ペドロ・モラレス

ペドロ・モラレスPedro Morales1942年10月22日 - 2019年2月12日)は、アメリカ合衆国プロレスラープエルトリコクレブラ島の出身だが、少年期に家族と共にニューヨークブルックリンに移住。主にWWWFおよびWWFで活躍していた。ニックネームは「ラテンの魔豹」。

ペドロ・モラレス
ペドロ・モラレスの画像
プロフィール
リングネーム ペドロ・モラレス
ニックネーム ラテンの魔豹
身長 178cm
体重 107kg - 110kg
誕生日 (1942-10-22) 1942年10月22日
死亡日 (2019-02-12) 2019年2月12日(76歳没)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
クレブラ島
デビュー 1958年[1]
引退 1987年
テンプレートを表示

ドロップキックの名手として知られ、日本では彼がジャイアント馬場に、この技を教え32文ロケット砲が誕生したというエピソードでも有名[2]

来歴編集

1958年11月、WWWFの前身団体であるキャピトル・レスリング・コーポレーションにてデビュー[1]。WWWF発足期の1963年には、バディ・ロジャースが保持していた世界ヘビー級王座にも挑戦した[3]ドロップキックを得意としていたように、若い頃は華麗な空中殺法の使い手として鳴らした。

その後、彼のスター性に目をつけたフレッド・ブラッシーの仲介で、ブラッシーのホームリングだったロサンゼルスWWAに移籍。同団体のスター選手となり、1965年3月12日にザ・デストロイヤーからWWA世界ヘビー級王座を奪取[4]。WWA世界タッグ王座も1966年6月から1967年12月にかけて、ブラッシー&バディ・オースチンカール・ゴッチ&マイク・デビアスなどのチームを破り、パートナーを代えつつ通算6回に渡って獲得した[5]。その後も西海岸および太平洋エリアでの活動を続け、1969年11月4日にはハワイホノルルジン・キニスキーからNWA北米ヘビー級王座を奪取している[6]

1971年ブルーノ・サンマルチノに替わる新しいニューヨークの主役として、ビンス・マクマホン・シニアに呼び戻されWWWFに復帰。同年2月8日、マディソン・スクエア・ガーデンイワン・コロフを下し、第4代WWWF世界ヘビー級王者となる[7][8]。以後、プエルトリカンのヒーローとして、イタリア系のサンマルチノと同様、ニューヨークに住む同郷の移民からの熱狂的な支持を集めた。1972年9月30日には、サンマルチノを挑戦者にシェイ・スタジアムで防衛戦を行った(深夜23時以降の興行を禁止する州条例により、75分時間切れ引き分け)[9]。その後も防衛戦を続け長期政権を築いたが、1973年12月1日、スタン・スタージャックに敗れて王座から陥落した[8]

1974年にWWWFを離れ、NWAサンフランシスコ地区やフロリダ地区、AWAなどで活躍。サンフランシスコではピーター・メイビアパット・パターソンと共闘して、ムーンドッグ・メインアンジェロ・モスカザ・ブルートらと抗争[10]。AWAでは1977年上期にニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に再三挑戦[11]、盟友のメイビアと組んでブラックジャック・ランザ&ボビー・ダンカンAWA世界タッグ王座にも挑戦している[12]

フロリダでは因縁のコロフやパターソン、ディック・スレーターラーズ・アンダーソンなどを抗争相手に南部ヘビー級王座やTV王座を争った[13][14]。1977年9月1日にはマイアミに遠征してきた新WWWF王者スーパースター・ビリー・グラハムに挑戦し、10月にはセントピーターズバーグウェストパームビーチにてハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦[15]。黒人レスラーのロッキー・ジョンソンとのコンビでも人気を博し、1977年9月にコロフ&パターソン、1978年1月にコロフ&ミスター・サイトーを破りフロリダ・タッグ王座を2度獲得している[16]

1980年よりWWFに戻り、8月9日の『ショーダウン・アット・シェイ』ではWWF王者ボブ・バックランドと組んでワイルド・サモアンズからWWFタッグ王座を奪取[7][17]。同年12月8日にはケン・パテラを下してIC王座にも戴冠[18]。WWE王座、IC王座、タッグ王座をすべて制覇した最初の選手となった。IC王座は1981年6月20日にドン・ムラコに敗れて一時陥落するも、11月23日に奪還に成功、以降1983年1月22日に再びムラコに奪われるまで、長期間に渡って保持した[18]

IC王座陥落後はプエルトリコに凱旋し、カルロス・コロンの主宰するWWCにて活動。1983年4月30日にはコロンとのコンビでメディックス(ホセ・エストラーダ&ジョニー・ロッズ)を破り、WWC世界タッグ王座を獲得[19]。シングルでは同年6月25日にバディ・ランデル1984年3月23日にスウィート・ダディ・シキから北米ヘビー級王座を奪取している[20]

