ペンシルベニア・ターンパイク

ペンシルベニア・ターンパイク英語: Pennsylvania Turnpike、略称:PTP)は、ペン・ターンパイク(Penn Turnpike)ともいい、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南部を東西に結ぶターンパイク有料道路)として建設され、全長は360.09マイル(579.51キロメートル)である。その路線の大部分は現在州間高速道路にもなっている。

ペンシルベニア・ターンパイク(赤線)の地図
ピッツバーグのI-376/U.S. Route 22へのインターチェンジ付近で西へ進む

概要編集

ペンシルベニア・ターンパイク(PTP)の西端はオハイオ州境のローレンス郡で、そこでオハイオ・ターンパイクOhio Turnpike)に接続していて、東端はニュージャージー州境のバックス郡 (ペンシルベニア州)で、そこはデラウェア川に面していて、そこから短い延長線でニュージャージー・ターンパイクへ接続している。

この道路はピッツバーグ、州都のハリスバーグフィラデルフィアの三都市を結び、州の中央ではアパラチア山脈を四つのトンネルで通過する。現在は州間高速道路に指定されていて、オハイオ州境からバレーフォージ(Valley Forge)までは州間高速道路76号線Interstate 76)になっていて、ニュースタントン(New Stanton)からブリーズウッド(Breezewoodまでは州間高速道路70号線、バレーフォージからブリストル・タウンシップまではI-276、ブリストル・タウンシップからニュージャージー州境までは州間高速道路95号線になっている。

PTPは自動車利用が盛んになった1930年代に、アパラチア山脈を越えるのに、1880年代にあったサウス・ペンシルベニア鉄道(South Pennsylvania Railroad)の7つのトンネルを使ってデザインされ、1940年にカーライル付近が一部開通して、これは初めての自動車道路のひとつで、後の州間高速道路への先鞭をつけた。

第二次世界大戦後、1950年代前半にバレーフォージからオハイオ州境まで、次に東へデラウェア川へまで延長されて、1956年にはデラウェア川橋の完成で全幹線が開通した。また1960年代にはトンネルの拡張、トンネルをバイパスするような工事が行われて、全線4車道の道路となった。

ペンシルベニア・ターンパイクの管理はペンシルベニア・ターンパイク委員会が行なっている。

その他編集

Home could be the Pennsylvania Turnpike
と歌われている[1]

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集