株式会社ホシノインパル: HOSHINO IMPUL Co., Ltd.)は、東京都世田谷区に本社を置く、元レーシングドライバー星野一義が代表を務める日本の企業。社名の由来は英単語の「インパルス(impulse)」から。

株式会社ホシノインパル
HOSHINO IMPUL Co.,Ltd.
Hoshino Impul setagaya2022.jpg
本社 / 世田谷ショールーム
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
156-0054
東京都世田谷区桜丘五丁目32-3
設立 1980年6月10日
業種 輸送用機器
法人番号 9010901011111
事業内容 自動車用機能部品の開発及び販売
自社製品装着車両の販売
代表者 代表取締役 星野一義
関係する人物 星野一樹(取締役)
外部リンク http://www.impul.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

1980年6月、静岡県静岡市にて星野一義とモトクロス時代のチームメイトで義弟(星野の妹の夫[1])でもある金子豊(2015年死去)と共に設立。金子はモトクロスを辞めたあと本田技研工業を経てダイハツ自動車に勤め、トップの販売実績を持つセールスマンとなっており、星野はかねてから事業を始める時は一緒に始めたいと思い声を掛けていた。星野は金子を口説き落とし、この「社員2名」でインパルは始まった。「インパル」とは、衝撃・衝動の意味を持つ英語「インパルス(IMPULSE)」をもとに、金子が辞書で調べて提案し、星野が「インパルスだとちょっと語呂が悪いから、言いやすいようインパルにしよう」と電話での会話で決定した[2]。役職は星野が代表取締役社長、金子が営業部長(のち副社長)となった。最初は当時静岡だった星野の自宅を本社、金子の自宅を東京営業所と称して始める事で決まった[3]

設立の目的は、星野がレースで必要とするパーツの開発・製造を行うと同時に、それらをレースからフィードバックして一般に販売することでレース活動の資金を得ることと、星野は当時32歳であったが、レーサーをいつか辞める時が来る、その時のためにレーシングドライバーだけでは食べていけなくなるとの考えからであった[映像 1]

1980年埼玉県狭山市(当時の金子の自宅)に東京営業所設立。

活動初期はホイールの企画・販売(製造は業務提携したエンケイ)を事業の柱としており、星野と金子は営業車を一台買い、その車で多忙なレース活動の合間を縫ってホイールを持参しながら北海道から九州まで地道にホイールを扱う問屋やカー用品店・ディーラーを営業活動で回っていたが、2年近く経ってもなかなか製品はヒットしなかった。

星野と金子がビジネスの厳しさを痛感していた頃に転機が訪れる。星野自身が参戦する富士スーパーシルエットレースでのレース車両「シルビア・スーパーシルエット」にIMPULのホイールを装着し活躍。それを市販化したホイール「D-01シルエット」は、ひと月で2万本売れる大ヒット作となった[4][注釈 1][5]

1982年、東京営業所を東京都武蔵野市吉祥寺に移設[6]。「D-01シルエット」の大ヒットにより事業は軌道に乗り、星野がインパルのビジネスが成功した場合は始めたいと構想していたレーシングチームの運営に着手[5]1983年4月に星野が総監督とドライバーを務め、金子が現場監督となるレーシングチームでホシノインパル関連会社となる有限会社ホシノレーシングを設立。ホシノインパルが運営母体となった(詳細は下記「ホシノレーシング」の節を参照)。

1983年9月より本社を静岡から、東京営業所のある吉祥寺からほど近い東京都三鷹市下連雀に移転[2]。同所は星野と縁深い日産の「日産厚生園 (2002年に売却)」ほど近くに位置していた。同年12月には本社に「三鷹デポ」を設立。

1984年4月、三鷹の本社にショールームをオープンさせ、星野も静岡から転居し東京が活動拠点となった[7]。商品ラインナップも増加し、星野のレース実戦でのノウハウを注ぎ込んだ独自のステアリング、主に日産車向けのエアロパーツやチューニングパーツの開発・販売を行い、スポイラー、マフラーなどチューンナップパーツの他、Tシャツやトレーナー等アパレルやキーホルダーデジタルウォッチ、ステッカー類など多彩な商品展開となった。ホシノレーシング設立以後は同ショールームに星野の駆るF2GCに参戦するレーシングマシンが置かれていたこともあった。

