メインメニューを開く

ペティコート作戦』(ぺてぃこーとさくせん、Operation Petticoat)は1959年アメリカ映画。『ペチコート作戦』と表記されることも多い。

ペティコート作戦
Operation Petticoat
監督 ブレイク・エドワーズ
原作 ポール・キング
モーリス・リッチマン
製作 ロバート・アーサー
音楽 ジョセフ・ガーシェンソン
撮影 ラッセル・ハーラン
配給 ユニヴァーサル
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年12月5日
日本の旗 1959年12月19日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

主演はケーリー・グラント。元々グラントのファンであったトニー・カーティスが、『Destination Tokyo英語版[1]』のようなグラントが潜望鏡を見つめる映画を作ることを提案した。そのためか、カーティスはグラントとの共演をとても楽しんでいたという[2]

目次

ストーリー編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS 日本テレビ
シャーマン ケーリー・グラント 中村正 小笠原良知
ホールデン大尉 トニー・カーティス 広川太一郎
バーバラ ダイナ・メリル 武藤礼子 沢田敏子
ドロレス ジョーン・オブライエン 坪井章子
サム アーサー・オコンネル 八奈見乗児

スタッフ編集

テレビシリーズ編集

アメリカでは、ABCにて1977年9月4日に本作をリメイクしたテレビ映画が放映され、その続編となるドラマが2シーズン、1977年9月17日から1978年10月16日まで放映された。

キャスト編集

出典編集

  1. ^ 1943年に公開されたグラント主演の映画。東京空襲を成功させるというプロパガンダ映画の要素が含まれているためか、日本では未公開。
  2. ^ "Private Screenings: Tony Curtis". Turner Classic Movies, January 19, 1999.

外部リンク編集