メインメニューを開く

ベータプロテオバクテリア綱(Betaproteobacteria)とは真性細菌プロテオバクテリア門の一つである。

ベータプロテオバクテリア綱 Betaproteobacteria
Burkholderia pseudomallei 01.jpg
病原性のベータプロテオバクテリア綱菌種Burkholderia pseudomalleiのコロニー。
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門 Proteobacteria
: ベータプロテオバクテリア綱 Betaproteobacteria

ベータプロテオバクテリア綱には75の属と220の種が在籍する[1]。非常に多様性があり、代謝特性、生存戦略、生息ニッチなどが異なる。一部の菌種は光合成能を有し、それ以外は無機物からエネルギーを取り出す 。多くの属種は土壌や水圏に存在し、それ以外は他の生物に寄生・感染し病原性を示す。

目次

代謝編集

ベータプロテオバクテリア綱内で代謝特性は非常に多様である。ロドシクルス属Rhodocyclus)など一部の属種は光合成能を有する[2]。それ以外の、硝酸菌のNitrosomonadales目といった多くの属種は無機物からエネルギーを取り出す。

系統発生編集

 
進化的関係に基づくベータプロテオバクテリア綱の系統発生図 [3]

ベータプロテオバクテリア綱はガンマプロテオバクテリア綱に最も近縁であり、かつて二綱でChromatibacteriaと呼ばれるタクソンであった 。現在、7つの目(Burkholderiales、Hydrogenophilales、Methylophilales、Neisseriales、Nitrosomonadales、RhodocyclalesおよびSulfuricellales)で構成されている。これに加えて、現在、アカントアメーバの内生生物のグループを新しい目に数える提案がなされている[4]

病原性編集

ベータプロテオバクテリア綱の多くの細菌は様々な真核生物に対して病原性を示す。これには人間への病原菌も含まれる。例えばナイセリア属Neisseria)のN. gonorrhoeaeN. meninngitidesはそれぞれ淋病髄膜炎を引き起こす。Bordetella pertussis百日咳の原因となる。植物病原菌には、タマネギ根腐れ原因菌Burkholderia cepaciaブドウの蔓の壊死原因菌Xylophilus ampelinusが知られている[3]

脚注編集

  1. ^ The Prokaryotes, Volume 5 - Proteobacteria: Alpha and Beta Subclasses (3 ed.). Springer. (2006). p. 15-18. doi:10.1007/0-387-30745-1. ISBN 9780387254951. 
  2. ^ Microbiology: An Evolving Science (3 ed.). W. W. Norton & Company. (2014). pp. 742-3. ISBN 9780393123678. 
  3. ^ a b The Prokaryotes, Volume 5 - Proteobacteria: Alpha and Beta Subclasses (3 ed.). Springer. (2006). p. 11. doi:10.1007/0-387-30745-1. ISBN 9780387254951. 
  4. ^ “Obligate bacterial endosymbionts of Acanthamoeba spp. related to the beta-Proteobacteria: proposal of 'Candidatus Procabacter acanthamoebae' gen. nov., sp. nov”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 52: 599–605. (2002). doi:10.1099/00207713-52-2-599. PMID 11931173. 

外部リンク編集