ペガサス (防護巡洋艦)

HMS Pegasus 1899 AWM 302233.jpeg
防護巡洋艦「ペガサス」
艦歴
発注 パルマーズ社造船所
起工 1896年5月
進水 1897年3月4日
就役 1899年
除籍
その後 1914年9月20日に戦没
性能諸元
排水量 常備:2,135トン
全長 95.55m
垂線長 91.44m
全幅 11.13m
吃水 4.88m
機関 リード式石炭専焼水管缶16基
+直立式3気筒3段膨張型レシプロ2基2軸推進
最大出力 自然通風:5,000hp
強制通風:7,000hp
最大速力 自然通風:18.5ノット
強制通風:20.0ノット
航続距離 -ノット/-海里
燃料 石炭:500トン
乗員 224名
兵装 アームストロング 10.2cm(45口径)単装速射砲8基
アームストロング 7.62cm(40口径)単装速射砲8基
4.7cm(43口径)単装機砲2基
35.6cm魚雷発射管2門
装甲 甲板:38~51mm(主甲板)
主砲:6mm(最厚部)
司令塔:76mm(最大厚)

ペガサス (HMS Pegasus) はイギリス海軍防護巡洋艦ピローラス級の1隻で、第一次世界大戦時にドイツ海軍により撃沈された艦である。

概要編集

本艦はイギリス海軍が自国の通商路保護と植民地警備を主任務とする小型の防護巡洋艦として設計・建造されたクラスである。

艦歴編集

1896年5月起工。1897年3月4日進水。1899年1月17日就役。就役後はアメリカ沿岸部に試験航海をし、その後は地中海、オーストラリア、中国、アフリカに派遣された。

第一次世界大戦中の1914年9月20日、タンザニアのザンジバル港に停泊して修理中であったペガサスはドイツ海軍の防護巡洋艦「ケーニヒスベルク」の奇襲攻撃を受け、約8分間に受けた攻撃でペガサスは大きな損害を受け、同日午後に転覆して沈んだ。この戦闘時に乗員の多くは陸上にあったために死者は38人で負傷者は88人で済んだ。戦闘後に病院船「ガスコン」とスコットランド籍の商船が救難にあたった。本艦の残骸から10.2速射砲6門が回収されて再利用がされた。沈没した船体は同大戦が終わっても遺棄され、処分が決まったのは第二次世界大戦後の1955年に500ポンドで解体業者に売却されて解体処分された。

関連項目編集

参考図書編集

  • 世界の艦船 1996年11月増刊 イギリス巡洋艦史」(海人社
  • 「光人社NF文庫 欧州海戦記―ヨーロッパ列強 海の主役22隻の航跡」(光人社
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906-1922」(Conway)

外部リンク編集