ホステル (映画)

2005年公開の映画

ホステル』(原題:『Hostel』)は、2005年に制作されたスプラッター映画アメリカ合衆国チェコ共和国による合作。

ホステル
Hostel
監督 イーライ・ロス
脚本 イーライ・ロス
製作
  • クリス・ブリッグス
  • マイク・フライス
  • イーライ・ロス
出演者
音楽 ネイサン・バー
撮影 ミラン・チャディマ
編集 ジョージ・フォルスィー・ジュニア
製作会社
配給
公開
  • 2005年9月17日 (2005-09-17) (トロント国際映画祭)
  • 2006年1月6日 (2006-01-06) (アメリカ合衆国)
  • 2006年10月28日 (2006-10-28) (日本)
上映時間 94分[2]
製作国
言語
製作費 $4.8 million[3]
興行収入 $80.6 million[3]
次作 ホステル2
テンプレートを表示

ストーリー

アメリカからやってきた大学生のパクストンとジョッシュは、バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行していた。途中でアイスランド人のオリーも加わり、3人は毎晩遊び歩いていた。

ある夜、ホテルに戻ろうとした3人は、出入り口の扉が閉まっていて中に入れないことに気付く。パクストンが「中へ入れてくれ!」と大声で叫ぶが、別の建物にいた住人から「うるさい!」「静かにしろ!」と罵倒されビンを投げられてしまう。その時、3人を別の建物の中へ誘導する人物が現れ、3人は難を逃れた。3人を助けた人物はアレックスといい、3人がヨーロッパを横断旅行中である旨を聞くと、「スロバキアブラチスラヴァの郊外にある田舎町に、いいオンナとファックできるホステルがある」という話を聞かせる。早速3人はそのホステルへ向かうことにする。

途中の電車で中年男性と軽いトラブルが起きるも無事ホステルに到着した3人は、相部屋になった2人の女性(ナターリアとスヴェトラーニャ)と楽しい一夜を過ごす。オリーは途中から受付の女性ヴァーラと仲睦まじくしていた。ところが翌朝、部屋で目を覚ましたパクストンとジョッシュはオリーの姿が見えないことに気付く。受付に確認するとチェックアウトしたと言われ、女性宿泊客のカナからは友人ユキとオリーのツーショット写真が「さようなら」とメッセージ付きで送られた携帯電話を見せられる。

街に出かけたパクストンとジョッシュはオリーらしき男を見かけるが、追いついてみると同じジャケットを着た別人だった。2人が腑に落ちないでいると、携帯電話にオリーからの「帰国する」というメッセージが届く。不審に思って電話をかけてみるが応答はない。 ホステルのロビーで明日一緒に出発することをカナと約束したパクストンとジョッシュは、相部屋の2人に誘われてディスコに繰り出すことにする。

しかし、気分が悪くなったジョッシュは1人でホステルに戻り、ヴァーラに付き添われてベッドに寝かされる。2人と飲み続けていたパクストンはトイレに向かうが、気分の悪さから誤って倉庫に入って出られなくなり、やがて座り込み気を失ってしまう。

ジョッシュが目を覚ますと見知らぬ部屋におり、下着だけで椅子に拘束されている状態だった。やがて男が1人部屋に入ってくると、拷問用の道具を物色し始める。

 
チェコでの『ホステル』公開初日時の様子。左から、マイケル・デイヴィッド、ヤン・ブラサーク、イーライ・ロス、バルバラ・ネデルヤーコヴァ、フィリップ・ウェイリー(2006年

