メインメニューを開く

ペンギン・ハイウェイ

森見登美彦の2010の小説

ペンギン・ハイウェイ』は、森見登美彦の小説。2010年5月、角川書店から刊行。第31回日本SF大賞受賞作[1]。2018年にアニメ映画化[2]

ペンギン・ハイウェイ
ジャンル SFサイエンス・ファンタジー)
小説
著者 森見登美彦
イラスト くまおり純(単行本、角川文庫)
ぶーた(角川つばさ文庫)
出版社 角川書店
レーベル 角川文庫
角川つばさ文庫
発行日 2010年5月29日(単行本)
2012年11月25日(角川文庫)
2018年6月15日(角川つばさ文庫)
発売日 2010年5月29日(単行本)
2012年11月22日(角川文庫)
2018年6月15日(角川つばさ文庫)
オーディオブック
制作 KADOKAWA
販売元 アマゾンジャパン
レーベル Audible
発売日 2017年3月3日
収録時間 9時間30分
その他 ナレーション:安國愛菜
映画
原作 森見登美彦
監督 石田祐康
脚本 上田誠ヨーロッパ企画
キャラクターデザイン 新井陽次郎
音楽 阿部海太郎
制作 スタジオコロリド
製作 「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
配給 東宝映像事業部
封切日 2018年8月17日
上映時間 119分
漫画
原作・原案など 森見登美彦
作画 屋乃啓人
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミックアライブ
レーベル MFコミックス アライブシリーズ
発表号 2018年5月号 - 2019年4月号
巻数 全3巻
話数 全12話
テンプレート - ノート
ポータル 文学アニメ

目次

あらすじ編集

小学4年生のアオヤマ君の住む街で、ある日突然、ペンギンの群れが出現する怪事が起こり始めた。ペンギンの正体と彼らの目指す先について「ペンギン・ハイウェイ研究」を始めたアオヤマ君は、顔なじみの歯科医院のお姉さんがペンギンを出現させる瞬間を目撃する。だが、なぜペンギンを出せるのかは、お姉さん自身にも分かっていなかった。

ペンギンの出現法則を解明しようとお姉さんと実験する一方、アオヤマ君は友人のウチダ君、同じクラスのハマモトさんとの3人で、ハマモトさんが発見した森の奥の草原に浮かぶ謎の球体〈海〉についての共同研究を始める。やがてアオヤマ君は、〈海〉とペンギンとお姉さんの奇妙な関連性に気づく。

主な登場人物編集

アオヤマ君
本作の主人公。小学4年生。熱が出ても研究を続けようとするほどの研究者気質で、「スズキ君帝国」「プロジェクト・アマゾン」「お姉さん」「妹わがまま記録」などの研究をノートにまとめている。強情で見栄っ張りな性格。女性の胸に多大な関心を持ち、本人曰く「毎日ほんの30分ぐらい」胸のことを考えている。頭の良さを過信することはない。恋愛に関してはにぶい。踊るとロボットみたいになる。両親と妹と4人暮らし。
街に突然現れるようになったペンギンたちの謎に興味を持ち、「ペンギン・ハイウェイ研究」を始める。
お姉さん
本作のヒロイン。アオヤマ君が通う歯科医院で歯科助手として働く気さくでミステリアスな巨乳の女性。普段から男性語を多用している(「○○だな」「○○だぞ」など)。海辺の町出身で現在は1人暮らし。歯科医院の近くにある「海辺のカフェ」で、週に1回アオヤマ君にチェスを教えているほか、様々な場面においてアオヤマ君に助言する。
ペンギンを出す能力の他に食事をとらなくても平気でいるなど謎めいた面が多いが、その理由は終盤で判明する。
ウチダ君
アオヤマ君のクラスメイト。眼鏡をかけている。アオヤマ君と探検隊を組織し、2人で街の秘密地図を作ったり、水路の水源をたどる「プロジェクト・アマゾン」を実施したりしている。アオヤマ君ほど口達者ではなくやや臆病だが、宇宙や死に関してはアオヤマ君を超える知識や独自の知見を持つ。時に大胆な言動をすることもある。
ハマモトさん
アオヤマ君のクラスメイト。明るい栗毛。頭が良く自信家で、チェスが好き。冷静に物事を判断するが、感情的になる場面もある。物語開始時点ではアオヤマ君とほとんど話したことがなかった。森の奥にある草原で謎の球体を発見し、誰も近づかないようにこわい噂を流した上で、〈海〉と名付けて1人で研究するなど、アオヤマ君たちに負けず劣らずの研究者気質を持っている。
スズキ君
アオヤマ君のクラスメイト。声が大きく、乱暴な言葉遣いをするクラスのガキ大将。クラスの男子を絶対服従させており、アオヤマ君はその様子を「スズキ君帝国」と名付けている。そのわんぱくぶりにはクラスメイトも呆れている。実はハマモトさんのことが好きだが、素直になれずちょっかいを出すことで接点を作ろうとするツンデレな一面もある。
アオヤマ君のお父さん
会社員。アオヤマ君にノートの書き方を教えた。息子の研究を温かく見守り、ときに思考のヒントを与える。
アオヤマ君のお母さん
専業主婦。
アオヤマ君の妹
小学生(学年は不明)。わがままな性格。
ハマモトさんのお父さん
大学の先生。大気の研究をしている。甘い物が好きでアオヤマ君と同じ歯科医院に通っており、お姉さんとは知り合い。