1985年ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下となったWWFに復帰。ニューヨーク、カリフォルニア、フロリダなど、かつての主戦場を中心に全米サーキットへ参加した。1986年4月7日の『レッスルマニア2』ではシカゴ大会で行われたバトルロイヤルに出場し、7万人を超える大観衆を動員した同年8月28日の『ザ・ビッグ・イベント』では "キング" ハーリー・レイスと対戦している[21]1987年の引退後は、WWFのスペイン語放送のカラー・コメンテーターも務めた[7]1995年には長年の功績をたたえ、WWF殿堂に迎えられた[7]

晩年はパーキンソン病を患い、2019年2月12日に死去[22]。76歳没。

日本での活躍編集

1966年3月、WWA世界ヘビー級王者として日本プロレスの『第8回ワールドリーグ戦』に初来日。日本陣営との公式戦ではジャイアント馬場には敗れるも、キム・イルとは引き分け、吉村道明芳の里上田馬之助ミツ・ヒライミスター・モトからは勝利を収め、外国陣営ではウイルバー・スナイダーに次ぐ2位の戦績を残した[23]

8年ぶりの来日となる1974年5月には、当時WWWFと提携していた全日本プロレスの『MSGシリーズ』に、ゴリラ・モンスーンスパイロス・アリオンらと共に参戦。WWWFの代表選手として、シリーズ最終戦の6月13日、東京都体育館において馬場とPWFヘビー級王座・MSG杯を争った[24]

1976年4月、WWWFの新しい提携先となった新日本プロレスに初参戦し、新日本版の『第3回ワールドリーグ戦』に出場。全勝で優勝戦に進出して、坂口征二に敗れるも準優勝の戦績を収めた[25]。リーグ戦ではキラー・カール・クラップを相手に流血戦も演じた。リーグ戦終了後の5月13日にはWWA時代からの盟友ビクター・リベラと組んで、坂口&ストロング小林が保持していた北米タッグ王座にも挑戦している[25]

以降も新日本プロレスに度々登場して、1978年7月24日に広島県立体育館1979年12月4日に大阪府立体育館において、アントニオ猪木NWFヘビー級王座に2回挑戦した[26][27]。1979年の来日時には、前述の『ショーダウン・アット・シェイ』に先駆けてバックランドとの新旧WWF王者コンビやダスティ・ローデスとのドリーム・チーム、さらにはタイガー・ジェット・シンとの異色タッグも実現した[28]1985年5月の『IWGP&WWFチャンピオン・シリーズ』への特別参加が現役最後の来日となった[29]

得意技編集

獲得タイトル編集

 
WWWFヘビー級王者時代
ワールドワイド・レスリング・アソシエーツ
WWWF / ワールド・レスリング・フェデレーション
NWAサンフランシスコ
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・レスリング・カウンシル

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ a b Pedro Morales”. Wrestlingdata.com. 2015年4月12日閲覧。
  2. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P15(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ The WWE matches fought by Pedro Morales in 1963”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  4. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  5. ^ a b WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  6. ^ a b NWA North American Heavyweight Title [Hawaii]”. Wrestling-titles.com. 2016年8月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e Pedro Morales: Bio”. WWE.com. 2022年7月4日閲覧。
  8. ^ a b c History of the WWE Championship”. WWE.com. 2012年4月1日閲覧。
  9. ^ WWWF Showdown At Shea”. Cagematch.net. 2015年4月12日閲覧。
  10. ^ The PCAC matches fought by Pedro Morales in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  11. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1977”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月3日閲覧。
  12. ^ The AWA matches fought by Pedro Morales in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  13. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  14. ^ a b NWA Florida Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  15. ^ The CWF matches fought by Pedro Morales in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年8月13日閲覧。
  16. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  17. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2012年4月1日閲覧。
  18. ^ a b c History of the WWE Intercontinental Championship”. WWE.com. 2012年4月1日閲覧。
  19. ^ a b WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  20. ^ a b WWC North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月1日閲覧。
  21. ^ The Big Event 20 years later”. Slam Wrestlin (2006年8月28日). 2012年4月1日閲覧。
  22. ^ 元WWWFヘビー級王者ペドロ・モラレス氏が死去 76歳 馬場に32文伝授”. デイリースポーツ online (2019年2月13日). 2019年2月13日閲覧。
  23. ^ JWA 1966 The 8th Annual World League & World Selection Series”. Puroresu.com. 2019年2月19日閲覧。
  24. ^ AJPW 1974 Madison Square Garden Series”. Puroresu.com. 2019年2月19日閲覧。
  25. ^ a b NJPW 1976 The 3rd World League”. Puroresu.com. 2019年2月19日閲覧。
  26. ^ NJPW Summer Fight Series 1978 - Tag 24”. Cagematch.net. 2022年7月4日閲覧。
  27. ^ NJPW Toukon Series 1979 - Tag 33”. Cagematch.net. 2022年7月4日閲覧。
  28. ^ NJPW 1979 Toukon Series”. Puroresu.com. 2019年2月19日閲覧。
  29. ^ NJPW 1985 IWGP & WWF Champion Series”. Puroresu.com. 2019年2月19日閲覧。
  30. ^ WWWF United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月4日閲覧。
  31. ^ NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月4日閲覧。
  32. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P33(1996年、日本スポーツ出版社)

外部リンク編集