ボヘミア王国のPeruehty. 1910
Perchtenの仮面

ペルヒタドイツ語:Perchta、Berchta、Percht)は、オーストリアなどのアルプス地域の土着伝承(en)で登場する女神である。

その名前は「光輝ある者」(ゲルマン祖語*brehtazを由来とする古高ドイツ語: beraht, bereht)を意味する。多くの場合、ゲルマン・ペイガニズム英語版の神に分類される。童話作家グリム兄弟ヤーコプ・グリムら民俗学者によると、女神ホルダと同等の者か南に住む従妹とされ、動物の守護者とされ、また紡績の監督者としてクリスマスの12日に現れるとされる[1][2]

伝説編集

当初は休日の紡績作業禁止などの文化的タブーの監督者とされた[3]。ドイツのバイエルン州オーストリアの民間伝承では、ペルヒタは真冬に田園地帯を歩き回り、クリスマスの12日に各家を周り、よく働き良い子にしていた子供には靴やバケツの中に銀貨が見つかるようにして、悪い子には悪夢を見せ、内臓を切り開き石を詰め込み井戸に沈める[4]。特に亜麻羊毛の紡績の仕事ぶりを評価した。祝祭の日に食べるべきもの以外を食べた場合は、藁を詰め込むとされた[5]

植物や子供の保護者編集

穀物の成長を見守り[6]水子や夭逝した子供の魂の安息の地である泉や池などを管理する[7]。その結果、子供の幽霊を率いるものとされている。

持ち物編集

悪い子の体を開く鉄の斧、悪い子を拘束する鉄鎖を持つ。

現代の伝承編集

良い子には気前のよい報酬を。悪い子、嘘つきには制裁を与える者とされている[8]

ザルツブルクでは、深夜のホーエンザルツブルク城城内をさまよっているとされている[9]

Perchtenと呼ばれるマスクをかぶる祝祭行事(Swabian-Alemannic Fastnacht)がある[10]。オーストリアのポンガウでは、Schönperchten と Schiachperchten (美しいPerchtenと醜いPerchten) の行進が行われ、美しい仮面は幸運を招き、醜い仮面は悪霊を払うとされている[11]

出典編集

参考文献編集

  • ヤーコプ・グリム (1882). Deutsche Mythologie 4th ed. [1875]. Trans. James Stallybrass Grimm's Teutonic Mythology Volume 1.
  • Motz, Lotte. 1984. "The Winter Goddess", Folklore 95:11.
  • Frazer, Sir James George. 1920. The Golden Bough. A Study in Magic and Religion. IX. Part 6. "The Scapegoat", pages 240-243. Macmillan & Co. (Facsimili Elibron Classics, 2005) 1-4021-8348-8. (Online). File retrieved May 18, 2007.
  • Wagner, Alexander. 2007. Perchtenläufe: Salzburg's Pagan Heritage. (Online) File retrieved May 18, 2007.
  •  Erika Timm: Frau Holle, Frau Percht und verwandte Gestalten. 160 Jahre nach Jacob Grimm aus germanistischer Sicht betrachtet. Hirzel, Stuttgart 2003, ISBN 3-7776-1230-8.

関連項目編集

  • ワイルドハント - 幽霊の軍勢のリーダーとされることがある。
  • なまはげ
  • クネヒト・ループレヒト - ドイツでクリスマスに良い子には褒美を、悪い子に制裁を与える点、さらにペルヒタの別名 Percht との類似性(Ruprecht)から関連性を考察する学者もいる。