ホセ・トーレス (俳優)

ホセ・トーレス (José Torres) は、ベネズエラ出身の俳優

経歴編集

1940年代には既に映画出演歴があるラテン系の男優で、当初はフランスで活動していた。『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』では仇敵の一人を演じる。マカロニウエスタン時代は『皆殺しのジャンゴ』(1967年)での裏切り者、『続・復讐のガンマン』(1967年/未公開)、『復讐無頼/狼たちの荒野』(1968年/未公開)の革命家などメキシコ人役が大半だった。シリオ・H・サンティアゴ監督の『フィールド・オブ・ファイア』(1990年/未公開)にも出ているとされるフィルモグラフィも存在するが、同名異人のフィリピンの俳優である。他の出演作は『復讐のガンマン』(1966年)、『拳銃無頼』『荒野の復讐鬼』(以上1967年)、『五人の軍隊』(1969年)など。

外部リンク編集