ペドロ・モレネス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモレネス第二姓(母方の)はアルバレス・デ・エウラーテです。(Template:スペイン語圏の姓名

ペドロ・デ・モレネス・イ・アルバレス・デ・エウラーテ(スペイン語: Pedro de Morenés y Álvarez de Eulate, 1948年9月17日 - )は、スペインゲチョ出身の実業家官僚政治家外交官。2011年から2016年まで国民党(PP)のマリアーノ・ラホイ政権で国防大臣を務めた[1]。2017年から2018年にかけて、在アメリカ合衆国スペイン大使英語版を務めていた。

ペドロ・モレネス
Pedro de Morenés y Álvarez de Eulate
Pedro Morenes September 2012 crop.jpg
生年月日 (1948-09-17) 1948年9月17日(73歳)
出生地 スペインの旗 スペインビスカヤ県ゲチョ、ラス・アレーナス地区
出身校 ナバーラ大学
デウスト大学
ドイツの旗 ブレーメン船舶経営研究所
前職 法曹・法学教授
所属政党 独立(国民党系)
宗教 ローマ・カトリック

スペインの旗 国防大臣
在任期間 2011年12月22日 - 2016年11月4日
テンプレートを表示

経歴編集

1948年9月17日、ビスカヤ県ゲチョのラス・アレーナス地区に生まれた[1][2]。第4代アレソン子爵であるドン・ホセ・マリア・デ・モレネス・イ・カルバハル(スペインの大公であるアサルト伯爵の息子)と、ドニャ・アナ・ソフィア・アルバレス・デ・エウラーテ・イ・マク=マオンの第二子だった。パンプローナナバーラ大学法学を学び、ビルバオデウスト大学で企業経営学を学ぶと[1]、ドイツのブレーメン船舶経営研究所(Bremen Institute of Shipping Economics)で船舶経営学と経済学の修士号を取得した[2]

1979年に法曹としてのキャリアを開始し、民間の法律事務所で働いた後、1991年に国家産業公社英語版(INI)の造船部門で法律サービス課長となった[2]。また、マドリードのスペイン海事研究所では船舶契約や海運輸送の教授となり、またヨーロッパ海事研究所の教授となった。1994年、国家産業公社の造船部門の商業課マネジング・ディレクターとなり、運営委員会のメンバーとなった[2]。続いて、1996年5月には国防省の防衛局長官に任命された。4年後の2000年5月、内務省の防衛局長官に任命され、2年間の任期を全うした。2002年8月には科学技術省の科学技術政策局長官となり[2]、2005年3月まで任期を務めた。2005年3月には実業家協会の事務局長に就任し、2010年6月まで務めた。2009年1月、ナバレス・デル・ノルテ建設の取締役会長に就任し、2011年1月まで会長を務めた[2]

2010年6月には、ミサイル製造やミサイル制御に関する会社であるMBDAスペインの社長に就任し[3]、2011年1月には民間警備会社であるセグール・イベリカの社長に就任した[4][5]。これらの任期は2011年12月まで続いた。

2011年12月21日、国民党(PP)のマリアーノ・ラホイ内閣の国防大臣に就任した。2001年以後のアフガニスタン紛争において、スペインは国連軍の一員としてアフガニスタンに軍隊を駐留させているが、2012年にモレネスはこの任務を「戦争」と呼ぶタブーを犯した[5]。2016年11月4日に国防大臣を退任し、マリア・ドローレス・デ・コスペダル・ガルシーアに引き継いだ。

2017年4月24日、ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領信任状を捧呈し、在アメリカ合衆国スペイン大使英語版に就任した[6]

脚注編集

公職
先代:
ラモン・ヒル=カサレス英語版
  在アメリカ合衆国スペイン大使英語版
2017年~2018年
次代:
サンティアゴ・カバナス・アンソレナスペイン語版