出演

役名 俳優 日本語吹替
パクストン ジェイ・ヘルナンデス 阪口周平
ジョッシュ デレク・リチャードソン 上田燿司
オリー エイゾール・グジョンソン 木下浩之
娼婦 ポーラ・ワイルド
オランダ人のビジネスマン ヤン・ブラサーク 西村知道
アレックス ルドミール・ブコヴィ 宮下栄治
ナターリア バルバラ・ネデルヤーコヴァ 目黒未奈
スヴェトラーニャ ヤナ・カデラフコヴァ 兒玉彩伽
カナ ジェニファー・リム 木下紗華
ユキ Keiko Seiko
ヴァーラ ヤナ・ハブリチコヴァ 小橋知子
警官 ミロスラフ・タボルスキー 安元洋貴
アメリカ人の顧客 リック・ホフマン 古澤徹
日本人の顧客 三池崇史

登場人物

  • パクストン
本作の主人公。ジョッシュの友人でアメリカ人。ジョッシュと大学の卒業論文を書く為にカルフォルニアから旅をしていた。当初はふざけやすい性格で、ディスコにいたボディーガードに挑発をしたり、オリーの尻に落書きをしていた。8歳の頃に池に溺れていた少女を助け出せず、長年悪夢にうなされていたという過去がある。ジョッシュとオリーがいなくなった事に気付いた彼は、ナターリアの紹介でアートショーへ行く。そこで彼はこの世の物とは思えない体験をする事になる。
  • ジョッシュ
パクストンの友人でアメリカ人。パクストンと二人で卒業論文を書く為に旅をしていた。作家になりたいという夢がある。失恋経験あり。アムステルダムに訪れた際、ディスコにいた客と揉めていたが、女性を金で買うという行為は好きではない模様。列車で出会ったオランダ人と接するも、彼に脚を触れられ激怒してしまう。その後、スロバキアでオランダ人と再会し、彼に酒を奢った。次の日にディスコで酒を飲んだ際、ナターリアに薬を盛られ、ホステルに戻り眠りに就く。しかし、目覚めた彼は見知らぬ場所で両手両足を手錠でかけられ、オランダ人に拷問される。その場から逃げようとするがアキレス腱を切られており、彼に首を切られ死亡する。その後、遺体はパクストンと対面する事になる。
  • オリー
パクストン達が旅をしている途中で出会ったアイスランド人の男性。「夜の帝王」と名乗る程の女性好きだが、アジア人は苦手らしい。実は妻子持ちで、小学生になる6歳の娘がいる。ホステルに着いた彼は受付嬢のヴァーラとダンスをしたり、スパへ行ったりした。しかし翌日、彼はユキと撮った写真と、「サヨナラ」と書かれたメールで謎の失踪を告げてしまう。その後、メールで「帰国した」とパクストンの携帯に送信するが、既に何者かに首を切断されていた。
  • オランダ人のビジネスマン
パクストン達が列車の中で出会ったオランダ人の中年男性。本名は不明。既婚者で一人娘がいる。食の話しを熱く語る一面があり、サラダを食べる際は手が震えている。再びスロバキアで出会ったジョッシュと再会し、彼と一杯飲んだ。だが、その正体はエリートハンティングのメンバーで、ジョッシュを誘拐し、拷問をしていた。本業はビジネスマンをしているものの、実際は外科医になる夢を持っており、手が震える事が原因で夢を諦めた。ジョッシュを解放した後は彼の首を切り殺害した。口笛を吹く癖がある。その後、再び列車に乗った彼は駅のトイレへ行き、エリートハンティングの名刺を拾うが、下からパクストンにメスで指を切断され、彼に首を切られ殺害される。
  • アレックス
パクストン達がアムステルダムのホステルで門限を過ぎてしまい、入れなくなった彼らを部屋に入れた青年。ヤクで周りが見えない2人の友達がいる。彼らにスロバキアを紹介した張本人。終盤、実はナターリア、スヴェトラーニャと友人でエリートハンティングと関係を持っていたことが判明した。それを見ていたパクストンに車ではね飛ばされ死亡する。
  • ナターリア
