ホアビン文化: Hoabinhian culture)とは、東南アジア中石器時代から新石器時代前期の文化のことである[1]。1920年代にフランス考古学者であるM.コラニがベトナム北部のホアビン地方洞窟遺跡で発見した石器類によって命名[1]打製石器だけで土器は伴わない[1]

脚注編集

  1. ^ a b c ホアビン文化とは” (日本語). コトバンク. 2022年7月30日閲覧。

外部リンク編集