ホセ・ナサシ

ウルグアイのサッカー選手

ホセ・ナサシ・ヤルサ(José Nasazzi Yarza, 1901年5月24日 - 1968年6月17日)は、ウルグアイモンテビデオ出身の元同国代表サッカー選手、元サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

ホセ・ナサシ Football pictogram.svg
Jose nasazzi urug.jpg
ウルグアイ代表でのナサシ
名前
本名 ホセ・ナサシ・ヤルサ
José Nasazzi Yarza
愛称 El Mariscal (元帥)
ラテン文字 José Nasazzi
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1901-03-24) 1901年3月24日
出身地 モンテビデオ
没年月日 (1968-06-17) 1968年6月17日(67歳没)
身長 182cm
選手情報
ポジション DB (RSB, CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1918-1920 ウルグアイの旗 CAリート
1922-1933 ウルグアイの旗 ベジャ・ビスタ 322 (17)
1933-1937 ウルグアイの旗 ナシオナル 58 (0)
代表歴
1923-1936 ウルグアイの旗 ウルグアイ 41 (0)
監督歴
1942-1945 ウルグアイの旗 ウルグアイ
獲得メダル
オリンピック
1924 パリ サッカー
1928 アムステルダム サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

初代ワールドカップを優勝したウルグアイ代表のメンバーであり、同大会ではキャプテンを務めた。

経歴編集

イタリアエージノ・ラーリオから移民した父親とスペインバスク地方出身の母親の間に生まれる[1]

ウルグアイ代表の主将として1924年のパリ五輪と1928年のアムステルダム五輪で2連覇を遂げた。自国で開催された1930年のワールドカップ・ウルグアイ大会においても主将を務め、ワールドカップの初代チャンピオンとなった。彼はジュール・リメ・トロフィーを最初に手にしている。また、南米選手権でも4回の優勝を経験した。

クラブレベルでは主にCAベジャ・ビスタナシオナル・モンテビデオに在籍し、1933年と1934年の2度、ウルグアイリーグで優勝に貢献した。

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で75位に選出された。

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Ha muerto José Nasazzi, "el más grande capitán de la historia"” (スペイン語). Club Nacional de Football. 2014年6月22日閲覧。

外部リンク編集