ペトラ・ハメスファール

ペトラ・ハメスファール(Petra Hammesfahr、1951年5月10日 - )は、ドイツ小説家推理作家脚本家。女性。ドイツ西部のノルトライン=ヴェストファーレン州ティッツ生まれ。ケルン郊外のケルペン在住。ドイツでは「ケルンのアガサ・クリスティー」、「ライン河畔の女性版スティーヴン・キング」などと呼ばれている。

ペトラ・ハメスファール
(Petra Hammesfahr)
誕生 (1951-05-10) 1951年5月10日(73歳)
ドイツの旗 ドイツ ティッツ
職業 小説家脚本家
言語 ドイツ語
国籍 ドイツの旗 ドイツ
ジャンル 推理小説
代表作 『記憶を埋める女』(1999)
主な受賞歴 ドイツ女性推理作家賞(2000)
ブルクドルフ・ミステリ賞(2002)
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
2008年

略歴 編集

17歳で小説を書き始める。1991年にサイコスリラー小説『男たちを愛した女』(未訳 Die Frau, die Männer mochte)でデビュー。1993年に発表したサイコスリラー小説『静かな男ゲナルディ』(未訳 Der stille Herr Genardy)で脚光を浴びる。この作品は映画化もされた。1995年に『ガラスの空』(未訳 Der gläserne Himmel)でライン文学賞ドイツ語版を受賞。その後、1999年発表の『記憶を埋める女』(Die Sünderin)が大ヒットとなり、人気ミステリ作家としての地位を確固たるものとする。同年発表の『人形を埋める男』(未訳 Der Puppengräber)、翌2000年発表の『母親』(未訳 Die Mutter)も相次いでベストセラーになった。『母親』は同年、第1回ドイツ女性推理作家賞ドイツ語版を受賞している。

2002年にはスイスのミステリ賞であるブルクドルフ・ミステリ賞ドイツ語版を受賞。小説を多数発表しているほか、映画やテレビドラマの脚本家としても活躍している。

娘のミヒャエラ・F・ハメスファール(Michaela F. Hammesfahr、1969年生まれ)は2010年にファンタジー作家としてデビューした。

2017年に『Die Sünderin』が『The Sinner』のタイトルでアメリカでドラマ化され、2018年にシーズン2が放映された(en:The Sinner (TV series))。日本ではネットフリックスの『The Sinner 記憶を埋める女』『The Sinner 隠された理由』として放映された[1]。2021年11月18日、同年12月1日に最終回を迎えるシーズン4で打ち切りが決まった事が発表された。

日本語訳作品 編集

脚注 編集

  1. ^ The Sinner 隠された理由 Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

参考文献 編集

  • 福本義憲「九〇年代のドイツ・ミステリ」(『ミステリマガジン』1999年3月号)
    • 「90年代のドイツ・ミステリー」のタイトルで福本義憲「ドイツ・ミステリーの館『青猫亭』」に再掲[1]
  • ペトラ・ハメスファール『記憶を埋める女』(2002年11月、学習研究社) 訳者あとがき(畔上司)

未訳作品の日本語タイトルは上記の文献に従った。

関連項目 編集