スヴェトラーニャの友人でスロバキアに住む女性。イタリア人で両親はロシア人。ディスコにいた際、ジョッシュと2人で踊ったり、彼と寝たりした。しかし、その正体はエリートハンティングの仲間でジョッシュとオリーを探していたパクストンをアートショーまで案内した後、彼を売った。パクストンが車で脱出した時にスヴェトラーニャとアレックスもろとも轢き殺される。彼女のみ瀕死の状態だったが、パクストンを追ったボディーガードに再び跳ねられ死亡した。
  • スヴェトラーニャ
ナターリアの友人でスロバキアに住む女性。プラハ出身。パクストンと2人で踊ったり、セックスを楽しんでいた。彼女もまたナターリアと同様エリートハンティングと関係があり、アートショーを見た事があるという。彼女もナターリアとアレックスと共に車ではね飛ばされ死亡した。
  • カナ
ユキの友人で日本人女性。ユキと2人でスロバキアで休暇を取っていた。翌日、ユキがいなくなったと気付いた彼女はパクストンにユキとオリーの2人で撮った写真を見せ、文字に書いてある「サヨナラ」を日本語で説明した。英語が得意ではないらしく、作中は片言で話していた。話が進むにつれ、ロビーにいた彼女も謎の失踪を告げてしまう。終盤でアメリカ人の顧客に誘拐され、バーナーで焼かれていた所をパクストンに救われる。その際、焼かれた目をハサミで切断され目からケロイド状が溢れ出た。パクストンと脱出した彼女は駅まで向かうが、ガラスに移り込んだ自信の醜い姿を見て絶望し、列車に飛び込み自殺をした。
  • ユキ
カナの友人で日本人女性。カナと2人でスロバキアで楽しんでいた。翌日、彼女はオリーと2人で写真を撮り、カナにその写真をメールで送っていた。彼女もオリーと同様、何者かに誘拐され足の指をペンチで切断された後、殺害された。
  • ヴァーラ
スロバキアにあるホステルの受付嬢。ホステルに訪れたオリーに夜の帝王と言い当てた。オリーと2人でダンスをしたり、スパへ行ったりした。本作では語られていないが、彼女もエリートハンティングと関係があると思われる。
  • ホテルマン
  • スロバキアにあるホステルのホテルマンでメガネをかけている。喋り方は落ち着いた様子で話している。オリーとジョッシュがいなくなり、パクストンに紙を渡された。後編ホステル2にも登場。
  • 警官
  • 娼婦
アムステルダムの娼婦。部屋に訪れたジョッシュに会う。
  • アメリカ人の顧客
パクストンが更衣室で会ったアメリカ人の男性。カナを誘拐した張本人。興奮しやすい性格で、拷問した後にどうやって殺害するか、ゆっくりやるのか素早くやるのかをパクストンに質問した。本人曰く「売春宿の女や女の乳首など忘れる」模様。カナをバーナーで拷問していた時に、助けに来たパクストンに頭を撃ち抜かれ死亡した。
  • ドイツ人の顧客
  • 日本人の顧客
特別出演で登場。アートショーに訪れたパクストンに忠告をした後、車に乗って立ち去った。

用語

  • ホステル
スロバキアにあるブラティスラバのホステル。「ホステル」とは低価格で泊まれる宿泊施設の意味。
  • ブラティスラバ
スロバキアにある街。風俗街、カジノがある。アレックスによれば、戦争で男が戦死し、女性しかいないという。
  • アムステルダム
パクストン達が訪れたヨーロッパの街。
  • アートショー
スロバキアにある廃墟。ナターリアとスヴェトラーニャ曰く「展覧会」。
  • エリートハンティング

参考

  1. ^ a b c d e f Hostel (2006)”. AFI Catalog of Feature Films. 2019年9月16日閲覧。
  2. ^ HOSTEL (18)”. British Board of Film Classification (2006年1月18日). 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ a b Hostel (2006)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database (2006年2月17日). 2015年9月26日閲覧。

外部リンク