ペロス・デル・マール

ペロス・デル・マールPerros del Mal)は、メキシコプロレス団体

歴史編集

ユニット編集

2004年CMLLテクニコのユニット「ラ・フリア・デル・ノルテLa Furia del Norte)」のメンバーとして活動していたペロ・アグアヨ・ジュニアが造反してルードのユニット「ロス・ペロス・デル・マールLos Perros del Mal)」を結成。

プロレス団体編集

2008年11月、アグアヨ・ジュニアがCMLLを退団。

12月7日メキシコメキシコシティペロス・デル・マールPerros del Mal)の旗揚げ戦を開催。

他団体に参戦する際にはロス・ペロス・デル・マールの名義で参戦し、所属選手だけではなくフリー、他団体の選手もメンバーに加えている。

タイトル編集

  • ペロス・デル・マール・ライトヘビー級王座
  • ペロス・デル・マール・エクストリーム王座
  • ペロス・デル・マール・ミニエストレージャ王座

所属選手編集

ロス・ペロス・デル・マールのメンバー編集

PERROS DEL MAL DE JAPON編集

  • 2020年、プロレスリング・ノアに参戦しているNOSAWA論外がジュニアを中心とした一派を結成。
  • 年末に謎のマスクマンを引き連れ登場する。
  • 2021年1月後楽園大会にて、小川良成 対 鈴木鼓太郎戦で論外とマスクマンが鼓太郎のセコンドにつく。論外たちの乱入から鼓太郎が反則負け。小川に剝がされたマスクマンの正体は日高郁人。勧誘された鼓太郎は一派に合流。
  • 2021年5月後楽園大会にて、FULL THROTTLEが電撃解体。メンバーだったYO-HEYが論外一派に合流表明。
  • 2021年6月13日TVマッチにて、新メンバーとしてEitaがサプライズ登場する。
  • 2021年6月27日TVマッチにて、ユニット名「PERROS DEL MAL DE JAPON」を発表。オリジナルのペロス・デル・マールを作ったペロ・アグアヨJrの親族からは許可済み。試合後に通信販売を開始したTシャツが即完売、6月30日後楽園大会にて追加販売したが、即完売した。
  • 2022年1月5日後楽園大会にて、本家「PERROS DEL MAL」のメンバーでもあるスペル・クレイジーが合流。
  • 2022年2月11日、YO-HEYが追放される。
  • 2022年4月29日両国国技館大会にて、エル・テハノ・ジュニアが合流。
  • 2022年5月5日、DRAGON GATE愛知県体育館大会にて、オープン・ザ・トライアングルゲート王座を獲得したバックヤードで論外がNOAH撤退を発表し、NOAH公式サイトからもプロフィールが削除された。
  • 2022年5月21日、NOAH大田区総合体育館大会にて、GHCジュニアタッグ戦の試合終盤でEita、論外、鈴木が乱入しノーコンテスト。STINGERに対しオープン・ザ・トライアングルゲート王座挑戦者として指名した。NOAH公式サイトのプロフィールも再掲載。

メンバー編集

共闘編集

元メンバー編集

  • YO-HEY(結成 - 2022年2月11日 メンバーから追放)

関連項目編集

外部リンク編集