ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』(ペテンしとサギし だまされてリビエラ、Dirty Rotten Scoundrels)は、1988年アメリカ合衆国コメディ映画。 大富豪の有閑夫人を相手に詐欺を働くベテラン詐欺師と、ちんけな若手詐欺師の詐欺合戦を描いたコメディ映画である本作は南フランスのリゾート地であるコート・ダジュールリヴィエラ)が舞台で、デヴィッド・ニーヴンマーロン・ブランド1964年に製作された『寝室ものがたり英語版』のリメイク作品でもある。監督はリメイク版『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』や『スター・ウォーズ』のヨーダの声などで知られるフランク・オズが務め、ベテランのイギリス人詐欺師をマイケル・ケイン、アメリカ人詐欺師をスティーヴ・マーティンが演じた。

ペテン師とサギ師
だまされてリビエラ
Dirty Rotten Scoundrels
監督 フランク・オズ
脚本 デイル・ローナー
スタンリー・シャピロ
ポール・ヘニング
製作 バーナード・ウィリアムズ
出演者 スティーヴ・マーティン
マイケル・ケイン
グレン・ヘドリー
音楽 マイルズ・グッドマン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 スティーヴン・A・ロッター
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月14日[1]
日本の旗 1989年4月1日[1]
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

2005年にはブロードウェイミュージカルペテン師と詐欺師』としてリメイクされている。

あらすじ編集

ベテラン詐欺師のローレンス(マイケル・ケイン)は、紳士な見た目を武器にお金持ちのマダムを相手に詐欺を働くプロだった。その夜も正装してカジノ場へ赴き、アメリカから来たという有閑マダムを相手に自身はある国の王子だと嘘をついて、まんまと詐欺に成功する。

一仕事終え、列車で帰路に就くローレンス。すると突然彼の個室にフレディと名乗る男(スティーヴ・マーティン)が入って来た。ローレンスはそのすぐ前にフレディが食堂車で若い女性相手に安っぽい詐欺を働く所を目撃しており、フレディの行き先が自身の縄張りである南仏のコート・ダジュールであることを知ると、女たらしっぽいフレディの性格を利用して自分が降りる駅で下車しないように細工する。厄介者が消え去ったと胸をなでおろすのも束の間、翌日フレディがコート・ダジュールに現れた。人民共済資金の調達を口実に詐欺を働くフレディの存在に焦ったローレンスだったが、結局自分が詐欺師であることまでもフレディにバレてしまう。フレディの存在を邪魔に感じたローレンスは、たまたま居合わせたホテルにチェックインしようとしていたアメリカ人女性のジャネット(グレン・ヘドリー)を相手に自分とフレディのどちらが先に5万ドルを巻き上げるかで勝負して、フレディを追い出そうとする。

キャスト・スタッフ編集

出演者編集

※括弧内は日本語吹替キャスト(テレビ東京版)

※テレビ東京版初回放送:1999年7月20日『午後のロードショー

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b Release Info”. 2015年5月12日閲覧。

外部リンク編集