メインメニューを開く

ベーム式英語: Boehm System)は、もともとフルートのために作られたキーシステムで、ドイツのフルート奏者で楽器発明家でもあったテオバルト・ベームによって開発された。

ベーム自身によって開発されたものではないが、ベームのキーシステムに影響を受けてクラリネット属やサクソフォーン属に採用されたキーシステムも「ベーム式」と呼ばれている。

ベームはバスーンのキーシステムの改良も試み、またベームのキーシステムに影響を受けたオーボエも製造されたが、これらの楽器は現在でもベーム式以外のキーシステムが主流である。

関連項目編集