ペーゲウス古希: Φηγεύς, Phēgeus)は、ギリシア神話の人物である。長音を省略してペゲウスとも表記される。主に、

のほか数名が知られている。以下に説明する。

アルペイオスの子編集

 
ペーゲウスが支配したとされる古代都市プソーピス英語版

このペーゲウスは、アルカディアー地方の都市プソーピス英語版の王である[1][2]。河神アルペイオスの息子で[3][4]、プロノオス、アゲーノール[5]、あるいはテーメノス、アクシオーンと[6]、娘アルシノエーの父[7](アルペシボイアとも[3][8])。

プソーピスはペーゲウスが支配するまではエリュマントスと呼ばれていたが、ペーゲウスが王となると自らの名前にちなんでペーギアーと改めた[2][8]。後にエピゴノイの1人アルクマイオーンがプソーピスを訪れたとき、彼は母殺しの罪のためにエリーニュスに追われ、狂気に憑かれていた。そこでペーゲウスはアルクマイオーンの罪を浄めてやり、さらに娘と結婚させた。しかしアルクマイオーンが原因でプソーピスから実りが失われたため、アルクマイオーンはプソーピスを去ってアイトーリア地方とアカルナーニア地方の境界をなすアケローオス川に赴き、河神によって改めて浄められ、河神の娘カリロエーと結婚した。しかしカリロエーにハルモニアーの首飾りとペプロスをねだられたため、プソーピスに戻り、神に捧げたときに狂気から解放されるとの神託があったためと偽ってハルモニアーの2つの宝物を持ち去ろうとした。ペーゲウスは最初は娘婿の言葉を信じたが、嘘が発覚すると、息子たちに命じてアルクマイオーンを殺させた[1][9]。アルシノエーは兄弟を責めたために、兄弟たちによってアルクマイオーンの殺害者としてアガペーノール王に奴隷として与えられた[10]

オウィディウスヒュギーヌスによると、アルクマイオーンを殺したのはペーゲウス自身であり[4][11]、それに加えてペーゲウスはエウリュピュロスを殺し[4]、さらにアルペシボイアの娘を殺した[3]。アルペシボイアの息子クリュティオスは母の兄弟が父を殺したことを知ると、故郷を捨ててエーリス地方に移住した[12]

ダレースの子編集

このペーゲウスは、トロイアーの鍛冶神ヘーパイストスの神官ダレースの子で、イーダイオスと兄弟。ともに武芸に長けた戦士で、トロイア戦争ではイーダイオスとともに戦車で戦った。彼らが徒歩で戦うディオメーデースと遭遇したとき、ペーゲウスはディオメーデースめがけて槍を投じたが、槍は外れてディオメーデースの左肩をかすめた。これに対してディオメーデースが投じた槍は胸に当たり、ペーゲウスは戦車から転がり落ちた。イーダイオスはペーゲウスが討たれると、兄の遺体を守って戦わずに戦車から飛び降りた。このときヘーパイストスはダレースが悲しまないように、イーダイオスを闇に包んで救った[13]

その他の人物編集

脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、3巻7・5。
  2. ^ a b パウサニアース、8巻24・2。
  3. ^ a b c ヒュギーヌス、244話。
  4. ^ a b c ヒュギーヌス、245話。
  5. ^ アポロドーロス、3巻7・6。
  6. ^ パウサニアース、8巻24・10。
  7. ^ アポロドーロス、3巻7・5。
  8. ^ a b パウサニアース、8巻24・8。
  9. ^ パウサニアース、8巻24・8-10。
  10. ^ アポロドーロス、3巻7・5‐6。
  11. ^ オウィディウス『変身物語』9巻。
  12. ^ パウサニアース、6巻17・6。
  13. ^ 『イーリアス』5巻9行以下。
  14. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』5巻263行。
  15. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』9巻765行。
  16. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』12巻371行-382行。

参考文献編集