メインメニューを開く

ペーター・レーゼルドイツ語: Peter Rösel1945年2月2日 - )はドイツピアニストである。ドレスデン生まれ。

ペーター・レーゼル
Roesel-31.10.15.jpg
基本情報
生誕 (1945-02-02) 1945年2月2日
出身地 ドイツの旗 ドイツドレスデン
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

概説編集

1945年にドレスデンに生まれた。生地のドレスデン音楽大学で学んだ後、モスクワに留学しモスクワ音楽院ドミトリー・バシキーロフレフ・オボーリンに師事した。1966年のチャイコフスキー国際コンクールに出場し6位に入賞したほか、1968年にはモントリオール国際ピアノコンクールで2位に入賞した。現在はドレスデンに在住し、母校のドレスデン音楽大学で2012年まで教授をつとめた。

これまでに5つの全ての大陸の40を超える国々で演奏を行っている。共演した著名な指揮者ルドルフ・ケンペクルト・ザンデルリングキリル・コンドラシンクラウス・テンシュテットヘルベルト・ブロムシュテットクルト・マズアホルスト・シュタインベルナルト・ハイティンクギュンター・ヘルビヒウラジーミル・フェドセーエフシャルル・デュトワユーリ・テミルカーノフマレク・ヤノフスキドミトリー・キタエンコハンス・フォンクハルトムート・ヘンヒェンクラウス・ペーター・フロールダニエル・ハーディング、若杉弘、朝比奈隆など、主要なオーケストラにはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ベルリン交響楽団シュターツカペレ・ドレスデンロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団モーツァルテウム管弦楽団新日本フィルハーモニー交響楽団デトロイト交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団などがある。ザルツブルク音楽祭エディンバラ国際フェスティバルBBCプロムスなどの音楽祭にも出演している。

2005年にはドレスデン音楽祭で紀尾井シンフォニエッタ東京との共演によりベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を演奏した。この縁がもととなり2007年4月に日本では30年振りとなるコンサートを紀尾井ホールで開催した。さらに2008年10月からはベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲を同ホールにて4年にわたり演奏するプロジェクトが進行中である[1]

また2007年の第3回仙台国際音楽コンクールではピアノ部門の審査副委員長を務めた[2]

2009年にはKunstpreis der Stadt Dresden 2009(ドレスデン市芸術賞)受賞。

録音にはフロール指揮のベルリン響との共演によるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集やブラームスのピアノ独奏曲全集などがある。冷戦時のいわゆる“鉄のカーテン”の影響もあり日本を含む当時の西側諸国での知名度はさほど高くないが、その実力は一級品である。音楽評論家の大木正純はベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の録音について「ベートーヴェンを心から愛する人々には、これは一つの新しい、そして掛けがえのない宝物となることを信じて疑わない」と述べている[3]

脚注編集

外部リンク編集