メインメニューを開く

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

ペルソナシリーズ > ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』(ペルソナキューツー ニュー シネマ ラビリンス)は、アトラスより2018年11月29日に発売されたニンテンドー3DSゲームソフト

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 アトラス
発売元 日本の旗 アトラス
プロデューサー 金田大輔
ディレクター 藍原裕太
シリーズ ペルソナシリーズ
メディア ニンテンドー3DSカード
ダウンロード
発売日 日本の旗 2018年11月29日[1]
対象年齢 日本の旗 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

目次

概要編集

略称は「PQ2」。アトラス社のRPG作品「ペルソナシリーズ」の1作品であり、『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』の続編にあたる。同シリーズの『ペルソナ3』『ペルソナ3 ポータブル』と『ペルソナ4』、『ペルソナ5』の登場人物が作品の垣根を越えて一堂に会し、不思議な世界を共に探るクロスオーバー作品。登場キャラクターの外見は「シャドウ オブ ザ ラビリンス」同様にデフォルメ化されたデザインになっている。

システムは前作同様、主柱となる部分にアトラス社の別シリーズ作「世界樹の迷宮シリーズ」の要素を採用。マッピングをしながら迷宮を探索するシステムを受け継ぎつつ、「シャドウ オブ ザ ラビリンス」同様にサブペルソナを使用可能。

ストーリー編集

メメントスを探索していたジョーカーら「心の怪盗団」。ところが、モルガナカーが突如制御不能になり、不思議な空間へ吸い込まれてしまう。 空間の先には見知らぬ敵がうろつく謎の街が広がっていた。怪盗団はそこを何とか脱出すると、次に辿り着いたのは出口がない不思議な「映画館」であった。そこで、怪盗団は白い髪に白い帽子、黒と赤のセーラー服の少女・ひかりと、白ずくめの服に黒い髪の女性・ナギに出会い、自分たちが映画の中から出て来たという事実を告げられる。先程の謎の街の正体は、映画をモチーフにした異世界「映画世界(ラビリンス)」であった。一同のもとにはさらに、かつて異世界「狭間の地」で出会った善と玲との協力して危機から救った怪盗団と同じく別世界の高校生達「ペルソナ」能力を持つ別の集団「特別課外活動部」と「自称特別捜査隊」がやって来る。

こうして、何かに導かれるように出会ったペルソナ使い達は、出口のない映画館から脱出するために迷宮探索を始める。

システム編集

マッピング
タッチパネル画面に表示された方眼に、プレイヤーがマップを書き込んでいく。基本的には世界樹の迷宮シリーズ準拠だが、オートパイロットで同じ道の往復が可能になっていたり、抜け道アイコンが自動で矢印アイコンに変わるなど、全体的に使いやすくブラッシュアップされている。コンフィグでオートマッピングをONにすると、移動に合わせて壁も自動で書き込まれる。
また、各フロアに踏破率100%で開く宝箱が設置されており、便利なアイテムが入手できる。踏破率が100%未満でも、踏破率に応じた数のゲームコインを消費すれば開く事が可能。
ペルソナ
メインペルソナの他に付け替え自由のサブペルソナを1体装備できる。
メインペルソナは各キャラ固有で変更できないが、アイテムのスキルカードを使って任意のスキルを覚えさせる事ができる他、他のペルソナが習得しない専用スキルを1つ習得する。
サブペルソナは、『ペルソナ3』『ペルソナ4』で主人公が使いわけていたペルソナと同じような物。戦闘後に取得したり、ベルベットルームでペルソナ合体を行って入手する。メインペルソナにないスキルを付与できる他、HPとSPにボーナスが得られる為、長所の強化や短所の補強、汎用性の確保などが行える。
戦闘
世界樹の迷宮シリーズ準拠で、最大5キャラが前・後衛に分かれてパーティを組む。それに伴い、ペルソナシリーズとはスキルの範囲や射程が変更されている物が多く、世界樹の迷宮の特徴的なシステムである「封じ」なども導入されている。
敵の弱点を突く攻撃をしたりクリティカルヒットを出すと、敵をダウンさせて行動をキャンセルさせる事がある他、そのキャラがBOOST状態になる。BOOST状態のキャラは、次のターンでの行動速度が上昇しスキルの消費が0になる、追撃や総攻撃が起こりやすくなる、戦闘終了時にBOOST状態のキャラが多いほどペルソナがドロップしやすい、といったメリットがある。
また、リーダーは戦闘で上昇するゲージを使って回復や補助を行うリーダースキルを使う事ができる。これはリーダー個人の行動とは別カウントになるが、リーダーが行動不可能な場合は使えない。使用できるリーダースキルは、戦闘時のナビゲーターに依存する。
サブペルソナで増加するHPとSPは探索時には計算されず、戦闘時のみ加算される。戦闘での消費がサブペルソナでの増加分以内で収まった場合は、元のHPとSPは戦闘開始時のまま維持される。
本作では『ペルソナ5』で登場したバトンタッチシステムと、協力技が追加。バトンタッチは、BOOST状態の仲間がいる時に、別の仲間にBOOSTを渡して交代できる。ただし使用するとキャンセルが出来ない。
協力技は、特別上映をクリアして参加したキャラクター同士の絆が深まると習得できる。協力技に必要なキャラのうち、誰かがパーティにいる状態で、そのキャラが敵をダウンさせると、発動可能性が上昇する。
特別上映
ストーリーを進めると、「特別上映」と呼ばれるシリーズキャラが垣根を越えて絡み合う様々なイベントが発生。特別上映時は、一部のエリアが通行不可、特別な宝箱が出現するといった、映画世界(ラビリンス)に通常とは異なる変化が起きている。
クリアすると特別上映に参加したキャラの絆が深まり、協力技が習得可能になる。
ヤル気状態
本作ではキャラが時折この状態になる事があり、該当キャラからPT編成を促すイベントが発生する事がある。また、ヤル気状態のキャラは、戦闘での取得経験値増加、物理攻撃でのクリティカル率上昇、サブペルソナを装備した際のHPSPの増加量増加といったメリットがある。
難易度
簡単な順にSAFETY、EASY、NORMAL、HARD、RISKYの5段階あり、EASYは戦闘で全滅してもその場で復活できる。RISKYは主人公をゲームから外す事が出来ず、『ペルソナ』本編シリーズ同様、主人公が戦闘不能になったら他の仲間が無事でも即ゲームオーバーとなる。
難易度は原則として自由に変更できるが、RISKYは一度選ぶとクリアするまで他の難易度に変更できない。

