ペテルゴフ(ロシア語: Петерго́ф, 英語: Peterhof)はロシアサンクトペテルブルクペトロドヴォレツォヴヌイ区(ru:Петродворцовый район Санкт-Петербурга)にある町である。ドイツ語で「ピョートルの邸宅」の意。

ペテルゴフの住宅街
ペテルゴフ宮殿
聖使徒ペトル・パウェル大聖堂
New Peterhof駅

概要編集

サンクトペテルブルク中心部から西に約29km離れた、フィンランド湾の南岸に位置している。ペテルゴフ宮殿やサンクトペテルブルク大学の2つのキャンパスのうち1つがある。

サンクトペテルブルクのベッドタウンとなっており人口が増加しているが、歴史的景観を保護するため開発が制限された地区がある。

歴史編集

町は1705年ピョートル1世によって開かれた。フィンランド湾に面した景勝地でロシアの歴代皇帝の宮殿や別荘が建てられた。

第二次世界大戦中の1944年1月27日、ドイツ語を語源とする「ペテルゴフ」の町名は「ペトロドヴォレツ」(ロシア語: Petrodvoréts)に変更され、ソビエト連邦の解体まで続いた。そして1997年、元の「ペテルゴフ」に戻された。

戦時中はドイツ軍の上陸地点となったため、町の建物は大きな被害を受けた。復興が終わったのは実に1990年代になってからである。

経済編集

1721年に宝石大理石の細工工場が建設され、大勢の職人が集められた。これは宮殿の内部を飾り付けるためだった。1920年代に工場は時計の装飾を手掛けるようになり、第二次世界大戦後には時計の製造の全工程を行うようになった。1961年からは「Rocket」のブランド名で出荷されていた。1981年には7500人の従業員がいたが、現在では生産規模は大幅に縮小されている。

観光編集

下記の2つはともに「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」として世界遺産に登録されている。

ペテルゴフ宮殿とその庭園編集

ペテルゴフ宮殿)(ピョートル大帝の夏の宮殿)とその噴水庭園はロシアを代表する観光地のひとつである。ピョートル1世の命により当時の先端技術を投入されて建設されたもので、ベルサイユ宮殿の影響が見られる。

歴史地区編集

ペテルゴフ町内のNew Peterhof地区には多くの歴史的建造物が残されている。以下はその代表的なものである。

  • Cathedral of Peter and Pavel - 1904年に竣工した高さ60mの聖堂。ペテルゴフ宮殿「上の庭園」入口から徒歩5分。1935年に閉鎖されたが、1985年から1990年にかけて修復された。
  • New Peterhof駅 - 1857年に竣工。ロシア最古級の駅舎である。小規模だがトレインシェッドを備えている。

科学・教育編集

サンクトペテルブルク大学による科学教育コンプレックス、海軍無線技術研究所などがある。2005年7月23日、ロシア連邦科学都市の第1号に認定された。

交通編集

航路編集

水中翼船が、エルミタージュ美術館近くの船着場とペテルゴフ宮殿「下の庭園」の桟橋との間を往復している。所要35分。ネヴァ川が凍結しない期間(おおよそ5月頃から10月頃まで)に限って運行される。「下の庭園」が有料であるため、下船するにはその入園料が必要となる。

鉄道編集

町内にはバルチック線(Baltic line)のNew Peterhof駅Old Peterhof駅University駅の3つの鉄道駅がある。これらの駅からサンクトペテルブルクのバルチスキー駅までエレクトリーチカ(近郊電車)で所要約45分。運転間隔は15~30分。バルチスキー駅でサンクトペテルブルク地下鉄1号線バルチースカヤ駅に接続している。

ペテルゴフ宮殿「上の庭園」入口からNew Peterhof駅まで徒歩30分(約2km)。

路線バス編集

サンクトペテルブルク地下鉄1号線Avtovo駅からペテルゴフ宮殿「上の庭園」入口まで路線バスで所要約60分。

姉妹都市編集

外部リンク編集

座標: 北緯59度53分00秒 東経29度54分00秒 / 北緯59.88333度 東経29.90000度 / 59.88333; 29.90000