ペトル・パルレーシュ

ペトル・パルレーシュ(Petr Parléř、1333年1399年7月13日) は、中世ボヘミア建築家

ペトル・パルレーシュ
Petr Parléř
Peter Parler triforium bust.01.jpg
生誕 1333年????
シュヴェービッシュ・グミュント
死没 1399年7月13日
プラハ
別名Petrus de Gemunden, Peter von Gemünd, Peter Parler
職業建築家

生涯

神聖ローマ帝国シュヴェービッシュ・グミュントで誕生した[1]。父のハインリヒはドイツのケルン大聖堂で石工として働いていた。パルレーシュはシュヴェービッシュ・グミュントで育ち、見習いとして学ぶ。パルレーシュは徒弟制度を終えて、フランスパリを訪れてさらにストラスブールにも滞在した。現地でノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂を見聞して研究して、ゴシック様式など大いに感化された。パルレーシュはケルンで働き、現地で建築家の娘ゲルトルートと結婚した。息子のヴェンツェル・パルレーシュとヨハン・パルレーシュはのちに建築家になった。

ドイツのニュルンベルクで神聖ローマ皇帝カール4世 (神聖ローマ皇帝)の主導のもと、パルレーシュは父とともに聖母教会の建築に関与した。それからニュルンベルク近郊のラウフ・アン・デア・ペグニッツでラウフ城の建設にも寄与した。ほどなくして神聖ローマ皇帝カール4世はパルレーシュの能力に注目して気に入って、ボヘミア王国の首都プラハに招いた[2]。カール4世はプラハを大改造するためにパルレーシュを任命した[3]

フランス人であったアラスのマティアが聖ヴィート大聖堂の建設を担当していたが、途中で死去したためパルレーシュは聖ヴィート大聖堂の建設を引き継いだ。

1357年にカール4世はパルレーシュにヴルタヴァ川に新しい橋を建設するように命令して、1402年にカレル橋は完成した。パルレーシュはさらにティーン教会や祭壇、旧市街地に塔やホールを建設した。またクトナー・ホラの聖バルボラ教会や、カルルシュテインのカルルシュテイン城にも関与した。

パルレーシュはプラハの市民権を得て、1399年にプラハで死去した。遺骸は聖ヴィート大聖堂に埋葬された。

チェコのクレチ天文台で1988年にアントニーン・ムルコスが発見した小惑星パルレーシュ (小惑星)は彼の名に因む。

作品

脚注

外部リンク