メインメニューを開く

ペッパー・ゴメスPepper Gomez、本名:José Serapio Palimino Gomez1927年4月21日 - 2004年5月6日[4])は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州ロサンゼルス出身。

ペッパー・ゴメス
プロフィール
リングネーム ペッパー・ゴメス
ポール・ゴメス
本名 ホセ・セラピオ・パリミノ・ゴメス
ニックネーム 弾丸豹[1]
The Man with the Cast Iron Stomach[2][3]
身長 173cm[1]
体重 100kg(全盛時)[1]
誕生日 (1927-04-21) 1927年4月21日[4]
死亡日 (2004-05-06) 2004年5月6日(77歳没)[4]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
ロサンゼルス郡ロサンゼルス[4]
スポーツ歴 ボディビルディング[5]
アメリカンフットボール[6]
トレーナー ミゲル・グズマン[2]
デビュー 1953年[2]
引退 1982年[4]
テンプレートを表示

メキシコ系アメリカ人ベビーフェイスとして、メキシコ系移民の多い地元のカリフォルニアやテキサスを主戦場に活躍した[7]。日本では「ペッパー・ゴメッツ」とも表記された。

来歴編集

ロサンゼルス・シティー・カレッジではアメリカンフットボールフルバックとして活躍[6]1947年より、ボディビルダーとしての活動を開始[3]AAU主催の各コンテストにおいて幾度もの上位入賞を果たし、1950年にはサンタモニカでの "Mr Muscle Beach" にて優勝を収めた[5]

1953年1月、メキシコ人プロレスラーのミゲル "ブラック" グズマンのトレーニングのもと、テキサス州エルパソにてデビュー[2]オレゴンおよびワシントン州カナダバンクーバーなど太平洋岸北西部にも出場してキャリアを重ね、エルパソ地区では1954年9月6日、ゴリー・ゲレロと組んでNWAサウスウエスト・ステーツ・タッグ王座を獲得した[8]

その後、ダラスヒューストンなどテキサスの東部地区を主戦場とし、1955年8月5日にミスター・モトからNWAテキサス・ヘビー級王座を奪取[9]。以降、デューク・ケオムカバディ・ロジャースジン・ケリー(ジン・キニスキー)トシ東郷ドン・マノキャンアンジェロ・ポッフォビル・ワットジョニー・バレンタインらを破り、1971年にかけて同王座を通算15回獲得した[9]

1960年代に入り、長年のホームリングとなるサンフランシスコ地区に進出。1962年7月にフレッド・ブラッシーを破り、空位となっていたUSヘビー級王座を獲得する[10]。以降も同地区では、ホセ・ロザリオペドロ・モラレスピーター・メイビアロッキー・ジョンソンらをパートナーに、レイ・スティーブンス&パット・パターソンキンジ渋谷&マサ斎藤などのチームを破り、世界タッグ王座も再三獲得[11]。スティーブンスとの抗争劇はドル箱カードとなり、同地区の常打ち会場だったカウ・パレス(Cow Palace)に記録的な大観衆を集めた[2]

1969年4月には日本プロレスに来日。ボボ・ブラジルゴリラ・モンスーンクリス・マルコフボビー・ダンカンらと共に『ワールドリーグ戦』の第11回大会に出場した[12]。対日本陣営ではジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎坂口征二吉村道明には敗退したものの、星野勘太郎山本小鉄大熊元司からは勝利を収めた[12]

以降、1970年代もサンフランシスコを主戦場としつつ、他地区にも参戦。インディアナポリスWWAでは1974年5月4日、ウイルバー・スナイダーと組んでジミー&ジョニーバリアント・ブラザーズからWWA世界タッグ王座を奪取[13]1975年5月17日にはフロリダにて、モンゴリアン・ストンパーを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得[14]。同年11月29日にはインディアナポリスにおいて、オックス・ベーカーを下してWWA世界ヘビー級王座にも戴冠、翌1976年5月1日にマスクド・ストラングラーに奪取されるまで保持した[15]。本拠地のサンフランシスコでは1977年6月15日、アル・マドリルをパートナーにボブ・ループ&アレックス・スミルノフを下してNWA世界タッグ王座に返り咲き、同王座への通算7回目の戴冠を果たした[11]