刊行情報編集

オーディオブック編集

2017年3月3日よりAudibleにて、安國愛菜によるナレーションのオーディオブックがデータ配信開始された。

アニメ映画編集

ペンギン・ハイウェイ
penguin highway
監督 石田祐康
脚本 上田誠ヨーロッパ企画
原作 森見登美彦
『ペンギン・ハイウェイ』
出演者 北香那
蒼井優
釘宮理恵
潘めぐみ
福井美樹
能登麻美子
久野美咲
西島秀俊
竹中直人
音楽 阿部海太郎
主題歌 宇多田ヒカルGood Night
制作会社 スタジオコロリド
製作会社 「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
配給 東宝映像事業部
公開  2018年8月17日
上映時間 119分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 5.4億円[3]
テンプレートを表示

2018年3月1日にアニメ映画化の製作発表会見が行われ、同年8月17日に劇場公開された[2]。短編アニメ『台風のノルダ』『陽なたのアオシグレ』などを手がけたスタジオコロリドの、初の長編作品である。

日本公開に先駆け、カナダモントリオールの第22回ファンタジア国際映画祭にて、最優秀アニメーション賞にあたる今敏賞(長編部門)を獲得した[4]

キャスト(アニメ映画)編集

スタッフ(アニメ映画)編集

関連商品編集

書籍
  • ペンギン・ハイウェイ 完全設定資料集 - KADOKAWA、2018年7月、ISBN 978-4-04-107329-2
  • ペンギン・ハイウェイ 公式読本 - KADOKAWA、2018年8月、ISBN 978-4-04-735260-5
    • 短編小説「郵便少年」、エッセイ「ペンギンなのにハイウェイ」収録
サウンドトラック
  • 「ペンギン・ハイウェイ」オリジナル・サウンドトラック - 2018年8月15日発売、ESCL-5094

漫画編集

アニメ映画版のコミカライズ[6]として、『月刊コミックアライブ』2018年5月号から2019年4月号まで連載された。作画は屋乃啓人

書誌情報編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “森見登美彦さん「『ペンギン・ハイウェイ』は一番思い入れのある作品」 徳間文芸賞贈賞式をレポート”. 新刊JP (株式会社オトバンク). (2011年3月6日). https://www.sinkan.jp/news/1807?page=1 2018年5月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i “森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」アニメ映画化!北香那&蒼井優出演、スタジオコロリド制作”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年3月1日). http://eiga.com/news/20180301/19/ 2018年5月16日閲覧。 
  3. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.41
  4. ^ “「ペンギン・ハイウェイ」ファンタジア国際映画祭で今敏賞獲得”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月26日). https://natalie.mu/eiga/news/292731 2018年7月28日閲覧。 
  5. ^ “宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年5月16日). https://www.cinra.net/news/20180516-utadahikaru 2018年5月16日閲覧。 
  6. ^ “「ペンギン・ハイウェイ」コミカライズ1巻、忘れられない夏の物語をマンガでも”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月23日). https://natalie.mu/comic/news/292251 2018年9月2日閲覧。 
  7. ^ “「ペンギン・ハイウェイ」コウペンちゃんが応援隊長に、「映画みるの?えら~い!」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月19日). https://natalie.mu/eiga/news/291458 2018年8月29日閲覧。 

外部リンク編集