ペドロ・ムニョス

ペドロ・ムニョスPedro Munhoz1986年9月7日 - )は、ブラジル男性総合格闘家サンパウロ州サンパウロ出身。アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス在住。アメリカン・トップ・チーム所属。元RFAバンタム級王者。UFC世界バンタム級ランキング8位[2]

ペドロ・ムニョス
基本情報
本名 ペドロ・エンリケ・ロペス・ムニョス
(Pedro Henrique Lopes Munhoz)
通称 ザ・ヤング・パニッシャー
(The Young Punisher)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1986-09-07) 1986年9月7日(34歳)[1]
出身地 サンパウロ州サンパウロ[1]
所属 ブラック・ハウス
キングスMMA
アメリカン・トップ・チーム
身長 168cm
体重 61kg
リーチ 165cm
階級 バンタム級
バックボーン 空手柔道ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

来歴編集

4歳から空手を始め、小学生になると柔道も始めた。13歳からマルコ・バルボーザの下でブラジリアン柔術を学び、2009年総合格闘技デビュー[3]

RFA編集

2013年8月16日、RFAバンタム級王座決定戦でジェフ・カランと対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2014年1月24日、RFAバンタム級タイトルマッチでキャリア7戦全勝のビリー・ダニエルズと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め初防衛に成功した。

UFC編集

2014年2月22日、UFC初参戦となったUFC 170でバンタム級ランキング3位のハファエル・アスンソンと対戦し、0-3の判定負けを喫しキャリア初黒星となった。

2016年7月7日、 UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarezでラッセル・ドーンと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年11月19日、UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2ジャスティン・スコギンズと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年10月28日、UFC Fight Night: Brunson vs. Machidaでバンタム級ランキング13位のロブ・フォントと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年3月3日、UFC 222でバンタム級ランキング8位のジョン・ドッドソンと対戦し、1-2の判定負け。

2018年8月4日、UFC 227でバンタム級ランキング14位のブレット・ジョーンズと対戦し、判定勝ち。

2018年11月30日、The Ultimate Fighter 28 Finaleでバンタム級ランキング14位のブライアン・キャラウェイと対戦し、TKO勝ち。

2019年3月2日、UFC 235でバンタム級ランキング2位のコーディ・ガーブラントと対戦。壮絶な打撃戦を繰り広げ、右フックでダウンを奪い、パウンドで1RKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年6月8日、UFC 238: Cejudo vs. Moraesでバンタム級ランキング3位のアルジャメイン・スターリングと対戦し、0-3の判定負け。

2020年8月22日、UFC on ESPN: Munhoz vs. Edgarで元UFC世界ライト級王者のフランク・エドガーと対戦し、1-2の5R判定負け。2連敗となったものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2021年2月27日、UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Ganeでバンタム級ランキング9位のジミー・リベラと再戦し、3-0の判定勝ち。リベンジに成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 5 8 6 0 0 1
5 0 0 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジミー・リベラ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Rozenstruik vs. Gane 2021年2月27日
× フランク・エドガー 5分5R終了 判定1-2 UFC on ESPN 15: Munhoz vs. Edgar 2020年8月22日
× アルジャメイン・スターリング 5分3R終了 判定0-3 UFC 238: Cejudo vs. Moraes 2019年6月8日
コーディ・ガーブラント 1R 4:52 KO(右フック→パウンド) UFC 235: Jones vs. Smith 2019年3月2日
ブライアン・キャラウェイ 1R 2:39 TKO(ボディへの前蹴り→パウンド) The Ultimate Fighter 28 Finale 2018年11月30日
ブレット・ジョーンズ 5分3R終了 判定3-0 UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2 2018年8月4日
× ジョン・ドッドソン 5分3R終了 判定1-2 UFC 222: Cyborg vs. Kunitskaya 2018年3月3日
ロブ・フォント 1R 4:03 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Brunson vs. Machida 2017年10月28日
ダミアン・スタシアク 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Gustafsson vs. Teixeira 2017年5月28日
ジャスティン・スコギンズ 2R 1:55 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Bader vs. Nogueira 2 2016年11月19日
ラッセル・ドーン 1R 2:08 ギロチンチョーク UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez 2016年7月7日
× ジミー・リベラ 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Belfort vs. Henderson 3 2015年11月7日
ジェロッド・サンダース ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC Fight Night: MacDonald vs. Saffiedine 2014年10月4日
マット・ホーバー 1R 2:47 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonado 2014年5月31日
× ハファエル・アスンソン 5分3R終了 判定0-3 UFC 170: Rousey vs. McMann 2014年2月22日
ビリー・ダニエルズ 1R 0:41 ギロチンチョーク RFA 12: Oretga vs. Koch
【RFAバンタム級タイトルマッチ】
2014年1月24日
ジェフ・カラン 5分5R終了 判定2-1 RFA 9: Munhoz vs. Curran
【RFAバンタム級王座決定戦】
2013年8月16日
ミッチ・ジャクソン 1R 4:49 ギロチンチョーク RFA 8: Pettis vs. Pegg 2013年6月21日
ビル・カマリー 1R 2:27 ヒールフック RFA 5: Downing vs. Rinaldi 2012年11月30日
カミロ・ゴンザレス 2R 1:21 ギロチンチョーク Respect in the Cage 2011年7月30日
リチャード・モンタルボ 2R 2:31 リアネイキッドチョーク MMA Xplosion: International Team Challenge 2011年1月29日
マウロ・ブレンズ 3分3R終了 判定3-0 Respect in the Cage 2010年10月9日
パブロ・アルフォンソ 5分3R終了 判定3-0 Jungle Fight 18: Sao Paulo 2010年3月20日
ホベルト・マツモト 2R終了時 TKO(棄権) Eagle Fighting Championship 2009年9月26日
へジナウド・ヴィエイラ 2R 3:35 ギブアップ(パンチ連打) Full Fight 1 2009年3月21日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジェフ・カラン 20分終了 時間切れ Metamoris The Underground 2015年8月14日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ペドロ・ムニョス”. UFC JAPAN. 2017年6月10日閲覧。
  2. ^ ランキング”. UFC JAPAN. 2019年10月14日閲覧。
  3. ^ 【Interview】RFAバンタム級王者、空手ベースの柔術家ムニョス MMAPLANET 2013年12月3日
  4. ^ 【RFA09】ムニョスがカーランの技巧を押し切りバンタム級王者に MMAPLANET 2013年8月17日

関連項目編集

外部リンク編集