1988年5月、東京都世田谷区桜丘環八通り沿い)に新本社と、併設の新ショールームが完成。三鷹から同所へ本社移転が完了、ショールームも移転。これより展示販売・購入受付は世田谷で受け、ユーザー車へのパーツ取付け作業は三鷹デポで行う体制となった[8]

1999年に世田谷本社ショールーム拡張工事が完成すると、三鷹に残っていたデポを移転併合し機能が集結された。

1990年代以後は、主に北米で販売されている日本未発売の日産車・インフィニティ車逆輸入販売も手掛ける。さらに規制緩和により可能になったことから日産ディーラーを通じチューニング済みのコンプリートカー(完成車)の販売も開始。海外への展望もあり、マレーシアに事業進出なども果たしている。

星野は「究極的にはメルセデス・ベンツにとってのAMGや、BMWにとってのアルピナのような存在になりたい。日産車をチューンナップ、ドレスアップと言えばIMPULと誰もが思ってくれるような、半歩先に行っているモノを作っていきたい」とインパルの理念や商品コンセプトを語っている。

2014年、星野一義の長男でありレーシングドライバーとしてキャリアを重ねていた星野一樹がホシノインパルに入社[9][注釈 2]。徐々に商品企画や開発に関与して行くこととなる。

2015年5月3日、これまでIMPULを星野と共に支え、体調を崩し3年間闘病していた金子豊副社長が72歳で死去[10][11]

2020年、新事業として100%再生可能エネルギーで供給する電力サービス「IMPULでんき」を開始[12][13]

2021年をもって一樹が現役レーサーとして参戦していたスーパーGTシリーズの第一線から引退[14]。すでにホシノインパルの取締役にもなっており[9]、これまでのレーサーとの二足の草鞋ではなく社業の商品開発及び運営に本腰を入れて活動する体制となった。

一樹のホシノインパル入り以後は、創業以来これまで父・一義がやって来たインパル製品のエアロパーツの監修やセッティング決定(サスペンションなど)も一樹が受け継ぎ決めている[映像 2]。一義は「近頃は僕は一歩、二歩引いて全体を見る立場。会議などでも僕が口を出さなければ出さないほどイイ車が出来る。ファッション業界と同じで流行のスタイルやユーザーの世代も移っていくものであり、いつまでも70代になった僕がエアロデザインを最終決定しているようではおかしいし、若い世代がそうやって決めていかないといけないよね」と述べている[映像 3]

ホシノインパル製品編集

ガレージインパルはもちろん、一部車種を除き、全国の日産ディーラーでも注文・取付が可能である。

など。これらの車両は北米仕様車をベースに、灯火類やサイドアンダーミラー(ムラーノ、パスファインダー、QXシリーズ)などを日本国内に合わせての販売となるため、全車左ハンドルとなる。

プロゴルファーの尾崎将司日産・シーマのインパルスペシャル ジャンボ尾崎バージョンを所有しており、元MLB選手のイチローは、星野ファン・日産ファンであり、イチロー自身の愛車であるシーマやマーチのチューニングをIMPULにオーダーし、アメリカにおいてもIMPULマーチを愛車とした。

ホシノレーシング編集

有限会社ホシノ・レーシング
HOSHINO RACING Co., Ltd.
種類 有限会社
本社所在地   日本
静岡県御殿場市神場二丁目35番地
設立 1983年4月
業種 サービス業
法人番号 7012402019676
事業内容 モータースポーツ競技会への参戦及びマネジメント
競技車両の整備
代表者 代表取締役 星野一義
外部リンク http://www.impul.co.jp/race/index.html
テンプレートを表示
TEAM IMPUL
 