登場人物編集

メインキャラクター編集

特定の条件を満たすと、プレイヤー達のメインペルソナのペルソナ転生が可能になり、特殊なスキルを取得することができる。また、一部のプレイヤーはメインペルソナは進化はしないが、新たな特殊スキルが取得できるようになっている。

ペルソナ5編集

P5主人公(デフォルト名なし)
- 福山潤
メインペルソナ - アルセーヌサタナエル
武器 - ナイフ
本作の主人公で、『ペルソナ5』サイドの主人公。PVで使用されている名前はアニメ版の「雨宮 蓮(あまみや れん)」である。
坂本 竜司(さかもと りゅうじ)
声 - 宮野真守
メインペルソナ - キャプテン・キッドセイテンタイセイ
武器 - 棍棒
高巻 杏(たかまき あん)
声 - 水樹奈々
メインペルソナ - カルメンへカーテ
武器 -
モルガナ
声 - 大谷育江
メインペルソナ - ゾロメルクリウス[3]
武器 - パチンコ
喜多川 祐介(きたがわ ゆうすけ)
声 - 杉田智和
メインペルソナ - ゴエモンカムスサノオ
武器 -
新島 真(にいじま まこと)
声 - 佐藤利奈
メインペルソナ - ヨハンナアナト
武器 - ナックル
佐倉 双葉(さくら ふたば)
声 - 悠木碧
メインペルソナ - ネクロノミコンプロメテウス
武器 - なし
奥村 春(おくむら はる)
声 - 戸松遥
メインペルソナ - ミラディアスタルテ
武器 -
明智 吾郎(あけち ごろう)
声 - 保志総一朗
メインペルソナ - ロビンフッド
武器 - ビームサーベル

ペルソナ4編集

P4主人公(デフォルト名なし)
声 - 浪川大輔
メインペルソナ - イザナギ → イザナギノオオカミ
武器 - 両手剣
前作と同様の『ペルソナ4』サイドの主人公。PVで使用されている名前はアニメ版の「鳴上 悠(なるかみ ゆう)」です。
花村 陽介(はなむら ようすけ)
声 - 森久保祥太郎
メインペルソナ - ジライヤ → スサノオ
武器 - 短剣
里中 千枝(さとなか ちえ)
声 - 堀江由衣
メインペルソナ - トモエスズカゴンゲン
武器 -
天城 雪子(あまぎ ゆきこ)
声 - 小清水亜美
メインペルソナ - コノハナサクヤアマテラス
武器 -
巽 完二(たつみ かんじ)
声 - 関智一
メインペルソナ - タケミカヅチロクテンマオウ
武器 - 厚板
久慈川 りせ(くじかわ りせ)
声 - 釘宮理恵
メインペルソナ - ヒミコカンゼオン
武器 - なし
クマ
声 - 山口勝平
メインペルソナ - キントキドウジカムイ
武器 -
白鐘 直斗(しろがね なおと)
声 - 朴璐美
メインペルソナ - スクナヒコナヤマトタケル
武器 -

