メインメニューを開く

ペネロピ・アリス・ウィルトン(Dame Penelope Alice Wilton, DBE1946年6月3日 - )は、イギリス女優。日本ではペネロープと発音されるが実際の発音はペネロピ

ペネロープ・ウィルトン
Penelope Wilton
ペネロープ・ウィルトン Penelope Wilton
2013年撮影
本名 Penelope Alice Wilton
生年月日 (1946-06-03) 1946年6月3日(73歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドノース・ヨークシャースカーブラ
職業 女優
活動期間 1969年 -
配偶者 ダニエル・マッセイ
(1975年 - 1984年)
イアン・ホルム
(1991年 - 2001年)
主な作品
フランス軍中尉の女
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
ダウントン・アビー
テンプレートを表示

来歴編集

イングランドノース・ヨークシャースカーブラ出身。父親は実業家、母親は元女優・タップダンサーだった[1][2][3][4]。伯父や叔母、従兄弟も俳優だった[5][6]。 1965年から1968年までロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ傘下のドラマセンター・ロンドンで演劇を学び[7]、1969年に舞台で女優デビューした。

映画『フランス軍中尉の女』や、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』、『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』、テレビドラマ『ダウントン・アビー』などで知られ、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』では高い評価を受けた。

2015年、Taken at Midnightローレンス・オリヴィエ賞最優秀主演女優賞を受賞した[8]

1975年から1984年まで俳優のダニエル・マッセイ[9]、1991年から2001年まで俳優のイアン・ホルムと結婚していた[10]

2004年にOBE、2016年にDBEを授与された[11]

2016年公開のアメリカ映画『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(監督:スティーヴン・スピルバーグ)では、イギリス児童文学作品を原作とした架空のファンタジー映画ではあるものの、実在の人物であるイギリス女王エリザベス2世役を演じた。

主な出演作品編集

  • 『ジョゼフ・アンドリュースの華麗な冒険』 Joseph Andrews (1977年)
  • 『フランス軍中尉の女』 The French Lieutenant's Woman (1981年)
  • 『時計仕掛けの校長先生』 Clockwise (1986年)
  • 『遠い夜明け』 Cry Freedom (1987年)
  • 『ベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜』 Blame It on the Bellboy (1992年)
  • 『床下の小さな住人たち』 The Borrowers (1992年) テレビミニシリーズ
  • 『キャリントン (映画)|キャリントン』 Carrington (1995年)
  • 『アイリス (映画)|アイリス』 Iris (2001年)
  • 『カレンダー・ガールズ』 Calendar Girls (2003年)
  • 『ショーン・オブ・ザ・デッド』 Shaun of the Dead (2004年)
  • 『マッチポイント (映画)|マッチポイント』 Match Point (2005年)
  • 『プライドと偏見』 Pride and Prejudice (2005年)
  • 『ドクター・フー』 Doctor Who (2005年 - 2008年) テレビドラマ
  • 『ヒストリーボーイズ』 The History Boys (2007年)
  • 『ダウントン・アビー』 Downton Abbey (2010年 - 2015年) テレビドラマ
  • 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 The Best Exotic Marigold Hotel (2011年)
  • 『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』 The Girl (2012年) テレビ映画
  • 『ベル-ある伯爵令嬢の恋-』 Belle (2013年)
  • 『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』 The Second Best Exotic Marigold Hotel (2015年)
  • 『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 The BFG (2016年)
  • 『ガーンジー島の読書会の秘密』 The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society (2018年)
  • 『ダウントン・アビー』 (2019年)

脚注編集

  1. ^ Penelope Wilton, the winner of discontent”. The Times (2011年4月30日). 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ Andrew Billen (2000年4月26日). “Time for Penelope to soar”. Evening Standard. 2016年6月12日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Acting Alumni Win Big at Olivier Awards”. Csm.arts.ac.uk. 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ Profile, oxforddnb.com; 14 April 2015; accessed 14 June 2016.
  5. ^ "What's On: Wicked role for Penelope means it's Women Beware Wilton; Theatre (Features)" アーカイブ 2016年5月31日 - ウェイバックマシン Coventry Evening Telegraph (England) via HighBeam Research
  6. ^ Richard Morant profile, IMDb.com; accessed 12 June 2016.
  7. ^ Drama Centre: watch this face アーカイブ 2014年3月2日 - ウェイバックマシン, blogs.arts.ac.uk, 22 March 2009; accessed 14 June 2016.
  8. ^ “2015年オリヴィエ賞、『ダウントン・アビー』ペネロープ・ウィルトンが最優秀主演女優賞に輝く”. 海外ドラマNAVI. (2015年4月15日). http://dramanavi.net/news/2015/04/2015-3.php 2016年6月25日閲覧。 
  9. ^ Kellaway, Kate (2001年9月30日). “A study in emotion”. The Observer. http://www.guardian.co.uk/theobserver/2001/sep/30/features.review27 2015年8月25日閲覧。 
  10. ^ Olga Craig (2008年11月15日). “Penelope Wilton: an actress who epitomises all things quintessentially English”. Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/3465247/Penelope-Wilton-an-actress-who-epitomises-all-things-quintessentially-English.html 2012年11月21日閲覧。 
  11. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 61608. p. B8. 2016年6月11日。

外部リンク編集