2022年マシン
国籍   日本
本拠地 静岡県御殿場市
チーム代表 星野一義
活動期間 1983年 - 現在
カテゴリ 全日本F2全日本F3000FNSF,全日本F3
JSPC富士GC
JTCJTCCJGTCSUPER GT
チームズ
タイトル
JGTC 1(1994
SUPER GT 1(2022
FN 7(2003,2004,2005,2006,2007,2008,2010
SF 1 (2021)
ドライバーズ
タイトル
全日本F3000 (1987,1990,1993,1995
FN 7(2001,2003,2005,2006,2007,2008,2010)
JSPC 2 (1991,1992(C1)
富士GC 3 (1984,1985,1987)
JTC 1 (1990)
JGTC 2(1994,1995
SUPER GT 1(2022
2023年のスーパーフォーミュラ
エントリー名 TEAM IMPUL
レーサー 19.   関口雄飛
20.   平川亮
マシン SF19トヨタ
タイヤ 横浜ゴム
2022年のSUPER GT (GT500)
エントリー名 TEAM IMPUL
レーサー   平峰一貴
  ベルトラン・バゲット
マシン 12. カルソニック IMPUL Z
タイヤ ブリヂストン
テンプレートを表示

概要編集

1983年ヒーローズレーシングから独立した星野が、自らのレーシングチームとして有限会社ホシノレーシングを設立。

全日本F2選手権から続く国内トップフォーミュラ、全日本耐久選手権全日本ツーリングカー選手権全日本GT選手権SUPER GT等に参戦している。日本のレーシングチームの中で人気の高いチームのひとつ。SUPER GTにおいては、前身の全日本GT選手権時代を含めて全レースに出場し続けている唯一のチームでもある。

1988年11月にホシノレーシング本社およびファクトリーを東京都三鷹市から埼玉県新座市に移転。

2002年7月、ファクトリーを静岡県御殿場市に移転。

全日本F2選手権編集

  • 1983年
    No.2 LARK MILD 832/マーチ832・BMW 星野一義
  • 1984年
    No.1 LARK 842/マーチ842・BMW 星野一義
  • 1985年
    No.2 LARK 85J/マーチ85J・ホンダ 星野一義
  • 1986年
    No.2 BYZERO 86J HONDA/マーチ86J・ホンダ 星野一義

全日本F3000選手権編集

  • 1987年
    No.1 マーチ87B/ホンダローラT87/50/ホンダ 星野一義
  • 1988年
    No.1 ローラT88/50/無限 星野一義
  • 1989年
    No.1 ローラT89/50/無限 星野一義
  • 1990年
    No.19 ローラT90/50/無限 星野一義
  • 1991年
    No.1 ローラT91/50/無限 星野一義
  • 1992年
    No.19 ローラT92/50/無限 星野一義
  • 1993年
    No.19 ローラT92/50/フォード 星野一義
  • 1994年
    No.1 ローラT93/50/無限 星野一義
  • 1995年
    No.19 ローラT95/50/無限 星野一義
    o.15 ローラT94/50/無限 鈴木利男

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン編集

かもめサービス RACING TEAM with IMPUL(ローラT96/52・無限MF308)#1 鈴木利男
カルソニック RACING TEAM with IMPUL(ローラT96/52・無限MF308)#19 星野一義
TEAM IMPUL(ローラT96/52・無限MF308)#19 黒澤琢弥/#20 影山正彦
MAZIORA TEAM IMPUL(ローラT98/52・無限MF308)#19 黒澤琢弥/#20 影山正彦
BE BRIDES IMPUL(ローラB99/51→レイナード99L・無限MF308)#19 影山正美/#20 野田英樹
TEAM IMPUL(レイナード99L・無限MF308)#19 本山哲
excite TEAM IMPUL(レイナード01L/99L・無限MF308)#19 本山哲/#20 ナレイン・カーティケヤン
XBOX TEAM IMPUL(レイナード01L・無限MF308)#1 本山哲/#2 ミハエル・クルム(第1・2戦)
TEAM IMPUL(ローラB351・無限MF308)#19 本山哲/#20 ブノワ・トレルイエ
mobilecast TEAM IMPUL (ローラB351・無限MF308)#19 ブノワ・トレルイエ/#20 井出有治
mobilecast TEAM IMPUL(ローラB351・無限MF308) #19 ブノワ・トレルイエ/#20 井出有治
arting RACING TEAM with IMPUL(ローラB351・無限MF308)#23 本山哲
arting RACING TEAM with IMPUL(FN06トヨタRV8J)#1 本山哲/#2 星野一樹
mobilecast TEAM IMPUL(FN06・トヨタRV8J)#19 ブノワ・トレルイエ/#20 松田次生
mobilecast TEAM IMPUL(FN06・トヨタRV8J)#1 ブノワ・トレルイエ/#2 松田次生
Arabian Oasis TEAM IMPUL(FN06・トヨタRV8J)#19 本山哲/#20 ミハエル・クルム
LAWSON TEAM IMPUL(FN06・トヨタRV8J)#1 松田次生/#2 ブノワ・トレルイエ
TP Checker TEAM IMPUL(FN06・トヨタRV8J)#20 平手晃平
LAWSON TEAM IMPUL(FN09トヨタRV8K)#1 松田次生/#2 ブノワ・トレルイエ
ahead TEAM IMPUL(FN09・トヨタRV8K)#20 平手晃平
Mobil 1 TEAM IMPUL(FN09・トヨタRV8K)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 平手晃平
TEAM IMPUL(FN09・トヨタRV8K)#1 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#2 平手晃平
TEAM IMPUL(FN09・トヨタRV8K)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 松田次生
TEAM IMPUL(FN09・トヨタRV8K)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 松田次生