ペルソナ3編集

P3主人公(デフォルト名なし)
声 - 石田彰
メインペルソナ - オルフェウス → オルフェウス・改
武器 - 片手剣
前作と同様の『ペルソナ3』サイドの主人公。PVで使用される名前は劇場版の「結城 理(ゆうき まこと)」です。
岳羽 ゆかり(たけば ゆかり)
声 - 豊口めぐみ
メインペルソナ - イオイシス
武器 -
伊織 順平(いおり じゅんぺい)
声 - 鳥海浩輔
メインペルソナ - ヘルメストリスメギストス
武器 - 両手剣
桐条 美鶴(きりじょう みつる)
声 - 田中理恵
メインペルソナ - ペンテレシアアルテミシア
武器 - 突剣
真田 明彦(さなだ あきひこ)
声 - 緑川光
メインペルソナ - ポリデュークスカエサル
武器 - ナックル
山岸 風花(やまぎし ふうか)
声 - 能登麻美子
メインペルソナ - ルキアユノ
武器 - なし
アイギス
声 - 坂本真綾
メインペルソナ - パラディオンアテナ
武器 - 重火器
天田 乾(あまだ けん)
声 - 緒方恵美
メインペルソナ - ネメシスカーラ・ネミ
武器 -
コロマル(虎狼丸)
メインペルソナ - ケルベロス
武器 - 短剣
荒垣 真次郎(あらがき しんじろう)
声 - 中井和哉
メインペルソナ - カストール
武器 - ハンマー

ペルソナ3 ポータブル編集

P3P女性主人公(デフォルト名なし)
声 - 井上麻里奈
メインペルソナ - オルフェウス → メサイア
武器 - 薙刀
本作の準主人公で、『ペルソナ3 ポータブル』サイドの主人公。PVで使用される名前は海外版の「有里 美奈子(ありさと みなこ)」である。

オリジナルキャラクター編集

ひかり
声 - 福圓美里
映画館にいた記憶喪失の少女で、違う中学に通う中学3年生に当たる。メガホンを常に持っており、人とのコミュニケーションが苦手である。
その後に第4シアターをクリア直後に記憶を取り戻して、さらにペルソナ使い集団達の仲間となり、人とのコミュニケーションが出来るようになった。
ナギ
声 - 井上喜久子
映画館の支配人と名乗っている女性。テオドアが来るまではアイテムの売買と作成を担当している。
エンリル
声 - 井上喜久子
ナギの正体。「大衆の映画街」の支配人で「F.O.E」のリーダーである。
ドー
声 - 井上和彦[4]
映画館の映写室にいた生物。かつて映画館にやって来た人々達の「心の影」が孤独な痛みが集まり、影として具現化した存在である。
ひかりの父親
声 - 井上和彦
ドーの正体。過去にひかりの心が辛い意思の認知によって現在の生物ヘとなった。

サブキャラクター編集

エリザベス
声 - 沢城みゆき
ベルベットルームの住人。チケット売り場を担当。『ペルソナ2 罪』のミツギにそっくりな衣装をしている。
テオドア
声 - 諏訪部順一
ベルベットルームの住人。アイテムの売買と作成を担当。
マーガレット
声 - 大原さやか
ベルベットルームの住人。イケニエ合体関連を担当。
マリー
声 - 花澤香菜
ベルベットルームの住人。すれちがい通信関連を担当。
カロリーヌとジュスティーヌ
声 - 豊崎愛生
ベルベットルームの住人。ペルソナ合体関連を担当。
堂島 菜々子(どうじま ななこ)
声 - 神田朱未
P4主人公の従妹。有料ダウンロードコンテンツを購入することによって、ナビボイスとして使用可能。
カモシダーマン
声 - 三ツ矢雄二
第一シアターのボス。『ペルソナ5』の鴨志田にそっくりな姿をしている。
ヨウスケザウルス
声 - 森久保祥太郎
第二シアターのボスの一人。陽介の顔と恐竜の体を合わせたような姿である。
クイーン・ジョー
第二シアターのボスの一人。
リボン
声 - 坂本真綾
突如として自我が生まれた少女型のロボット。アイギスをデフォルメしたような姿である。
指導者
声 - 堀秀行
リボンを作った開発者の男性。『ペルソナ3』の幾月にそっくりな姿をしている。
マザーコンピュータ
声 - 堀秀行
第三シアターのボス。

用語編集

F.O.E
本作は「フィルム・オプスキュリテ・エタンデュ」の略称。
「心の怪盗団」の予告状
『ペルソナ5』でのお馴染みの予告状。第一シアターのボスなどで使用する。

主題歌編集

「ROAD LESS TAKEN」
歌 - 川村ゆみ&平田志穂子&Lyn、Rap - Lotus Juice

漫画版編集

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス Roundabout SP(ラウンダバウト スペシャル)
『電撃ペルソナQ2』(電撃オンライン)2018年11月2日から2018年12月28日まで連載。作画はあかうめ。本作の日常を描いたショートコメディ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ペルソナ』シリーズ | シリーズ | アトラス公式サイト”. アトラス. 2017年12月25日閲覧。
  2. ^ アトラスから『ペルソナQ2』ネタバレ自粛のお願い ペルソナQ2公式サイト
  3. ^ 『ペルソナ5』での名前は「メリクリウス」。
  4. ^ ペルソナチャンネル”. 株式会社セガゲームス. 2018年11月29日閲覧。

外部リンク編集