メインメニューを開く

ペニー・テイラー・ジルPenny Taylor-Gil1981年5月24日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の女子バスケットボール選手である。ポジションはスモールフォワード。身長185cm。オーストラリアの女子バスケットボール史上、最も顕著な実績を挙げてきた選手である。旧名:ペネロペ・ジェーン・テイラーPenelope Jane Taylor)。

オリンピック
バスケットボール女子
オリンピック
2004
2008
世界選手権
2002
2006

経歴編集

オーストラリア国立スポーツ研究所」から、WNBLのダンデノン・レンジャーズに入団。1999年のリーグ優勝の原動力となる。また、2000-01シーズンには平均25.5得点2.5スティールを記録し、MVPとオールスターファイブに選出される。

2002年イタリアへ渡り、セリエALa SpeziaFemminile Schioでプレー。

2005年12月にはイタリアでプレーしていたブラジル人バレーボール選手であるロドリゴ・ロドリゲス・ジルと結婚。

WNBA編集

2001年WNBAドラフトにて1巡目11位指名を受けクリーブランド・ロッカーズに入団。しかし2003年限りでチームが消滅したため分配ドラフトによりフェニックス・マーキュリーに移籍。2007年にはダイアナ・トーラジらとともにWNBA制覇に貢献した。

ナショナルチーム編集

ナショナルチームとしても2004年アテネ五輪で銀メダルを獲得。

2006年世界選手権ではオーストラリアの初優勝に貢献し、大会MVPを受賞した。

私生活編集

2017年5月13日、かつてのチームメイトのダイアナ・トーラジと結婚した[1]。2018年3月1日、テイラーは男の子を出産した[2]

脚注編集

  1. ^ Mercury star Diana Taurasi marries former Mercury player Penny Taylor”. Arizona Republic (2017年5月14日). 2018年4月6日閲覧。
  2. ^ Diana Taurasi, Penny Taylor announce birth of baby boy”. ESPN.com (2018年3月15日). 2018年4月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集