全日本選手権スーパーフォーミュラ編集

LENOVO TEAM IMPUL(SF13・トヨタRV8K)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 松田次生
LENOVO TEAM IMPUL(SF14・トヨタR14A)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 ナレイン・カーティケヤン
LENOVO TEAM IMPUL(SF14・トヨタR14A)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 アンドレア・カルダレッリ
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL(SF14・トヨタR14A)#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/#20 関口雄飛
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL(SF14・トヨタR14A)#19 関口雄飛/#20 ヤン・マーデンボロー
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL(SF14・トヨタR14A)#19 関口雄飛/#20 平川亮
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL(SF19・トヨタR14A)#19 関口雄飛/#20 平川亮
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL(SF19・トヨタR14A)#19 関口雄飛/#20 平川亮
carenex TEAM IMPUL(SF19・トヨタR14A)#19 関口雄飛/#20 平川亮

富士GC編集

  • 1983年
    No.1MCSIV(マーチ822)/BMW 星野一義
  • 1984年
    No.19MCSV(マーチ832)/BMW 星野一義
  • 1985年
    No.1MCSVI(マーチ842)/BMW 星野一義
  • 1986年
    No.1MCS7(マーチ85J)/BMW 星野一義
  • 1987年
    No.1MCS7改(マーチ86B)/フォード 星野一義
  • 1988年
    No.1MCS8(マーチ88GC)/無限MCS8(ローラT88/50)/無限 星野一義
  • 1989年
    No.19セルモ89Ge(ローラT89/50)/無限 星野一義

全日本F3選手権編集

  • 1985年
    No.22 ラルトRT30/日産 佐野和志
  • 1988年
    No.30 ラルトRT32/日産 近藤真彦
  • 1989年
    No.30 ラルトRT32/日産 近藤真彦
  • 1990年
    No.30 ラルトRT33/無限 近藤真彦
  • 1991年
    No.19 ラルトRT35/無限 金石勝智
  • 1992年
    No.19 ラルトRT35/無限 高村一明

全日本耐久選手権・全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)編集

全日本ツーリングカー選手権(JTC)編集

  • 1987年
    No.6 R30スカイラインRSターボ 北野元/影山正彦
  • 1988年
    No.12 R31スカイラインGTS-R 和田孝夫/北野元
  • 1989年
    No.12 R31スカイラインGTS-R 星野一義/北野元
  • 1990年
    No.12 R32スカイラインGT-R 星野一義/鈴木利男
  • 1991年
    No.1 R32スカイラインGT-R 星野一義/鈴木利男
  • 1992年
    No.12 R32スカイラインGT-R 星野一義/影山正彦
  • 1993年
    No.12 R32スカイラインGT-R 星野一義/影山正彦

全日本ツーリングカー選手権(JTCC)編集

  • 1994年
    No.12 P10プリメーラ 星野一義
  • 1995年
    No.12 P10プリメーラ 星野一義
  • 1996年
    No.12 P11プリメーラ 星野一義
  • 1997年
    No.12 P11プリメーラ 星野一義

