ペニー・レイン

ペニー・レイン」(Penny Lane)は、1967年2月にビートルズが発表した14枚目のオリジナル・シングル曲である。両A面シングル曲で片面は「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」である。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では449位にランクされている。

ペニー・レイン / ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
ビートルズシングル
初出アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ(1966年12月29日 - 1967年1月19日
ジャンル ロック/ポップ
時間
レーベル パーロフォン(イギリス)
キャピトル・レコード(アメリカ)
オデオン(日本)
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズシングル盤 U.K. U.S. 年表
イエロー・サブマリン
両A面
エリナー・リグビー
(1966年)
ペニー・レイン
両A面
ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
(1967年)
愛こそはすべて
b/w
ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
(1967年)
ビートルズ シングル盤 日本 年表
イエロー・サブマリン
b/w
エリナー・リグビー
(1966年)
ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
b/w
ペニー・レイン
(1967年)
愛こそはすべて
b/w
ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
(1967年)
マジカル・ミステリー・ツアー 収録曲
A面
  1. マジカル・ミステリー・ツアー
  2. フール・オン・ザ・ヒル
  3. フライング
  4. ブルー・ジェイ・ウェイ
  5. ユア・マザー・シュッド・ノウ
  6. アイ・アム・ザ・ウォルラス
B面
  1. ハロー・グッドバイ
  2. ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー
  3. ペニー・レイン
  4. ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
  5. 愛こそはすべて
テンプレートを表示

目次

解説編集

 
ペニー・レインの標識
 
歌詞に登場する床屋のトニースレイヴィン(角の白い看板)

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。

ポール・マッカートニーはこの曲をジョンの「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」に触発され作ったと言われている。リヴァプールにあるペニー・レイン通り(位置)がモチーフになっている。ペニー・レインという響きを気に入っていたポール・マッカートニーが、過ぎ去りし日々を思い出し作曲した。ただ、実際にペニー・レインに住んでいたのはジョン・レノンでポールは足しげくジョンの家に通っていたと言われる。

同じくリヴァプールの実在の場所をモチーフとしたジョンの「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」に比べると、非常にポップに仕上がっていて好対照をなしている。曲中で歌われる床屋や街角の銀行は健在で、何の変哲もない小さな通りながらもビートルズゆかりの地や名所として人気が高い。プロモーション・ビデオでもペニー・レイン通りの映像が見られるが、ビートルズのメンバーが映っているシーンはロンドンのストラトフォードにあるエンジェル・レイン周辺と、ケント州セヴノークスのノール・ハウスを囲むノール・パークの2か所で撮影している。

この曲では、ジョンがピアノを、ジョージコンガを担当している(ギターはない)。間奏のピッコロトランペットによるソロは当時ニュー・フィルハーモニア管弦楽団に所属していたデヴィッド・メイスンの演奏である。作者のポールはこのソロが入る前の仕上がりに物足りなさを感じていたが、メイスンの演奏をテレビで見て興味を覚え、後日、メイスンをレコーディングに招いた。

ステレオ・ヴァージョン編集

「ペニー・レイン」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった[注釈 1]。ステレオ・ミキシングされたのは解散後の1971年9月30日で、西ドイツではアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』のステレオ盤に収録された。英国では1973年4月リリースの『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』が最初となる。CDでは1987年8月にリリースされたアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録された。

シングル盤編集

当時のイギリスでは、シングル盤はどのアーティストも同じ柄のレコード・スリーブ[注釈 2]だったが、このシングルでは、初めてビートルズのメンバーの写真を使ったオリジナル・スリーブが使われた。裏面には各メンバーの幼年期の写真が使われており、当時のイギリスでは大きな話題となった。イギリスでは両A面シングルだったが、アメリカではこの曲がA面として発売され、『ビルボード』(Billboard)誌では、1967年3月18日に全米1位を獲得。1967年ビルボード誌年間ランキングでは第50位。『キャッシュボックス』誌では最高位2週連続第1位、年間ランキング45位。

エピソード編集

  • この曲のヒットで Penny Lane の標識の盗難が相次ぎ、一部では標識はとりやめになりペンキで描かれるようになった。
  • 小説家のクライヴ・バーカーは、少年時代をペニー・レイン通りで過ごしたが、そこが「ペニー・レイン通り」であることを知らなかったという。その理由は、「ペニー・レイン」を示す町の標識が、ビートルズのファンの書き込んだ名前などの悪戯書きで埋めつくされていて、通りの名称部分が見えなかったからであった。
  • 本曲には、曲のエンディングにトランペットソロがあるバージョンと、これが削られているバージョンの2通りがある。当初は前者がベストとされ、放送局向けプロモーション用音源としてアメリカに送られた。しかし、その直後、更なる改善を図るために後者のバージョンが作られ、後者が一般発売用の正規バージョンとなった。前者の削られたトランペットソロは「レアリティーズ Vol.2」「アンソロジー2」「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念アニバーサリー・エディション[1]に収録されたバージョンで聞くことができる。

収録アルバム編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカでは1967年11月にリリースされたアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』ステレオ盤に収録されていたが、発売当時はリアル・ステレオ・ミックスがまだ存在していなかったため擬似ステレオ・ヴァージョンであった。
  2. ^ レコード盤を入れる紙製の袋。レーベルの部分に穴が開いており、そこからどのレコードであるかを見分ける事ができる。デザインは各レコード会社によって異なる。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 6枚組スーパー・デラックス・エディションのみに収録
  2. ^ 2CD版及びスーパー・デラックス・エディションのみに収録
先代:
スプリームス
恋ははかなく
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1967年3月18日(1週)
次代:
タートルズ
ハッピー・トゥゲザー