1970年代末はWWAに主戦場を移し、1978年12月2日にはスナイダーとのコンビでバリアント兄弟からWWA世界タッグ王座を再び奪取。これが最後のタイトル獲得となり、翌1979年4月1日にロジャー・カービー&イゴール・ボルコフに敗れるまで保持した[13]。戴冠中の2月10日には、WWAとAWAシカゴのインターナショナル・アンフィシアターにて定期的に開催していた合同興行において、サンフランシスコ時代からの因縁を持つスティーブンス&パターソンが保持していたAWA世界タッグ王座に、WWAの総帥ディック・ザ・ブルーザーと組んで挑戦している[16]。セミリタイア後の1981年は、カリフォルニア州オークランドにおけるAWAのハウス・ショーに時折出場していた[17]

引退後はサンフランシスコのフィッシャーマンズ・ワーフにてレストランを経営していた[6]2004年5月6日、腹部感染症により77歳で死去[4][6]

追記編集

小柄ながら頑強な肉体の持ち主で、自分の腹の上にフォルクスワーゲンの片輪を走行させたり、ラダーの上からのフット・スタンプを腹で受け止めたりするなどのデモンストレーションを行い、"The Man with the Cast Iron Stomach" の異名で呼ばれた[2][3]1959年から1960年にかけてはモントリオールオタワシカゴボストンなど各地でキラー・コワルスキーと抗争を展開したが、コワルスキーはゴメスの強靱な腹筋に手を焼き、得意技のストマック・クローを決めることができなかったという[2][7]

得意技編集

獲得タイトル編集

ビッグタイム・レスリング(バンクーバー)
  • ノースウエスト・タッグ王座:3回(w / Johnny Demchuck×2、Ivan Kameroff)[18]
ウエスタン・アスレティック・クラブ
  • パシフィック・コースト・ジュニアヘビー級王座:1回[19]
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
サウスウエスト・スポーツ・インク / NWAビッグタイム・レスリング
アメリカン・レスリング・アライアンス / NWAサンフランシスコ
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / Black Gordman)[22]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):1回[14]
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
  • WWA世界ヘビー級王座:1回[15]
  • WWA世界タッグ王座:2回(w / ウイルバー・スナイダー)[13]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P309(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g Pepper Gomez dies”. SLAM! Sports (May 6, 2004). 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ a b c Gallery of Ironmen: Pepper Gomez”. Iron Man Magazine (November 1, 2004). 2017年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Joseph "Pepper" Gomez”. Find a Grave. 2017年2月26日閲覧。
  5. ^ a b Pepper Gomez”. Muscle Memory. 2017年2月26日閲覧。
  6. ^ a b c d 'Pepper' Gomez -pro wrestler with famously tough stomach”. SF Gate (May 8, 2004). 2017年2月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e Pepper Gomez”. Online World of Wrestling. 2017年2月26日閲覧。
  8. ^ a b NWA Southwest States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  9. ^ a b c NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  10. ^ a b United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  11. ^ a b c World Tag Team Title [San Francisco 1960s - 1970s]”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  12. ^ a b JWA 1969 The 11th Annual World League”. Puroresu.com. 2017年2月26日閲覧。
  13. ^ a b c WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  14. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  15. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  16. ^ The AWA matches fought by Pepper Gomez in 1979”. Wrestlingdata.com. 2017年2月26日閲覧。
  17. ^ The AWA matches fought by Pepper Gomez in 1981”. Wrestlingdata.com. 2017年2月26日閲覧。
  18. ^ Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  19. ^ Pacific Coast Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  20. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  21. ^ NWA World Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。
  22. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年2月26日閲覧。

外部リンク編集