ホセ・デメトリオ・ロドリゲス

ホセ・デメトリオ・ロドリゲス(José Demetrio Rodríguez、1780年2月 - 1846年6月2日[1]スペインの植物学者である。

略歴編集

セビリアで生まれた。1800年までセビリアの王立医学科学協会(Regia Sociedad de Medicina y Demás Ciencias de Sevilla)の植物園のアバト神父(Pedro Abat)から植物学を学んだ。その後マドリードに出て、マドリード王立植物園アントニオ・ホセ・カヴァニレスのもとで働いた。1803年にマリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラとともにスペイン各地の植物の採集を行った。ロドリゲスはスペイン南部を担当し、いくつかの新種を含む、多くの植物を集め、1816年に著書 "Genera et species plantarurn, qaae novaesant aur nondum recte cognascantu"を出版した[2]

1804年にカヴァニレスが没した後も、王立植物園で働き1806年から1827年の間、植物学の副教授を務めた。南米の植物に関する著書、"Flora peruviana et chilensis, y en la Ceres hispánica"に関わった[3]。1839年にマリアーノ・ラガスカの後を継いでマドリード王立植物園の園長を没するまで務めた。

参考文献編集

  1. ^ Obituario de Rodríguez del jueves 4 de junio de 1846 en el diario El Clamor Público (Madrid). En el tercer párrafo, titulado FALLECIMIENTO, afirma que "antes de ayer" (martes 2 de junio de 1846) ha muerto ―en Madrid― José Demetrio Rodríguez.
  2. ^ Material del Herbario Real de Madrid.
  3. ^ Facsímiles de su carrera docente