メインメニューを開く

ペコリーノ・サルドイタリア語: Pecorino sardo)はサルデーニャ島原産のイタリア羊乳チーズ。硬質チーズの一種であり、フィオーレ・サルドイタリア語: fiore sardo)の別名でも有名である。特に、サルデーニャン羊のから作られる。1991年デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ1996年原産地名称保護制度欧州連合(EU)のEU法が規定する、食料品の原産地名認定・保護のための制度)の指定を受けた[1]。イタリア本土ではなくサルデーニャ島で作られているため、ペコリーノ・ロマーノとはかなり異なった食感である。サルドはロマーノが持つ刺激性と塩味をより豊かにした物である。ペコリーノ・サルドはロマーノが持つ美味しさを超えて風味があるため、パルミジャーノ・レッジャーノ松の実と一緒に混ぜてペスト・ジェノヴェーゼというイタリア料理でよく使われるソースが作られる。

Pecorino Sardo (DOP)
Pecorino Sardo Cheese.jpg
原産地: イタリア
区分: チーズ
生産地域: サルデーニャ州
DOP/IGP承認: Reg. CE n.1263/96 (GUCE L. 163/96 del 02.07.1996)
保護協会: Consorzio di tutela

ペコリーノ・サルドは、ラムや子羊のレンネットを使用した新鮮なサルデーニャン羊のカードから作る非加熱の硬質チーズである。 カビをチーズの中に注入する事で、独特の風味が生まれる。サルデーニャ州中心部では海水の中にしばらく浸した後、カビを軽く燻し、地下室の冷蔵庫で熟成させる。最終製品は平均重量で3.5kgの塊となるが、製造過程の条件次第で、それより若干軽くなることも、重くなることもある。外皮は濃い黄色からダークブラウンに変色し、中身はからストローイエローに変わる。味の鋭さは、熟成期間によって異なる。アメリカ合衆国ではより熟成させて、硬質チーズとして扱われる。

ペコリーノ・サルドはロマーノのDOP指定地域でもあるサルデーニャ州を本場としているものの、ロマーノやペコリーノ・トスカーノに比しても、イタリア国外での知名度は低い。それは、ペコリーノ・サルドの中にチーズバエを入れて作られるカース・マルツゥの材料という認識が強いからでもある。

脚注編集

  1. ^ ‘Pecorino sardo Dop, (イタリア語)SardegnaAgricoltura, (Regione Autonoma della Sardegna, 2009).

関連項目編集