全日本GT選手権(JGTC)編集

  • 1994年
    No.12 R32スカイラインGT-R 影山正彦
  • 1995年
    No.1 R33スカイラインGT-R 影山正彦
  • 1996年
    No.1 R33スカイラインGT-R 星野一義/影山正彦
    No.12 S14シルビア 本山哲/水野文則
  • 1997年
    No.12 R33スカイラインGT-R 星野一義/本山哲
  • 1998年
    No.12 R33スカイラインGT-R 星野一義/黒澤琢弥
  • 1999年
    No.12 R34スカイラインGT-R 星野一義/影山正美
  • 2000年
    No.12 R34スカイラインGT-R 星野一義/本山哲
  • 2001年
    No.12 R34スカイラインGT-R 星野一義/本山哲/服部尚貴
  • 2002年
 
2002年マシン
  • No.12 R34スカイラインGT-R 星野一義/田中哲也/ブノワ・トレルイエ
  • 2003年
    No.12 R34スカイラインGT-R ブノワ・トレルイエ/井出有治
  • 2004年
    No.12 Z33フェアレディZ ブノワ・トレルイエ/井出有治

SUPER GT編集

 
2011年マシン
  • No.12 R35 GT-R 松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
  • 2012年
    No.12 R35 GT-R 松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
  • 2013年
    No.12 R35 GT-R 松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
  • 2014年
 
2014年マシン

主なメインスポンサー編集

カルソニックスカイライン編集

 
1990 カルソニック スカイライン
ニスモのエキシビションにて

青のスカイラインとして星野一義/ホシノレーシングを、そして日本のレース界を象徴する存在と言える。初登場は1988年の全日本ツーリングカー選手権(JTC)のスカイライン GTS-R(R31型)。当時は星野はドライブしてなかった。翌1989年から星野自身もドライブ。1990年には前年に発売されたスカイラインGT-R(R32型)を投入し、星野一義/鈴木利男組でシリーズチャンピオンに輝く。

1993年に全日本GT選手権(JGTC)が発足すると、R32スカイラインで影山正彦をドライバーとし、1995年シーズンまで3年連続チャンピオン(1993年シーズンはNISMOからのエントリー。1995年からR33スカイライン)に輝く。レギュレーションの変更により、1995年途中からはそれまで監督だった星野一義もドライブするようになった。

星野と組んだドライバーは1989年が北野元、1990年、1991年が鈴木利男、1992年、1993年(JTC)、1995年、1996年(JGTC)は影山正彦、1997年、2000年、2001年は本山哲、1998年は黒澤琢弥、1999年は影山正美がドライブしている。2002年には田中哲也と組んでいたが、シーズン途中に星野が引退表明し、田中哲也/ブノワ・トレルイエのコンビとなった。

翌2003年はトレルイエに井出有治を加え、シーズン2勝をあげる。2レース制が導入された富士と最終戦鈴鹿で勝ち、前年に販売終了となった関係で、この年限りで参戦終了となったスカイラインGT-Rの有終の美を飾った。

全日本GT選手権参戦時のカーナンバーは、1993年に2番をつけてチャンピオンを獲ったため、1994年から2年間は1番をつけていたが、1996年にタイトルを逃すと(これ以降、SUPER GTとなった2013年に至るまでシリーズチャンピオンを経験していない)、グループA時代からつけていた12番を一貫してつけている。

カルソニックインパルZ編集

NISMOは、2003年限りで参戦終了となったスカイラインGT-Rの後継車種として、全日本GT選手権(SUPER GT)・GT500クラスのベースマシンをフェアレディZ(Z33型)に変更した。その中のマシンの一台である。この車は、ほぼ半分のパーツがスカイラインGT-R(R34型)から転用されている。

2004年は井出有治、ブノワ・トレルイエのコンビで参戦し、前半は不運で泣くが、最終戦で優勝を飾る。2005年もこのコンビで参戦。2006年は井出有治がF1に進出。ブノワ・トレルイエのチームメイトに星野一義の息子である星野一樹がGT300からステップアップした。2006年はこの年からシリーズ戦に組み込まれた「Pokka鈴鹿1000km」でポールトゥーウィンを飾っている。2007年もブノワ・トレルイエ/星野一樹のコンビで参戦。2006年、2007年の鈴鹿1000kmレースでは第3ドライバーとしてジェレミー・デュフォアを登録した。

