使用できない。淡水は得られない。海鳥などの隠れ場所となっている。

アメリカ合衆国魚類野生生物局管轄で国立野生保護区に指定され、合衆国未編入地域領有小離島である。

標準時UTC-12を採用しており、地球上で最も遅く新しい1日が始まる地域の一つである。

 
魚類野生生物局によるベーカー島航空写真

歴史編集

  • 1818年 - アメリカのナンタケットの捕鯨船エクアトール号のイライシャ・フォルジャー船長が島を発見し、「ニューナンタケット」と呼ぶ。
  • 1825年 - 同じくナンタケットの捕鯨船ローパー号のオベド・スターバック船長も島を発見。
  • 1832年 -ニューベッドフォードの捕鯨船ギデオン・ハウランド号のマイケル・ベーカー船長が島を訪れ(1834年に訪れたとも)、自身の名前からベーカー島と命名。
  • 1855年 - 1832年以降、何度も島に訪れていたベーカー船長が島を領有宣言し、ベーカー船長はアメリカのグアノ会社を設立する団体に島を売却した。
  • 1857年 - ニューヨークのアメリカン・グアノ・カンパニーがハウランド島と共にベーカー島を所有。グアノ島法を利用しアメリカが領有。
  • 19世紀後半に、アメリカ、イギリスの会社により、グアノの採掘がおこなわれた。
  • 1935年 - ハウランド島とともに入植が試みられた。
  • 第二次世界大戦が開始されると島民は島外へ脱出し入植は結局放棄された。
  • 大戦中の1943年9月にはアメリカ軍により1,665 mの滑走路が建設され、空軍の出撃拠点の一つとして年末まで利用された。

外部リンク編集

 
ベーカー島の昼間標識