カルソニックIMPUL GT-R編集

2007年限りで参戦を終了したフェアレディZの後継車両として、また、日本のレース界を象徴する存在であるカルソニックスカイラインの再来として、GT-R(R35型)が2008年開幕戦より参戦している。鈴鹿の開幕戦でスタート直後に第2コーナーで接触されスピンしリヤを大破させてしまうも、なんとかコース復帰し松田はファステストラップを叩き出しポテンシャルの高さを見せ付けた。続く第2戦の岡山ではセミウエットとウエットの間のような難しいコンディションの中2位でゴールし鈴鹿の因縁を晴らすことに成功した。第6戦鈴鹿1000kmと最終戦富士を制し、シリーズ4位で2008年シーズンを終えた。

2009年シーズンはメインスポンサーから一時撤退したが、2010年には再び復帰、以降一貫してカルソニックブルーのGT-Rがサーキットを疾走している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 逸話として、一日20軒以上営業で回り始めた活動初期は、どこに行っても出されるインスタントコーヒーを全て飲んでいた為おなかがふくれてしまい具合が悪くなったという。また、D-01シルエットが大ヒットとなり街の駐車場で装着車を見かけるようになった時はあまりに喜びが大きく、自分の名刺の裏に「お買い上げありがとうございます!」と書いてワイパーに挟んでいたと星野が述べている。
  2. ^ 一樹はレース活動を開始する以前の学生時代からインパルでアルバイトをしていた時期もあり、運営・商品企画などを長く見て学んでいた。

出典編集

  1. ^ レース業界の重鎮 松本さんと金子さんが逝去 CARトップ 2015年5月22日
  2. ^ a b 「ホシノインパル」社名の由来・日本一速い男、星野一義の副業ビジネス成功例 東洋経済online 2021年6月13日
  3. ^ ヒューマントーク・生き様に詰まった義理人情 ENKEIホイール
  4. ^ 「日本一速い男」が激白「ホシノインパル」の誕生と苦境からの逆転劇 オートメッセweb 2021年2月21日
  5. ^ a b 伝説のインパルD-01シルエット誕生秘話・星野一義&稲田大二郎スペシャル対談 モーターファン 2022年7月4日
  6. ^ 会社沿革 HOSHINO IMPUL
  7. ^ 星野インパル初期のカズヨシ100%!【OPTION 1984年2月号より 前編】 2017年6月13日
  8. ^ 東京モータースポーツショップガイド完全マップ ホシノインパル Racing On No.055 100頁 武集書房 1989年8月15日発行
  9. ^ a b 星野一樹、インパル次の10年を語る ベストカー 2020年6月26日号 講談社
  10. ^ ホシノインパル取締役副社長、有限会社ホシノレーシング代表取締役の金子豊氏が死去 東京中日スポーツ 2015年月日
  11. ^ 岡山での力走が最大の追悼。松本さん、金子さんを偲んで スーパーフォーミュラ公式ウェブサイト 2015年5月24日
  12. ^ carenex TEAM IMPULがスーパーフォーミュラ参戦体制を発表 オートスポーツweb 2021年3月10日
  13. ^ 新サービス・IMPULでんきのご案内 ホシノインパル 2020年1月5日
  14. ^ 二度のGT300チャンピオン、星野一樹が2021年を最後にスーパーGTを退くことを報告 - オートスポーツ・2021年9月7日

映像資料編集

  1. ^ R32GT-Rで戦った伝説のグループAレースを 高橋国光の思い出を"日本一速い男"星野一義と土屋圭市が語る【前編】. CarPrime. (2022年4月13日). https://www.youtube.com/watch?v=j2c4_z_c2Fw&t=2246s 
  2. ^ 【マサタイムズ】星野一義・一樹 親子 後編 ~ホシノインパル~. auto sport SUB Channel. (2020年10月10日) 
  3. ^ ホシノインパル 全開魂 第一弾企画:親子対談 Part.2. ホシノインパル 全開魂. (2021年11月3日). https://www.youtube.com/watch?v=aGk7inTt5AE 

関連項目編集

外部リンク編集